御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※姫宮神社ではいただけません
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
あり

1

おすすめの投稿

惣一郎
2021年09月17日(金)
959投稿

姫宮神社は、埼玉県南埼玉郡宮代町にある神社。式内論社で、旧社格は村社。祭神は多記理姫命(たきりびめ)、市杵島姫命(いちきしまひめ)、多記津姫命(たぎつひめ)の3柱。
社伝によると、桓武天皇の孫・宮目姫が下総国に赴く途中、当地でなくなり、のちに慈覚大師円仁が宮目姫を祀ったことが当社の始まり。このことから創祀の時期は円仁が遣唐使から帰国した847年から864年の間とされる。平安時代の927年に編纂された『延喜式神名帳』では、「武蔵国 埼玉郡 宮目神社」と記載があり、その論社となっている。なお他にも3社論社があり、埼玉県熊谷市の高城神社、埼玉県久喜市の神明神社、埼玉県加須市の宮目神社(玉敷神社の境内社)がある。
江戸時代には当社は旧百間村の総鎮守とされ、現在の宮代町の地名は旧百間村の総鎮守「姫宮神社」の「宮」と、旧須賀村の総鎮守「身代神社」の「代」が語源になっているとのこと。
当社は、東武伊勢崎線・姫宮駅の北1kmの平地、伊勢崎線の線路の近くの、耕作地が広がるのどかなエリアの住宅が少し集まった場所にある。境内は南北に細長く、敷地内には集会所があり、<ザ・村の鎮守>といった感じ。社殿の近くには古墳があったりする。
今回は武蔵国の式内論社ということで参拝することに。参拝時は週末の午後、自分以外には参拝者はいなかった。

姫宮神社の鳥居

境内南端にある<鳥居>と<社号標>。

姫宮神社の鳥居

鳥居には<正一位 姫宮大明神>の扁額が掛かる。

姫宮神社の建物その他

鳥居をくぐって前方を望む。左側の大きな<御神木>の枝ぶりが良い感じ。

姫宮神社の手水

参道左側の<手水舎>。

姫宮神社の本殿

<拝殿>全景。古そうに見えるが、手入れが行き届き実はきれい。

姫宮神社の本殿

<拝殿>正面。簡素だが、ちゃんと彫刻も入っている。

姫宮神社の本殿

久々に読めない扁額。普通なら<姫宮社>だが、とてもそうは読めない...(^_^;)

姫宮神社(埼玉県)

社殿の左奥にある<稲荷社>。ちゃんと祭神の説明書きがある。

姫宮神社の末社

社殿の右奥にある<香取社・鹿島社>と<天神社>。

姫宮神社の末社

天神社の右側に建っている<三峯社>。

姫宮神社の末社

三峯舎の右側に建っている、社殿がひと回り大きい<八幡社>。八幡社の前には、古墳跡と思われる土の盛り上がりがある。

姫宮神社の本殿

八幡社から見た<社殿>全景。拝殿と同じぐらいの大きさがある<本殿>には、その上にさらに覆屋が建っている。

姫宮神社の本殿

<社殿>全景。大きな神社ではないが、いまでも大事にされている印象。

もっと読む
惣一郎
2021年11月29日(月)
959投稿

姫宮神社は、埼玉県南埼玉郡宮代町にある神社。式内論社で、旧社格は村社。祭神は多記理姫命(たきりびめ)、市杵島姫命(いちきしまひめ)、多記津姫命(たぎつひめ)の3柱。

今回は2回目の参拝。この日のツーリングコースが<埼玉県中部>だったため、御朱印未入手につき再参拝してみた。

前回参拝時は9月初旬で残暑の中、境内の樹木が青々としていたのが印象に残っているが、今回は晩秋ということで、草木が赤や黄色に色づいており、違った趣を楽しむことができた。

ただ、ネットの情報では「少し離れた宮司さん宅で御朱印を拝受」とあるものの、電話番号などの詳細情報がないため、再参拝しても御朱印を拝受できるわけもなく、今回も御朱印は「ぼうず」で参拝を終えた。

姫宮神社の鳥居

境内南端入口にある<鳥居>。かなり新しい石製六脚鳥居で、扁額には<正一位 姫宮大明神>とある。

姫宮神社(埼玉県)

参道を進むと、左側の樹木が紅色に染まっている。(何という木だろう?)

姫宮神社の建物その他

さらに進むと、右側の木々がほど良い色づき具合。左奥の大きな木、<御神木>もほんのり茶色に。

姫宮神社の手水

参道左側にある<手水舎>。簡素だが<手水鉢>がなかなか良い。

姫宮神社の手水

こちらが<手水鉢>。当社の社紋であろう鶴の紋章が中央にどーんと描かれている。また刻まれた字を見ると<享保四年(1719年)>に奉納されたとある。

姫宮神社(埼玉県)

手水舎から社殿方向を望む。<御神木>の力強い根元が良い。

姫宮神社(埼玉県)

<拝殿>全景。江戸時代末期の1863年改築。よく見ると瓦葺の屋根は意外と凝っていて、昭和のありきたりな瓦ではない感じ。軒の柱には榊の枝が挿してあり、まめに手入れがされている証左。

姫宮神社(埼玉県)

賽銭箱にも、当社の社紋と思われる鶴の紋章を発見。手水鉢の社紋よりもはっきりと図柄が見える。

姫宮神社の建物その他

拝殿の扁額。さて、何と書いてあるのだろう? デザインとして面白い字体だが、自分には読めない...(^_^;)

姫宮神社(埼玉県)

拝殿前左側の<狛犬>。よく見ると珍しい形。マッシュルームカット&髭面で、60年代後半のロックスターのような斬新な風貌。

姫宮神社の狛犬

拝殿前右側の狛犬。となりにビートルズのリンゴスターの写真を並べてみたい。

姫宮神社の建物その他

刻まれた字を見ると<天保十二年(1841年)>とある。なるほど、江戸時代末期に流行した狛犬の形なのかしら。

姫宮神社の建物その他

前回は気付かなかった<力石>。こちらは江戸時代中期の1715年に奉納されたものとのこと。

姫宮神社の建物その他

社殿の右側には、境内社群がある。少し盛り上がった場所は、元古墳とのこと。拝殿に、境内社の名前と祭神、御利益を記載した「参拝順路図」が貼ってある。小さな神社なのに、宮司さんの気遣いが行き届いている。

姫宮神社の本殿

元古墳の近くから、<社殿>全景。拝殿後ろの本殿は、江戸時代中期の1715年再建。

姫宮神社の鳥居

最後に、入口の<鳥居>と<社号標>を写真1枚に収めてみる。(^▽^)/

もっと読む
投稿をもっと見る(13件)

姫宮神社の基本情報

住所埼玉県南埼玉郡宮代町姫宮373 
行き方

東武伊勢崎線(スカイツリーライン)姫宮駅 東口から徒歩10分

アクセスを詳しく見る
名称姫宮神社
読み方ひめみやじんじゃ
御朱印あり

限定御朱印なし
絵馬あり

詳細情報

ご祭神・多記理姫命(たぎりひめのみこと) ・市杵島姫命(いちきしまひめのみこと) ・多記津姫命(たぎつひめのみこと)

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年10月