参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

とうかいじ|真言宗智山派

東海寺

公式栃木県 下野大沢駅

東海寺公式栃木県 下野大沢駅

とうかいじ|真言宗智山派

栃木県 宇都宮市篠井町827

9:00〜16:00

御朱印あり
檀家以外の参拝歓迎
縁結び・恋愛成就金運商売繁盛健康長寿病気平癒安産祈願・子宝厄除け交通安全家内安全勝負運五穀豊穣

別院佐貫観音は塩谷郡塩谷町佐貫にあります。

行事

1月1日(元朝大護摩供修行)
2月3日(別院佐貫観音節分会)
7月下旬(夏休み一日体験修行寺子屋)
8月3日(大施餓鬼会)
10月下旬(観月会 お月見コンサート)...

もっと見る(2枚)

基本情報

名称東海寺
読み方とうかいじ
檀家以外の参拝歓迎
参拝時間

9:00〜16:00

参拝にかかる時間

10分

参拝料

なし

トイレあり
御朱印あり
御朱印帳なし
電話番号028-669-2026
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
FAX028-669-2036
メールアドレスtoukaiji.com@gmail.com
ホームページhttps://www.toukaiji.com/
SNS

詳細情報

ご本尊阿弥陀如来
山号福聚山
院号宝珠院
宗旨・宗派真言宗智山派
創建時代1230年(寛喜二年)
開山・開基円覚
札所など

関東88ヵ所 第22番札所
下野33観音霊場 第5番札所(別院佐貫観音の御朱印を授与しております)

文化財

・木造虚空蔵菩薩立像(市指定有形文化財)
室町時代の作と推定されている。右手に智慧の宝剣、左手に如意宝珠を持った立像。60年に一度開帳される秘仏

・銅版阿弥陀曼荼羅(県指定有形文化財)
鎌倉時代前期のものと推定されている。背面には「下野国 氏家郡讃岐郷巖堀 修造事 勧進沙門満阿弥陀佛 大檀那 右兵衛尉橘公頼 健保五年丁丑二月彼岸第三日 金銅仏奉堀出畢」と記される。氏家郡讃岐郷とは芳賀郡氏家郷(現在のさくら市氏家)で、橘公頼とは氏家公頼のことである。

ご由緒

東海寺は当時小山城城主であった朝比奈兼秀の孫である和田朝盛が出家して円覚と号し、寛喜2年(1230年)にこの地に寺院を建立したのが起源とされる。

室町時代の長禄年間(1460年 - 1467年)になって、常陸の佐竹氏が金山奉行に命じて篠井金山を開発し、村松虚空蔵尊を勧請して当寺境内に堂宇を建立し、虚空蔵菩薩像を奉安。佐竹氏の本拠地である常陸国の太平洋沿岸地域が『東海』と称されていたことに因んで、当寺を『東海寺』と改名し守護寺としたと言われる。

戦国時代には寺運が衰微し、佐竹義重が急速な勢力拡大を図ったため、篠井付近で日光山僧兵等の周辺勢力との戦場になり衰退した。

江戸時代になって、僧・実雅が伽藍を整備して再建したという。

当寺の北方約8kmの位置には、空海(弘法大師)所縁の別院・佐貫観音院がある。

ご利益
体験
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば住職さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
お参りのあとは投稿をすると、住職さんも喜ばれるでしょう。
このお寺の情報は、お寺の方から提供されている正確な情報です。
最終更新: 2020年10月11日

アクセス

住所宇都宮市篠井町827
Googleマップで地図を開く
エリア下野大沢駅
行き方

東北自動車道宇都宮インターチェンジより車で15分

駐車場東海寺入口(県道沿い)に駐車場があります。約50台駐車できます。
何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る