御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※若泉稲荷神社ではいただけません
御朱印について
御朱印
なし
パーキング
駐車場
-

歴史

当社はこの東本庄館跡の南西200mほどの所に鎮座している。
社伝によれば、当社は治承四年1180 武蔵守維行六世孫荘太郎家長が東本庄に館を構えた際、鎮守として勧請したことに始まる。天正十八年1590に、本荘氏に代わって小笠原掃部太夫信嶺が本庄域主になった時に、旧領主が勧請した社であるとの理由から当社を最も崇敬し、現在の社地に社殿を建立して奉遷すると共に、その庄名を冠して若泉稲荷神社と称するようになった。その後、慶長十七年1612に小笠原左衛門尉信之が社殿を営繕し、降って元禄十五年1702、氏子及び信徒が修繕を行った折には、大平・柴村・加藤・野呂・花房の地頭諸氏から寄附があった。また、旧本庄城主の祖が祀った社との縁から、明和七年1770と天明六年1786の修繕の際には、本庄町から彫物などの寄進があった。

歴史をもっと見る|
1

若泉稲荷神社の基本情報

住所埼玉県本庄市北堀209
行き方
アクセスを詳しく見る
名称若泉稲荷神社

詳細情報

ご由緒

当社はこの東本庄館跡の南西200mほどの所に鎮座している。
社伝によれば、当社は治承四年1180 武蔵守維行六世孫荘太郎家長が東本庄に館を構えた際、鎮守として勧請したことに始まる。天正十八年1590に、本荘氏に代わって小笠原掃部太夫信嶺が本庄域主になった時に、旧領主が勧請した社であるとの理由から当社を最も崇敬し、現在の社地に社殿を建立して奉遷すると共に、その庄名を冠して若泉稲荷神社と称するようになった。その後、慶長十七年1612に小笠原左衛門尉信之が社殿を営繕し、降って元禄十五年1702、氏子及び信徒が修繕を行った折には、大平・柴村・加藤・野呂・花房の地頭諸氏から寄附があった。また、旧本庄城主の祖が祀った社との縁から、明和七年1770と天明六年1786の修繕の際には、本庄町から彫物などの寄進があった。

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年12月