御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年12月※賣布神社ではいただけません
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

神社正面に、3台ほどの駐車場あり。

巡礼

出雲國神仏霊場6番「浄」

おすすめの投稿

惣一郎
2021年11月25日(木)
1041投稿

賣布神社(めふ~)は、島根県松江市和多見町にある神社。式内社で、旧社格は県社。主祭神は速秋津比売神(はやあきつひめ)、相殿神は五十猛命(いそたける)、大屋津姫命(おおやつひめ)、抓津姫命(つまつひめ)。別称は「白潟大明神」、「橋姫大明神」。出雲國神仏霊場第6番。

創建は不詳。奈良時代の733年に編纂された『出雲國風土記』に記載されている。また平安時代の927年に編纂された『延喜式神明帳』に記載のある「出雲國 意宇郡 賣布神社 小」に比定されている。古くは意宇の入海(宍道湖)西岸に鎮座していたが、潮流や地形変動に伴い東方へ遷座を重ね、13世紀ごろに現在地に祀られることになったと伝わる。明治時代に入り、近代社格制度の下、県社に列格した。

当社は、JR山陰本線・松江駅の北西500mの、県道21号線(新大橋通り)沿いの市街地にある。屋根付き歩道の商店街の屋根がちょうど切れたところにある。市街地の中といいながらも、境内はけっこう広くて、大きな社殿やいくつかの境内社が立ち並び、大きな古木がいくつもあって、交通量の多い道沿いとは思えないギャップが面白い。

今回は、出雲國の式内社、島根県の旧県社ということで参拝することに。参拝時は週末の午後で、松江市の中心街近くにあることもあるのか、ぱらぱらと何組かの参拝者が訪れていた。

賣布神社の鳥居

境内南端入口にある<鳥居>と<社号標>。細くて控え目な社号標には<縣社 賣布神社 御域内>と書かれている。

賣布神社の山門

鳥居の先にある<神門>をくぐる。

賣布神社の手水

参道進んで右側にある<手水舎>。

賣布神社(島根県)

<拝殿>全景。横幅が広く重厚感がある。写真外右側の社務所と繋がっている。

賣布神社の本殿

<拝殿>正面。凝った彫刻が目を引く。

賣布神社の本殿

<拝殿>正面奥。やっと<延喜式内 賣布神社>と書かれた扁額が見える。

賣布神社の末社

社殿右手にある<常光(つねみ)社>。

賣布神社の末社

御神木を御神体とする<榎荒神社>。

賣布神社の本殿

拝殿後ろの<本殿>。大きな拝殿に比して、小さく細い造り。

賣布神社の末社

本殿奥右側に建つ<船霊社>。

賣布神社(島根県)

本殿奥左側に建つ<金比羅社>。

賣布神社(島根県)

金比羅社前から見た<本殿>全景。細身の美しい造形。拝殿との横幅のギャップが大きい。

賣布神社の末社

社殿左側奥にある<和田津見社>。

賣布神社の末社

和田津見社の左側にある<厳島社・道祖社>。建物左側に立つ、注連縄の架かった巨木は<大松荒神>と名前が付いている。

賣布神社の建物その他

大松荒神から神門などがある境内入口方向を望む。

賣布神社の本殿

<社殿>全景。ぱらぱらと参拝者が訪れている。

賣布神社の末社

神門から拝殿に進む参道から見て、手水舎の後ろにある<恵美須社>。

賣布神社の建物その他

恵美須社の左側にある<社務所>。御朱印はこちら。

賣布神社の芸術

社務所から見た、拝殿正面。黒い龍の彫刻が繊細で美しい。

賣布神社の本殿

鳥居の左側にある駐車場から見た境内全景。広々とした境内は綺麗に掃き清められており気持ちが良い。(^▽^)/

もっと読む
投稿をもっと見る(20件)

賣布神社の基本情報

住所島根県松江市和多見町81
行き方
アクセスを詳しく見る
名称賣布神社
読み方めふじんじゃ
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり

詳細情報

ご祭神速秋津比売神(水戸ノ神・祓戸ノ神)
札所など

出雲國神仏霊場6番「浄」

体験御朱印札所・七福神巡り

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中