参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

法話と天井絵の寺 觀音寺の日常

読経はお布施です

中村一善さんのプロフィール画像
中村一善
昨年は8月にお葬式をされた方が多かったので、7月下旬に一周忌を行う方が多いです。

法事で故人を思い起こしながら読経をしていて、「読経とは?」と考えました。

法事でお寺さんにお布施と表書きをしたお包みをお渡ししますね。読者の皆さんは、「お布施とは読経のサービス料」と受け止めていませんか?

ホントはちょっと違うのです。そもそもお布施はお金のことではないのです。お布施とは「あなたが持っているものを少し施す(差し上げる)こと」です。

お金を持っている人は、お金を少し施す。これを財施(ざいせ)といいます。
法の教え(仏教)を知る人は、少し教えを説く(施す)。これを法施(ほっせ)といいます。

お坊さんは法の教え(仏教)を説いて法施をし、檀家さんは財施をする。互いに布施をしあっているのです。サービス料ではないのです。

財施をするのに金額設定ができません。だから「お気持ちで」となるわけです。お気持ちにたくさんの事例が集まれば統計的な相場ができます。お寺さんに「お布施はどれぐらい?」と聞いたときに教えてくれるのは、統計的な相場です。

私たちお坊さんもより良い法施ができるように研鑽したいと思います。

合掌

仏教の知恵で心豊かに過ごせますよう祈念しております。

すてき6

・・・
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば住職さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
住職さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、情報を発信しようという気持ちになりますし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。

みんなのコメント(0件)

コメントはまだ投稿されていません。

ログインしてください

ログイン無料登録すると、投稿へコメントできます。

法話と天井絵の寺 觀音寺からのお知らせ

2021年09月17日投稿

コロナ禍で日とにあうことが難しくなり、Zoomなどのオンラインにて打ち合わせなどを行うことが増えました。 そこで登場するのが子どもたちです。お父さんやお...

法話と天井絵の寺 觀音寺(徳島県)
お知らせをもっと見る(185件)神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!

中村一善さんの他の投稿

中村一善さんの投稿をもっと見る
何かお気づきの点はありますか?