御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年5月
観音寺ではいただけません
広告

かんのんじ|天台宗伊富貴山

観音寺
滋賀県 近江長岡駅

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

巡礼

その他の巡礼の情報

びわ湖百八霊場第47番札所

観音寺について

石田三成と豊臣秀吉の出会いの地


織田信長の家臣として出世まっしぐらであった豊臣秀吉が休憩に観音寺を訪れた際、当時お寺の小姓であった石田三成が機転を利かせてもてなした「三椀の才」という逸話があります。1杯目はぬるめの茶を大きな茶碗で、2杯目は少し熱い茶を中くらいの茶碗で、3杯目は熱いお茶を小さい茶碗でお出ししたというお話です。これを気に入った秀吉に召し抱えられ、三成は以後たくさんの活躍をすることになりました。

近江西国三十三箇所・12番霊場

おすすめの投稿

🌷日向ぼっこ☀️🐇
2023年12月06日(水)
745投稿

🌼観音寺(かんのんじ)に参拝させて頂きました🙏 🌸当寺は、滋賀県米原市にある天台宗の寺院。山号は伊富貴山。本尊は十一面千手観音。通称:大原観音寺です。☘️仁寿年間(851年 - 854年)三修によって創建された。もとは伊吹山四大護国寺として法相宗に属していたが、弘和(永徳)3年(1383年)に天台宗に改めました。🍁長浜城主の羽柴秀吉が鷹狩りで立ち寄った際、寺の小僧をしていた石田三成を「三碗の才」で見出したことで有名です。🌺もと伊吹山にあった観音護国寺が、正元年中(1259~60年)に現在地に移転して、大原荘の地頭・大原氏の保護を受けながら、弘安年間(1278~88年)までに寺観を整えたといいます。🌼当寺は、石田三成と羽柴秀吉の出会いの地とされて、寺の小僧だった三成が、鷹狩りで立ち寄った秀吉に茶を献じて、「三椀の才」で見出されたという逸話が残っています。🌸本堂、鐘楼、惣門が重要文化財があり、三成が秀吉に献じたお茶の水を汲んだとされる古井戸も残っています。

🌷🌷「 四季彩料理 月うさぎ 」🍱
アットホームで落ち着いた雰囲気の中で、本格的和食をリーズナブルな価格で、手ごろな価格のランチや懐石コースの他、創作和食の単品料理もあり、とても上品な味で美味しかったです。店内は余り広くは無いけれど、くつろげるスペースで ゆったりと 美味しく頂きました🌷🌷

👣所在地 : 滋賀県米原市朝日1342

観音寺(滋賀県)

  月うさぎ御膳「 四季彩料理 月うさぎ 」

観音寺の御朱印

     御朱印 「観音寺」

観音寺(滋賀県)

  観音寺惣門

観音寺(滋賀県)

   観音寺鐘楼

観音寺(滋賀県)

   薬 師 堂

観音寺(滋賀県)

   薬 師 堂

観音寺(滋賀県)

   参道の向こうに石段に本殿

観音寺(滋賀県)

   本 殿(重要文化財)

観音寺(滋賀県)

   本尊は十一面千手観音で、像を囲むように
   四天王像が安置されています

観音寺(滋賀県)

   石碑に彫られているのは「太閤ニ茶ヲ献スル時 
   石田三成 水汲ノ池」とあります

観音寺(滋賀県)

   四季彩料理 月うさぎ
 創作和食の単品料理もあり上品な味で
 美味しかったです

観音寺の食事

  月うさぎ御膳 「 四季彩料理 月うさぎ 」🍱

もっと読む
投稿をもっと見る(9件)

歴史

観音寺は、伊富山観音護国寺といい、弥高・太平寺・長尾寺の三ヶ寺と共に伊吹山四大護国寺の一つとして伊吹山中にありました。鎌倉時代中期の正元年間(1259〜1260)に現在地に移ったとされ、千手観音像(町指定)を本尊とする天台宗の寺院です。
また、豊臣秀吉が鷹狩りで立ち寄った際、寺の小僧をしていた石田三成を「三碗の才」(お茶が飲みやすいように三回に分けて出したこと)で見出したことでも著名で、その水を汲んだとされる古井戸も残っています。

歴史をもっと見る|
5

観音寺の基本情報

住所滋賀県米原市朝日1342
行き方
アクセスを詳しく見る
名称観音寺
読み方かんのんじ
通称大原観音寺
御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号0749-55-1340
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.zb.ztv.ne.jp/maido/index.html

巡礼の詳細情報

近江西国三十三箇所

第12番

御本尊:十一面観世音菩薩

御詠歌:

願え人 なにしあふ身の 伊吹山 仏の守る 国の境を

詳細情報

ご本尊十一面千手観音
山号伊富貴山
宗旨・宗派天台宗
ご由緒

観音寺は、伊富山観音護国寺といい、弥高・太平寺・長尾寺の三ヶ寺と共に伊吹山四大護国寺の一つとして伊吹山中にありました。鎌倉時代中期の正元年間(1259〜1260)に現在地に移ったとされ、千手観音像(町指定)を本尊とする天台宗の寺院です。
また、豊臣秀吉が鷹狩りで立ち寄った際、寺の小僧をしていた石田三成を「三碗の才」(お茶が飲みやすいように三回に分けて出したこと)で見出したことでも著名で、その水を汲んだとされる古井戸も残っています。

体験重要文化財武将・サムライ札所・七福神巡り

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