• 投稿する
 
投稿:2018年11月09日

朱色の拝殿が鮮やかな三崎稲荷神社です。江戸幕府八代将軍徳川吉宗の御殿医、丸山昌貞が修行中に命を救われた神田の三崎稲荷大明神を勧請しました。丸山昌貞はこの大前村出身です。
足利の文化財一斉公開では足利市重要文化財の絵馬を見ることができます。
2018年は11月24~25日午前9時30分~午前4時。
普段はとても静かで、季節ごとに色々な花が咲くので癒されます。
駐車場は少し離れたところにあるのですが、後で写真を撮って追記しますね。

拝殿。
2017年11月の文化財一斉公開のときの写真です。拝殿に上がらせて頂けますよ。本殿三崎稲荷神社(栃木県 山前駅)

拝殿。 2017年11月の文化財一斉公開のときの写真です。拝殿に上がらせて頂けますよ。

拝殿内。本殿三崎稲荷神社(栃木県 山前駅)

拝殿内。

右大臣。像三崎稲荷神社(栃木県 山前駅)

右大臣。

左大臣。像三崎稲荷神社(栃木県 山前駅)

左大臣。

『繋馬図』狩野派「狩野即誉藤原豊信」画。
見事な黒馬。大きい絵馬です。
狩野派の絵師は幕府の御用絵師なのでプライドから絵馬を描くことは少なく、地方の一稲荷神社にこれほどの絵馬が残っているのは全国的にも珍しいそうです(紹介パンフレットより)。御殿医頭であった丸山昌貞のお力…!芸術三崎稲荷神社(栃木県 山前駅)

『繋馬図』狩野派「狩野即誉藤原豊信」画。 見事な黒馬。大きい絵馬です。 狩野派の絵師は幕府の御用絵師なのでプライドから絵馬を描くことは少なく、地方の一稲荷神社にこれほどの絵馬が残っているのは全国的にも珍しいそうです(紹介パンフレットより)。御殿医頭であった丸山昌貞のお力…!

反対側には白馬が。黒馬と一対になっています。
描写も細かく迫力があり生で見ると感動します。芸術三崎稲荷神社(栃木県 山前駅)

反対側には白馬が。黒馬と一対になっています。 描写も細かく迫力があり生で見ると感動します。

お狐様も。芸術三崎稲荷神社(栃木県 山前駅)

お狐様も。

『神楽図』芸術三崎稲荷神社(栃木県 山前駅)

『神楽図』

境内で採れるみかんを頂きました。おいしかったです!食事三崎稲荷神社(栃木県 山前駅)

境内で採れるみかんを頂きました。おいしかったです!

これは4月の春のお祭り前に撮りました。
赤い屋根のお社はお稲荷様で、右は若宮八幡宮です。末社三崎稲荷神社(栃木県 山前駅)

これは4月の春のお祭り前に撮りました。 赤い屋根のお社はお稲荷様で、右は若宮八幡宮です。

二の鳥居。
左手に手水舎があります。鳥居三崎稲荷神社(栃木県 山前駅)

二の鳥居。 左手に手水舎があります。

一の鳥居。
珍しい雪の日です。鳥居三崎稲荷神社(栃木県 山前駅)

一の鳥居。 珍しい雪の日です。

ソメイヨシノ。建物その他三崎稲荷神社(栃木県 山前駅)

ソメイヨシノ。

だいぶ数は減ってしまいましたが白い彼岸花も咲きます。自然三崎稲荷神社(栃木県 山前駅)

だいぶ数は減ってしまいましたが白い彼岸花も咲きます。

毎年毎年減ってしまう…。自然三崎稲荷神社(栃木県 山前駅)

毎年毎年減ってしまう…。

一の鳥居と二の鳥居の間に秋桜のトンネルが。野性的です。鳥居三崎稲荷神社(栃木県 山前駅)

一の鳥居と二の鳥居の間に秋桜のトンネルが。野性的です。

一の鳥居の左手には扶養も。建物その他三崎稲荷神社(栃木県 山前駅)

一の鳥居の左手には扶養も。

みんなのコメント

そらいろ

四季の花々、白黒 一対の見事な絵馬。朝からいいものを見せて頂きました。

2018/11/09

テラヨリーモ・ジンジャスキー

一度にこんなにいろんな季節の写真を見られて幸せ!素敵な神社ですね。
白い彼岸花初めて見ました、アイコンにされていますね。

2018/11/10

はなえ

見て頂きありがとうございます!素晴らしい絵馬やきれいな花々でこちらの神社の魅力が伝えられて嬉しいです。白い彼岸花は珍しいですよね!とても好きなのでアイコンにしています。

2018/11/11

三崎稲荷神社の投稿にコメントしませんか?

するとコメントできます。

三崎稲荷神社の情報をもっと見る
登録がありません
※ご存知の方は、ログインするとを押して電話番号を追加できます。

三崎稲荷神社のアクセス

住所 栃木県足利市大前町1369
エリア 山前駅

詳細情報

基本情報

名前 三崎稲荷神社
読み方 みさきいなりじんじゃ
本尊・
御祭神
宇迦之御魂神
歴史 享保七年正月十三日寺内刑部少輔重久の裔、寺内勘解重清の孫、寺内清兵衛の長男、丸山昌貞法眼玄棟武蔵国豊島郡江戸小石川土堤三崎稲荷大明神を遷座すと、社殿にある。本殿は、地頭、土井備中守の祖先、土井主計の代より累代崇敬を加え、開運三崎稲荷大明神と崇め、天保三年正月、土井利幸より境内付山林一町歩余を免租地に付せられた。同六年十一月地頭の奏聞により宗源宣旨を賜わり正一位の扁額および長保呂並に大提灯四張を奉納された。
住所 栃木県足利市大前町1369
分類  商売繁盛  重要文化財

三崎稲荷神社の方へ

すると神社・お寺の情報を追加/編集できます。

ランキング上位記事

2018年秋のお彼岸はいつ?お供えなど、安心してお彼岸にお参りするための全知識を紹介

2018年03月22日

酉の市へ行こう!2018年関東オススメの酉の市40ヶ所や熊手の買い方をわかりやすく解説

2018年09月08日

始めるコツは「面白がること!?」お寺がインターネット使っていいのか聞いてみた【難波別院インタビュー】

2018年07月21日

初心者でも安心!写経とは?筆ペンと写経用紙セットを準備し、今すぐ写経を始めよう!

2018年05月10日

御朱印帳の選び方を徹底解説!御朱印めぐりを始めませんか?

2018年03月07日

テーマパークに学ぶ「五感で感じる」神社づくり【熱海 來宮神社 雨宮宮司インタビュー】

2018年06月02日

「季節に合わせた神社お寺の情報」
LINE@でお届けします。

友だち追加
投稿

「お参りの記録、残しませんか?」

ホトカミは、日本最大の神社お寺の投稿サイトです。

  1. 登録から投稿まで2分!
  2. 日付を入力し、過去の記録も整理できます。
  3. 掲載数は日本イチ!あなたのまちの神社お寺も投稿できます。

歴史に詳しい必要はありません。
あなたの個人的な思い出、感想を投稿しましょう!