参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方
おこたんさんのプロフィール画像

おこたん

(124投稿)
江戸総鎮守の神田明神様、都内在住だと、一度は、参拝しました。
東京十社の一つでもありますので、人気の神社でしたね
神田神社(神田明神)(東京都末広町駅)

すてき9

・・・
投稿した人:

おこたん

おこたんさんのプロフィール画像(124投稿)

東京在住で、2017年度から関東圏中心の神社・お寺の参拝、御朱印収集しています。

全国の一の宮神社巡拝中、関東三十六不動霊場巡拝中です。

自分の記録用でも、使っていきますので、メモぽく掲載文あります。2017年からの過去分掲載させて頂きます。情報交換、コメント頂けると嬉しく思います。宜しくお願い致します😄

みんなのコメント(0)

コメントはまだ投稿されていません。

神田神社(神田明神)の投稿にコメントしませんか?

ログイン無料登録すると、投稿へコメントできます。

神田神社(神田明神)について

基本情報

名称神田神社(神田明神)
読み方かんだじんじゃ(かんだみょうじん)
通称明神さま
拝観時間

9:00〜16:00

拝観料

なし

御朱印あり
御朱印帳あり
電話番号03-3254-0753
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
FAX03-3255-8875
ホームページhttp://www.kandamyoujin.or.jp/
SNS

詳細情報

ご祭神《主》大己貴命,少彦名命,平将門
ご由緒

正式名称・神田神社。東京都心一〇八町会の総氏神様で、神田・日本橋・秋葉原・大手丸の内、そして東京の食を支える市場の発祥地の氏神様として、青果市場・魚市場の人々からもあつく崇敬されております。縁結び、商売繁昌、社運隆昌、除災厄除、病気平癒など数多くのご神徳をお持ちの神々です。
当社は、天平二年(730)のご創建で、江戸東京の中で最も歴史ある神社のひとつです。はじめは現在の千代田区大手町・將門塚周辺に鎮座していましたが、徳川家康公が江戸に幕府を開き江戸城が拡張された時、江戸城から表鬼門にあたる現在の地へ遷座いたしました。それ以降、江戸時代を通じて「江戸総鎮守」として幕府から江戸庶民にいたるまで多くの人々の崇敬を受けました。さらに、明治に入り、准勅祭社・東京府社に列格し皇居・東京の守護神と仰がれ、明治天皇も親しくご参拝になられました。
境内には、日本初の本格的な鉄骨鉄筋コンクリート・総漆朱塗造の御社殿(国指定登録文化財)や、総檜造の隋神門、神札授与所・参拝者待合室・休憩所を兼ねた鳳凰殿、明神会館・資料館・石造日本一の大きさを誇るだいこく様尊像・えびす様尊像・江戸国学発祥の地碑・銭形平次の碑などがございます。縁結びのご神徳から神前結婚式も多く行われております。

分類

神田神社(神田明神)の情報を編集するログインすると情報を追加/編集できます。
最終更新:2019年05月17日
神田神社(神田明神)の方へ

アクセス

住所千代田区外神田2-16-2
Googleマップで地図を開く
エリア末広町駅
行き方

中央線・総武線 御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩5分
京浜東北線・山手線 秋葉原駅(電気街口)より徒歩7分
東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅(1番口)より徒歩5分
東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅(B1出入口)より徒歩5分
東京メトロ銀座線 末広町駅 より徒歩5分
東京メトロ日比谷線 秋葉原駅 より徒歩7分
都バス 茶51駒込駅南口←→御茶ノ水線 神田明神徒歩1分
首都高速都心環状線 神田橋出入口
首都高速1号上野線 上野出入口

駐車場あり
行きたい投稿する

お参りの記録を投稿しよう!

ホトカミに登録すると、お参りの記録を投稿し、
思い出を整理することができます。

歴史に詳しい必要はありません。
個人の感想や思い出を投稿しましょう!

行きたい神社やお寺を
リストに残そう!

ホトカミに登録すると、
あなたが行きたい神社やお寺を忘れないように、
リストに残すことができます。

すてきを伝える

「ほっこりした。」「なるほど!」「行ってみたいなぁ」
という投稿に出会ったら、「すてき」をクリック!

コメントすることもできます。

楽しみ方をもっと詳しく

ホトカミに登録して、
お参りをもっと楽しみましょう!

初めての方

無料登録

アカウントをお持ちの方

ログイン