御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※静岡浅間神社ではいただけません

しずおかせんげんじんじゃ

静岡浅間神社

静岡県 新静岡駅

投稿する
054-245-1820

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり

真ん中に静岡浅間神社と書かれ、右上に駿河國総社、真ん中に大きく印が押されています。
神部神社と浅間神社の二社同殿と大歳御祖神社の三社で、静岡浅間神社です。
境内神社を含めて7種類の御朱印がいただけます。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

東側から境内に入る

おすすめの投稿

じろー
2022年09月11日(日)
16投稿

静岡浅間神社に行ってきました。今日は快晴‼︎ いつものように7つ全ての神社をお参りしてきました。どの神社もいい風吹いてました。

静岡浅間神社(静岡県)

 快晴‼︎

静岡浅間神社(静岡県)

 7つ全ての神社をお参りすると万願叶う

静岡浅間神社(静岡県)

 神部神社(右)と浅間神社(左)

静岡浅間神社(静岡県)

 大歳御祖神社

静岡浅間神社(静岡県)

 八千戈神社

静岡浅間神社(静岡県)

 この上の麓山神社目指して

静岡浅間神社(静岡県)

 麓山神社

静岡浅間神社(静岡県)

 少彦名神社

静岡浅間神社の末社

 玉鉾神社

静岡浅間神社(静岡県)

 叶え馬

もっと読む
のぶさん
2021年01月03日(日)
1212投稿

浅間神社巡るようになってからずっと憧れてた静岡浅間神社にようやく伺う事できたました。通称「おせんげんさん」
正式名称の通り、神部神社・浅間神社・大歳御祖神社の三社からなり、「静岡浅間神社」は総称。

以下の三社が鎮座する。

神部神社 (かんべじんじゃ)
祭神:大己貴命 (おおなむちのみこと) - 駿河国開拓の祖神
崇神天皇の時代(約2100年前)の鎮座と伝えられる。延喜式内小社で祈年の国幣に預った。国府が定められてからは国司崇敬の神社となり、平安時代より駿河国の総社とされた。
浅間神社 (あさまじんじゃ)
祭神:木之花咲耶姫命 (このはなのさくやひめのみこと)
全国にある浅間神社の一社。延喜元年(901年)、醍醐天皇の勅願により富士山本宮浅間大社より総社神部神社の隣に勧請され、以来冨士新宮として崇敬されてきた。
大歳御祖神社 (おおとしみおやじんじゃ)
祭神:大歳御祖命(おおとしみおやのみこと) - 倉稲魂神・大年神の母神で、神大市比売命を指す
応神天皇の時代(約1700年前)の鎮座と伝えられ、元々は安倍川河畔の安倍の市(古代の市場)の守護神であった。古くは「奈古屋神社」と称された。延喜式内小社で祈年の国幣に預った。
三社は鎮座以来独立の神社として扱われ、江戸時代まではそれぞれ別の社家が奉仕してきた。1888年(明治21年)、三社別々に国幣小社に昇格した。戦後は神社本庁の別表神社となった。現在は一つの法人格となっている。

社殿は江戸時代後期を代表する漆塗極彩色が施された壮麗なもので、計26棟が国の重要文化財に指定されている。この社殿群は1804年(文化元年)より60年の歳月と約10万両の巨費を投じて建造されたもので、信州諏訪の立川和四郎ほか門弟により彫刻された花鳥霊獣類は繊細を極めている。特に、重層な大拝殿は高さ25メートルで木造神社建築としては、出雲大社本殿(約24メートル)より高く、まさに日本一の威容を誇る。

静岡浅間神社の鳥居静岡浅間神社の山門静岡浅間神社の山門静岡浅間神社の建物その他静岡浅間神社の山門静岡浅間神社の手水静岡浅間神社の山門静岡浅間神社の芸術静岡浅間神社の本殿静岡浅間神社の建物その他静岡浅間神社の歴史静岡浅間神社の本殿静岡浅間神社の本殿静岡浅間神社の手水静岡浅間神社の手水静岡浅間神社の本殿静岡浅間神社の建物その他静岡浅間神社の本殿静岡浅間神社の建物その他静岡浅間神社の本殿静岡浅間神社の本殿静岡浅間神社の本殿静岡浅間神社の本殿静岡浅間神社の建物その他静岡浅間神社の建物その他静岡浅間神社の建物その他静岡浅間神社の鳥居静岡浅間神社の山門静岡浅間神社の建物その他静岡浅間神社の手水静岡浅間神社の建物その他静岡浅間神社の本殿静岡浅間神社の本殿静岡浅間神社の建物その他静岡浅間神社の末社静岡浅間神社の末社静岡浅間神社の歴史静岡浅間神社の建物その他静岡浅間神社の御朱印静岡浅間神社の本殿静岡浅間神社の建物その他
もっと読む
のぶさん
2021年04月16日(金)
1212投稿

