参拝者と神社お寺でつくる参拝記録共有サイト楽しみ方

あきばじんじゃ

秋葉神社の歴史東京都 入谷駅

秋葉神社の歴史情報

詳細情報

ご祭神●火産霊神 ‐火の神様

●埴山比売神‐土の神様

●水波能売神‐水の神様
創建時代明治3年
ご由緒

明治2年、現在の秋葉原駅にあたる地域一帯で起きた大火災により、翌3年当時の東京府によって鎮火三神を祀る神社が創建されたのがはじまり。
以降、東京一円の火災鎮護の祈願所として広く信仰され「秋葉さま」の呼称で親しまれたことから、この地は「秋葉っ原」「秋葉の原」等と呼ばれ、これが現在の【秋葉原】の由来にもなっている。
明治21年、鉄道開通・駅設置のため神社は現在の地に遷座されたが、その後も火難除・厄除の神社として篤い信仰を集めている。

歴史の写真一覧

ホトカミを応援してくださっている皆様

特別スポンサー

何かお気づきの点はありますか?
東京メトロ御朱印めぐり2021小バナー