御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※太龍寺ではいただけません

たいりゅうじ|高野山真言宗舎心山(しゃしんざん)

太龍寺

徳島県 桑野駅

投稿する
0884-62-2021

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

太龍寺ロープウェイ駐車場 普通150台 マイクロ・大型各10台(無料)

巡礼

四国八十八ヶ所霊場(お遍路)
四国八十八箇所第21番
阿波秩父観音霊場第10番

ご利益

おすすめの投稿

ちはちな
2021年07月10日(土)
41投稿

前の鶴林寺の納経時に太龍寺まで行っておいたほうが次が楽だよ。。。と
私もそう思ってたけど時間が・・・
でも大丈夫っておっしゃるので急ぎ気味で太龍寺へ
ロープウェイの最終便に滑り込みセーフ
ここも歩いて登りたい山なんだけど仕方ないか…

四国霊場八十八ヶ所 第二十一番 太龍寺
舎心山 太龍寺 常住院
しゃしんざん たいりゅうじ じょうじゅういん
御真言『のぅぼぅ、あきゃしゃきゃらばや おん、ありきゃまり、ぼり、そわか』
御詠歌『太竜の、常にすむぞや、げに岩屋 舎心聞持は、守護のためなり』

太龍寺の周辺

昔に一回来たけどなんで来たのかは不明です
長男が赤ちゃんの時だったような

太龍寺(徳島県)

このお寺には檀家さんはいないそうです

太龍寺の周辺

西日本で一番長いロープウェイ🚡らしいです

太龍寺の景色

けっこうな角度で登ってます
那賀川

太龍寺(徳島県)

真下がスケスケの床😨

太龍寺の景色

川をひとつ越えて

太龍寺の景色

山を二つ越えて

太龍寺の周辺

山犬ヶ嶽

太龍寺(徳島県)

山犬のモニュメントが見えます
ここにも歩いて行けるはず

太龍寺(徳島県)

大師さまも見えます
舎心ヶ嶽かな?

太龍寺の建物その他

最終便ならではのルールをお聞きして

太龍寺の建物その他

まず作法に反して心苦しいけど納経所から

太龍寺の周辺

急げ急げ💨

太龍寺(徳島県)

鐘楼門が見えます

太龍寺の自然

かわいいキノコに足が止まる😅

太龍寺の建物その他

ほんとにギリギリ17時
本日最後の納経を書いて頂きました

太龍寺の山門

でもこっちが門って事は…
ルートが❓です

太龍寺の手水

手水舎も涼モード🎐

太龍寺の建物その他

金属のは珍しいみたい

太龍寺の建物その他

順番が違うけど大師堂へと
紅葉時とかキレイだろうなあ
今日もいいけど😁

太龍寺の建物その他

多宝塔❓

太龍寺の建物その他

大師堂

太龍寺の芸術

職人の仕事がこだわりたっぷりで素晴らしい

太龍寺(徳島県)

そういえば
防火の観点でこの時間はロウソウもお線香もダメって言われた…
もう無人なんでしょうね

太龍寺の建物その他

❓❓❓

太龍寺の建物その他

裏に回ってみましたが❓でした

太龍寺の建物その他

多宝塔の近くを通り

太龍寺の自然

あせび

太龍寺の建物その他

本堂へ行きましょう😊

太龍寺の建物その他

灯って欲しかったかな

太龍寺の本殿

本日最後のお参り🙏

太龍寺(徳島県)

かわいいワロックがあった🥰

太龍寺の建物その他

ここを降りるとロープウェイ乗り場へ

太龍寺(徳島県)

見上げてみた
露出…

太龍寺の建物その他

相方先行😁

太龍寺の建物その他

大木でパワーGET💪💪💪

太龍寺の手水

こちらの手水舎も乙だなぁ

太龍寺の手水

UP

太龍寺の建物その他

(*´∀`*)

太龍寺(徳島県)

どれどれ

太龍寺(徳島県)

なんとか発見😁

太龍寺(徳島県)

ロープウェイの滑車かな?

太龍寺の建物その他

ポツンと一台だけとなってました

太龍寺の建物その他

本日終了👍

太龍寺の景色

帰路で川を撮ってみた

太龍寺の周辺

香川にはこんな大きな川無いよなぁ…

太龍寺の御朱印

納経

太龍寺の御朱印

お御影

太龍寺の体験その他

けっこう思ったより出費しました🤣

もっと読む
投稿をもっと見る(15件)

行事

1月12日 本尊初会式
旧暦3月21日 弘法大師正御影供

行事をもっと見る|
1

太龍寺の基本情報

住所徳島県阿南市加茂町龍山2
行き方

20【鶴林寺】より
(自家用車)約20分 約10km
(徒歩)約2時間30分 約6.5km
22【平等寺】より
(自家用車)約25分 約14km
(徒歩)約3時間 約12km

アクセスを詳しく見る
名称太龍寺
読み方たいりゅうじ
通称西の高野
参拝時間

7:00~17:00

トイレ納経所の向い
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0884-62-2021
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
SNS

詳細情報

ご本尊虚空蔵菩薩
山号舎心山(しゃしんざん)
院号常住院(じょうしゅういん)
宗旨・宗派高野山真言宗
創建時代延暦12年(793)
開山・開基弘法大師
札所など

四国八十八箇所第21番
阿波秩父観音霊場第10番

文化財

阿波遍路道 太龍寺道、阿波遍路道 かも道、阿波遍路道 いわや道、阿波遍路道 平等寺道、阿波遍路道 太龍寺境内(国の史跡)
本堂、大師堂、御影堂、護摩堂、多宝塔、六角経蔵、本坊、仁王門、鐘楼門(国の登録有形文化財)
太龍寺の丁石(県の史跡)

ご由緒

「西の高野」とも称される。四国山脈の東南端、標高618メートルの太龍寺山の山頂近くにある。樹齢数百年余の老杉の並木が天空にそびえ、境内には古刹の霊気が漂う。弘法大師が19歳のころ、この深奥の境内から南西約600メートルの「舎心嶽」という岩上で、100日間の虚空蔵求聞持法を修行されたという伝えは、大師が24歳のときの著作『三教指帰』に記されており、よく知られている。虚空蔵求聞持法は、真言を百万遍となえる最も難行とされる修法で、大師青年期の思想形成に大きな影響を及ぼしている。縁起によると延暦12年、桓武天皇(在位781〜86)の勅願により堂塔が建立され、弘法大師が本尊の虚空蔵菩薩像をはじめ諸尊を造像して安置し、開創した。山号は修行地の舎心嶽から、また寺名は修行中の大師を守護した大龍(龍神)にちなんでいる。

皇室や武家の尊信が厚く、平安時代の後期には子院12ヶ寺をもつほどに栄えていた。だが、「天正(1573〜92)の兵火」からは逃れられなかった。また、江戸時代になっても幾たびか罹災し、荒廃の途を余儀なくされているが、その都度ときの藩主の保護をうけ再建されている。仁王門は鎌倉時代の建立で、他の堂塔は江戸時代以降に復興している。四国巡礼者にとって、屈指の難所であったこの山岳寺院にロープウエーが開通したのは平成4年である。徒歩では、中腹の駐車場から坂道を登るのに30分も要していた。1,200年のむかし、大師の修行時代をしのばせる迫力、風格をそなえた古刹である。

体験御朱印札所・七福神巡り

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー