御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

磯山神社について

このあたりでは別格の大社で社域4389坪,6月には境内全域に紫陽花が開花し,参道に提灯を並べ,あじさい祭りが行われる。

おすすめの投稿

くし
2021年05月28日(金)
910投稿

アジサイ祭りで有名な神社です。
医王寺から近かったので寄ってみました。
1ヶ月早かったのでアジサイはまだ咲いておらず。参拝客も誰もいませんでしたw
よってアジサイ参道は通っても仕方なかろうと上から見ただけ(^^;

ここは大己貴命と合わせて須世理姫命も祀られてるので、スセリちゃんに見立てて御札授かろうかと思いましたが、
授与所は開いてなかったので書き置き御朱印だけもらってお帰り。

磯山神社の御朱印

なぜか年だけで、月日は印刷されてなかった

磯山神社の周辺

駐車場は例によって境内近く
一の鳥居がかなり遠く行こうかどうか迷いましたが、まだ紫陽花も咲いてないので別にいいかと横の西参道から(^^;

磯山神社の鳥居

西参道

磯山神社(栃木県)

なぜか西参道前にイチヂク浣腸が落ちてた・・・

磯山神社の建物その他

西参道から境内に上がったところ

磯山神社の鳥居

表参道を少しだけ戻って撮影

磯山神社の景色

一応表参道を見てみましたが・・・うん、アジサイは全く咲いとらんwww
よって一の鳥居までは戻らずw

磯山神社の手水

手水舎
水は出ておらず

磯山神社の建物その他

右側に古井戸

磯山神社の建物その他磯山神社の本殿

拝殿

磯山神社の本殿磯山神社の授与品その他

書き置きあり

磯山神社の本殿

本殿

磯山神社の建物その他

左に御神木と大黒・恵比寿

磯山神社の像磯山神社の末社

右側に境内社
額なし

磯山神社の建物その他

扉の隙間から

磯山神社の建物その他

境内社の後ろには地蔵や「勝善神」と書かれた石碑
調べてみたところ勝善神とは馬の神様で、名馬の誕生を祝って建てたりするとこのこと

磯山神社の末社

合祀社

磯山神社の自然

一輪だけ早咲きが頑張って咲いてくれてました♪

もっと読む
投稿をもっと見る(11件)

歴史

本社は人皇六十七代一条天皇の御宇永延二年988九月の創建にして高野藤原權助の勸請なり。
往古は當山大明神と號して礒龜和田赤塚七ッ石羽生田五ヶ村の鎭守神なりとす。
殊に徳川将軍代々崇敬の社にして高拾五石一斗餘の朱印を附し神主金子氏及ひ別當圓徳寺を置き朱印配當を賜り本社に奉仕なさしむ。
享保元年1716十一月十六日を以て神位宗源宣旨正一位を贈せらる 明治五年1872中礒山神社と改稱し第一大區八小區の郷社に列せらる。
明治十年1877八月行政區画の改正にて村社に列せらる 社域二千八百七十坪平地より高きこと二十五尺にして老松古杉蓊欝と繁茂し神寂ひて雅致あり。

高野下野藤原権助により永延二年988に創建された古社。當山明神と称した。永仁六年1298に西方城主西方遠江守烏丸景泰が宇都宮二荒山神社の祭神を勧請合祀して戦勝祈願を行う。証拠の残る本殿としては鹿沼市最古の寛文二年1662造営で県指定有形文化財。江戸初期に磯山明神と改称。磯,赤塚,亀和田,七ツ石,羽生田五か村の鎮守であった。明治五年1872郷社。明治十五年1882区画改正により村社。

歴史をもっと見る|
2

磯山神社の基本情報

住所栃木県鹿沼市磯町66
行き方
アクセスを詳しく見る
名称磯山神社
読み方いそやまじんじゃ
御朱印あり

限定御朱印なし

詳細情報

ご祭神祭神:大己貴命・須世理姫命・事代主命
配神:大日孁貴命・木花咲耶姫命・伊弉冊命
境内社:八幡宮・天満宮・八坂神社・千勝神社・皇産霊神社・愛宕神社・雷電神社・琴平神社・稲荷神社・道祖神社
文化財

永禄十年(1567)鰐口 当時の壬生城主壬生彦次郎藤原氏勝寄進
磯山神社本殿 三間社流造、銅板葺(元檜皮葺)
寛文二年(1662)
円徳寺梵鐘 延享四年(1748)
佐野天明金屋町出身鋳物師長谷川弥一藤原秀勝制作
総高110.0cm、口径61.5cm、100文字の真言梵字が施されている百字真言鐘
通称「イボなしの鐘」で、太平洋戦争時の金属類回収も回避された貴重なもの。

ご由緒

本社は人皇六十七代一条天皇の御宇永延二年988九月の創建にして高野藤原權助の勸請なり。
往古は當山大明神と號して礒龜和田赤塚七ッ石羽生田五ヶ村の鎭守神なりとす。
殊に徳川将軍代々崇敬の社にして高拾五石一斗餘の朱印を附し神主金子氏及ひ別當圓徳寺を置き朱印配當を賜り本社に奉仕なさしむ。
享保元年1716十一月十六日を以て神位宗源宣旨正一位を贈せらる 明治五年1872中礒山神社と改稱し第一大區八小區の郷社に列せらる。
明治十年1877八月行政區画の改正にて村社に列せらる 社域二千八百七十坪平地より高きこと二十五尺にして老松古杉蓊欝と繁茂し神寂ひて雅致あり。

高野下野藤原権助により永延二年988に創建された古社。當山明神と称した。永仁六年1298に西方城主西方遠江守烏丸景泰が宇都宮二荒山神社の祭神を勧請合祀して戦勝祈願を行う。証拠の残る本殿としては鹿沼市最古の寛文二年1662造営で県指定有形文化財。江戸初期に磯山明神と改称。磯,赤塚,亀和田,七ツ石,羽生田五か村の鎮守であった。明治五年1872郷社。明治十五年1882区画改正により村社。

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年10月