御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年6月
花光院ではいただけません
広告

真言宗智山派

花光院の御朱印・御朱印帳
東京都 武蔵新田駅

御朱印について
限定
-
御朱印帳
-
電話番号

03-3759-8125

最新の御朱印・御朱印帳の投稿

かおり
2024年01月22日(月)
965投稿

敷地面積で言うと小さなお寺である。
「新編武蔵風土記稿」によれば、古くは福田山蓮花寺と称し、六郷宝幢院末で、開山快智は延宝2年(1674)示寂すとある。矢口新田神社の別当寺、同宗真福寺が、大正末年に廃寺となり、当寺に合併された。再三無住時代があり、長年住職をする者がなかった様子で、資料等皆無に等しく、また今次戦災で全焼したため、沿革を詳かにしえない。(「大田区の寺院」より)
近くに新田神社があり、旧くはそちらの別当寺であったらしい。

東急花御朱印巡りの1つであったが、それ以上にここで出会ったお寺の方、檀家さんの心の深さが気持ち良いお寺であった。
何かの集まりだったのか、檀家さんたちが本堂に入る所であった。
そこで私は、弘法大師様のお寺を廻っている事を話した。
すると、智山派の本山である川崎大師にまず参拝し、歩いて来られる方もいるのだと、そんな話をしてくださった。
そうか。距離的に言うと、川崎大師から歩けない距離ではない。
自分は乗換が面倒くさいと新川崎駅から歩いたのだが、まず、川崎大師に立ち寄ってからを次回は検討しよう。
更に、冬なのに歩きすぎて汗だくの私に、お寺の女性はお茶をくださった。
セブンイレブンで買ったばかりのお茶がなくなりつつあったので、本当にありがたかった。
こういったやり取りも冬の寒さを温めてくれるのだ。

冬日和 大師導く 温かさ

花光院の御朱印
花光院(東京都)
花光院の本殿
花光院の自然
もっと読む

花光院の御朱印・御朱印帳の写真一覧(5枚)

御朱印(5枚)

御朱印
2024年01月
御朱印
2023年10月
御朱印
2023年10月
御朱印
2022年03月
御朱印
行きたい
投稿する
お問い合わせ

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景