御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

やなかさいこうじ|新義真言宗佛到山

谷中西光寺

公式東京都 千駄木駅

参拝時間 午前8時から午後4時半まで
御朱印の授与は毎月スケジュールが変わるため公式ホームページをご確認ください。

最新のお知らせ

『花金魚園』書置き御朱印の御紹介

『花金魚園』書置き御朱印を現在受付中です。
今夏の書置き御朱印は、妖艶な金魚を描く『花金魚園』の岩本夏樹さんに原画を描いてもらいました。
蓮の中を優雅に泳いでいる五匹の金魚は、五大明王をイメージしていて
夏の暑さを忘れさせてくれる涼しさ漂う作品となっています。
また、今回初めて箔押し技法を所々取り入れています。

・来山されての授与を希望される方は受付対応日を要確認の上、お越し下さいませ。対応日は西光寺公式HP、SNS等で告知しております。
・郵送対応はストアズの専用ページで受付しております。
https://saikoujiyanaka.stores.jp/

谷中西光寺の御朱印

秋の新作御朱印御紹介

谷中西光寺 季節の曼荼羅書置き御朱印「阿字観2022」
秋の名月をモチーフにした曼荼羅に阿字観をする兎と礼拝をする蛙を合わせた御朱印の受付を開始しました。イラストは『ダ鳥獣ギ画』TOPECONHEROESのダーヤマさんによるものを一部使わせていただいております。今回のイラストはホイルフレークという特殊な画材を使って制作されており、インクでは表現出来ない金属質の輝きを楽しめる仕様となっています。

・御朱印帳へのお書入れは対応日を要確認の上、来山下さいませ。対応日は西光寺公式HP、SNS等で告知しております。
・郵送対応はストアズの専用ページから書置き御朱印のみ対応しております。
https://saikoujiyanaka.stores.jp/

谷中西光寺の御朱印
お知らせをもっと見る(5件)
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
ありません
パーキング
駐車場
あり

境内に駐車スペースがありますが
檀家さん・樹木葬利用者専用となっております。

ご利益

谷中西光寺について

境内に安置されている韋駄天の石像は、足腰に良いとされ病気平癒祈願や
スポーツをやられている方に厚く信仰されています。

おすすめの投稿

Sumi
2022年10月23日(日)
243投稿

谷中寺院巡り(19)
こちらの季節の曼荼羅御朱印は本当に綺麗です。近くに来たら毎回お参りしたくなります。

谷中西光寺(東京都)

季節の曼荼羅御朱印「阿字観2022」

谷中西光寺(東京都)

本堂

谷中西光寺(東京都)

ご本尊の五大明王の中尊不動明王像。

谷中西光寺(東京都)

韋駄天像(左)と十一面観音菩薩立像(右)

もっと読む
エム
2019年06月03日(月)
1368投稿

本妙院の後、日蓮宗の瑞輪寺に向かったのですが、その日は御朱印は対応できない旨の張り紙がありましたので、お参りだけして、新義真言宗の西光寺へ。
本妙院から徒歩2~3分です。
ご住職ご多忙とのことで、書き置きの御朱印を頂きました。
ブルーの不動明王がなんともカッコイイ!
周りの緑のもみじの図柄は季節で変わるようです。
お納めはお気持ちでとのことでしたので、300円納めさせていただきました。

谷中西光寺の御朱印谷中西光寺の授与品その他

お土産で頂いたのがビックリマン風のシール!。
ご住職が遊び心でお作りになったとのことです。
不動明王、ゴータマ・ブッダ、韋駄天の3種類あって、今回は不動明王を頂きました。とてもキラキラしています。
このシールも集めたくなりますね^^

谷中西光寺の授与品その他

シールの裏には説明書きもありました。

谷中西光寺の本殿谷中西光寺の建物その他谷中西光寺の像谷中西光寺の地蔵
もっと読む
投稿をもっと見る(20件)

歴史

慶長8年(1603年)傳燈大阿闍梨妙音院法印宥義大和尚(佐竹大膳太夫義篤の二男)が
幕府から寺地を与えられ神田北寺町に開山する。
開基は法名浄光院殿傑堂天英大居士(久保田藩主佐竹右京太夫義宣)。
仏寺創建の際には藤堂高虎が財政的支持をおこなったと伝えられている。
慶安元年(1648年)神田から谷中の地へと移り現在に至る。
江戸期には、秋田藩(秋田市)佐竹家・伊勢津藩(三重県津市)藤堂家の祈願寺として信仰されてきた歴史があり、
境内には、多数の石像と共に藤堂高虎が安置した韋駄天像や、台東区有形民俗文化財に指定の庚申塔が安置されています。 

歴史をもっと見る|
1

谷中西光寺の基本情報

住所東京都台東区谷中6-2-20
行き方

JR日暮里駅南口改札より徒歩約8分、JR日暮里駅北口改札より車で約4分

東京メトロ千駄木駅より徒歩約8分、東京メトロ千駄木駅より車で約4分

東京メトロ根津駅より徒歩約9分、東京メトロ根津駅より車で約3分

アクセスを詳しく見る
名称谷中西光寺
読み方やなかさいこうじ
参拝時間

参拝時間 午前8時から午後4時半まで
御朱印の授与は毎月スケジュールが変わるため公式ホームページをご確認ください。

参拝にかかる時間

約5分

参拝料

一般の方は本堂に上がることが出来ません。

トイレなし
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳なし
ホームページhttps://www.saikoujiyanaka.com/
SNS

詳細情報

ご本尊五大明王
山号佛到山
院号無量壽院
宗旨・宗派新義真言宗
創建時代1603年
開山・開基佐竹右京太夫義宣
文化財

庚申塔(台東区有形民俗文化財)

ご由緒

慶長8年(1603年)傳燈大阿闍梨妙音院法印宥義大和尚(佐竹大膳太夫義篤の二男)が
幕府から寺地を与えられ神田北寺町に開山する。
開基は法名浄光院殿傑堂天英大居士(久保田藩主佐竹右京太夫義宣)。
仏寺創建の際には藤堂高虎が財政的支持をおこなったと伝えられている。
慶安元年(1648年)神田から谷中の地へと移り現在に至る。
江戸期には、秋田藩(秋田市)佐竹家・伊勢津藩(三重県津市)藤堂家の祈願寺として信仰されてきた歴史があり、
境内には、多数の石像と共に藤堂高虎が安置した韋駄天像や、台東区有形民俗文化財に指定の庚申塔が安置されています。 

体験おみくじ御朱印お守り武将・サムライ

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年12月