御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※愛宕権現社ではいただけません
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

歴史

もとは1729年(享保14年)2月、旧大字上新井字中丁道1795・1798番地に所在した 通称:愛宕山の守護神として(または縁起によれば"地蔵影の露仏神として)同大字上新井の寺院、普門院の檀徒により創建された。1959年(昭和34年) 日本住宅公団の新都市計画による区画整理のため現在地に移転。
神社の境内にある石灯籠のうち1基は、もとは芝増上寺の徳川家霊廟にあったもので、所沢市内の寺社などに移設された計約120基の石灯籠のうち、徳川第7代将軍家継(有章院)の霊廟に献上された信濃飯田藩の堀親庸のものとされている。

歴史をもっと見る|
2

愛宕権現社の基本情報

住所埼玉県所沢市緑町3-13-1
行き方

西武新宿線 新所沢駅から徒歩約10分

アクセスを詳しく見る
名称愛宕権現社
読み方あたごごんげんしゃ
通称愛宕神社
限定御朱印なし

詳細情報

ご祭神愛宕大権現
ご由緒

もとは1729年(享保14年)2月、旧大字上新井字中丁道1795・1798番地に所在した 通称:愛宕山の守護神として(または縁起によれば"地蔵影の露仏神として)同大字上新井の寺院、普門院の檀徒により創建された。1959年(昭和34年) 日本住宅公団の新都市計画による区画整理のため現在地に移転。
神社の境内にある石灯籠のうち1基は、もとは芝増上寺の徳川家霊廟にあったもので、所沢市内の寺社などに移設された計約120基の石灯籠のうち、徳川第7代将軍家継(有章院)の霊廟に献上された信濃飯田藩の堀親庸のものとされている。

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年10月