神部神社・浅間神社(二社同殿)及び大歳御祖神社の三社を総称して、静岡浅間神社(通称おせんげんさま)と呼びます。神部神社は第10代崇神天皇の御代、約2100年前に駿河開拓の祖神・駿河の国魂の大神として鎮座され、延喜式内社であり、平安時代には駿河国総社となりました。『国内神名帳』には美和明神と記され、『類聚国史』に従一位と記載されており、この地方最古の神社となります。浅間神社は延喜元年(901)、醍醐天皇の勅願により富士山本宮より分祀され、爾来富士新宮として国司の尊崇を受けました。大歳御祖神社は応神天皇4年(273)、今から1700年ほど前に、古代この地方の物流の拠点、商業の中心地であった「安倍の市」の守護神として創祀され、延喜式内社であり、『国内神名帳』に正二位奈古屋明神と記され、静岡市の地主神であります。こちら三社すべて朝廷をはじめ国司・武将等からの崇敬は、すこぶる篤く、駿河国総社・静岡の総氏神さま、駿河の大社として広く信仰されています。

今川家の人質であった徳川家康公(竹千代)は、今川義元公が烏帽子親となって当社で元服式を行いました(今川家は、当社を氏神として庇護しました)。そして、天正9年(1581)家康公は武田家攻略にあたり戦勝を祈願し、平治の後に必ず再建すべく祈誓を為して社殿を焼き払い、当社背後にあった武田方の賤機山城を攻め滅ぼしました。天正14年(1586)にはその誓いを果たすべく東海各国に勧進を行い、慶長年間社殿が造営されるに至りました。このような家康公のあつい尊崇を受けて、大御所として入府以来崇敬の真心を捧げ、徳川幕府の祈願所と定めました。

静岡浅間神社の山門静岡浅間神社の建物その他静岡浅間神社の本殿静岡浅間神社の手水静岡浅間神社の本殿静岡浅間神社の手水静岡浅間神社の本殿静岡浅間神社の建物その他静岡浅間神社の建物その他静岡浅間神社の建物その他静岡浅間神社の建物その他静岡浅間神社の建物その他静岡浅間神社の建物その他静岡浅間神社の景色静岡浅間神社の自然静岡浅間神社の仏像静岡浅間神社の建物その他静岡浅間神社の建物その他静岡浅間神社の本殿静岡浅間神社の山門静岡浅間神社の歴史静岡浅間神社の歴史静岡浅間神社の建物その他静岡浅間神社の末社静岡浅間神社の建物その他静岡浅間神社の景色静岡浅間神社の建物その他静岡浅間神社の建物その他
もっと読む
投稿をもっと見る(94件)

静岡浅間神社の基本情報

住所静岡県静岡市葵区宮ケ崎町102-1
行き方
アクセスを詳しく見る
名称静岡浅間神社
読み方しずおかせんげんじんじゃ
通称富士新宮
参拝にかかる時間

約30分

トイレ社務所の右側
御朱印あり

真ん中に静岡浅間神社と書かれ、右上に駿河國総社、真ん中に大きく印が押されています。
神部神社と浅間神社の二社同殿と大歳御祖神社の三社で、静岡浅間神社です。
境内神社を含めて7種類の御朱印がいただけます。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号054-245-1820
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
メールアドレスspfz8ug9@ion.ocn.ne.jp
ホームページhttp://www.shizuokasengen.net/
おみくじあり
お守りあり
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご祭神○神部神社
《主祭神》
 大己貴命
《配祀神》
 瓊々杵命 
 栲幡千々姫命
 東照宮(徳川家康)
○浅間神社
《主祭神》
 木之花咲耶姫命
《配祀神》
 瓊々杵命
 栲幡千々姫命
○大歳御祖神社
《主祭神》
 大歳御祖命
《配祀神》
 雷神
創建時代崇神天皇の御代(神部神社)
本殿比翼三間社流造
体験祈祷おみくじお宮参り絵馬結婚式七五三食事・カフェ御朱印博物館お守り重要文化財祭り武将・サムライ

Wikipediaからの引用

概要
静岡浅間神社(しずおかせんげんじんじゃ)は、静岡県静岡市葵区にある神社。通称「おせんげんさん」。登記上の宗教法人名称は神部神社・淺間神社・大歳御祖神社。
歴史
歴史[編集] 賤機山の航空写真。浅間神社は南端近くにある。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成 鎮座地の賤機山(しずはたやま)は、静岡の地名発祥の地として知られ、古代より神聖な神奈備山としてこの地方の人々の精神的支柱とされてきた。6世紀のこの地方の豪族の墳墓であるとされている賤機山古墳(国の史跡)も、当社の境内にある。また、静岡市内には秦氏の氏寺である建穂寺、秦久能建立と伝えられる久能寺など当社の別当寺とされる寺院があり、その秦氏の祖神を賤機山に祀ったのが当社の発祥であるともいわれている。 当地に鎮座して以来、当社へは朝廷をはじめ、鎌倉将軍家、今川、...Wikipediaで続きを読む
引用元情報静岡浅間神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E9%9D%99%E5%B2%A1%E6%B5%85%E9%96%93%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=87994492

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー