御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年12月※箒銀杏天満宮ではいただけません

ほうきいちょうてんまんぐう

箒銀杏天満宮

東京都 南新宿駅

御朱印について
御朱印
なし
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

しし丸
2021年06月09日(水)
728投稿

甲州街道沿いの文化服装学院並びに近い代々木寄りにあります。
確かに大きな銀杏です。少し離れて見ないと形容は分かりませんが、紅葉の時期にまたお参りに来ようと思います。

「ご由緒」
ご祭神は、学問の神様として知られている菅原道真公(すがわらのみちざねこう)です。
創建は江戸時代初期の元和三年です。創建の詳しい経緯などは不明です。
勧請当時、社地は127坪ありました。境内にある樹齢約200年の大銀杏は、少し離れたところから見ると、箒を逆さに立てたように見えることから、「箒(ほうき)銀杏」と呼ばれるようになったそうです。
近くにはかつて玉川上水が流れ、そこに掛けられた橋が天神橋と呼ばれていたのは、この天神社に由来します。
明治33年に、代々木八幡宮に末社として合祀されていて、現在はその跡地に祠と銀杏が残っています。
境内には菅原道真公の没後一千年を記念して作られた歌碑がありましたが、そちらも代々木八幡宮に移転されています。

箒銀杏とともに厚く信仰されていた神社で、現在も毎年9月には銀杏天神社例祭が行われているとのこと。

天神に関する御由緒を記載した物はありありませんでしたが、銀杏について表記されたものがありました。
  ↓
「箒銀杏(ほうきいちょう)
 この大きな銀杏の木を少し離れたところから見ると、
箒を逆さにたてたように見えるところから、箒銀杏と呼ばれてきております。
 樹齢は約二〇〇年と推定されますが、近くを流れていた玉川上水によって育てられてきたと考えられます。
 かつて渋谷区内には名のついた巨木、銘木が多数くありましたが、都市化と戦災によって枯れてしまい、初代のものはこの箒銀杏だけとなってしまいました。
 この木にちなむ特別の伝説は伝えられておりませんが、根本にある天満宮の小祠から、この近くを流れていた玉川上水に架けられた橋を天神橋と名付けました。
渋谷区教育委員会」

箒銀杏天満宮の鳥居箒銀杏天満宮の建物その他

天神様の梅の紋。

箒銀杏天満宮(東京都)箒銀杏天満宮(東京都)箒銀杏天満宮の手水

正面に天神様の梅の紋。

箒銀杏天満宮(東京都)箒銀杏天満宮の自然箒銀杏天満宮の自然箒銀杏天満宮の自然箒銀杏天満宮の自然箒銀杏天満宮の鳥居箒銀杏天満宮の歴史
もっと読む
投稿をもっと見る(1件)

箒銀杏天満宮の基本情報

住所東京都渋谷区代々木3-23-3
行き方
アクセスを詳しく見る
名称箒銀杏天満宮
読み方ほうきいちょうてんまんぐう
通称銀杏天神社

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中