参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

ほどさんじんじゃ

宝登山神社の歴史埼玉県 長瀞駅

宝登山神社の歴史情報

詳細情報

ご祭神神日本磐余彦尊/大山祇神/火産霊神
創建時代110年(景行天皇40年)

Wikipediaからの引用

歴史
社伝によれば、景行天皇41年(111年)、天皇の皇子・日本武尊による東征の際、尊が遥拝しようと山頂に向っていると巨犬が出てきて道案内をした。その途中、東北方より猛火の燃えて来るのに遭い、尊の進むことも退くこともできない状態になってしまった。すると巨犬が猛然と火中に跳入り火を消し止め、尊は無事頂上へ登り遥拝することができた。尊は巨犬に大いに感謝したところ、忽然と姿を消した。このことから「火止山」の名が起き、のちに「寳登山」となったという。また巨犬は大山祇神の神犬であった事を知り、防火守護のため火産霊神を拝し、その後山麓に社殿を建て三神を鎮祭した。これが当社の起源であるとされる。 2011年...Wikipediaで続きを読む
引用元情報寳登山神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%AF%B3%E7%99%BB%E5%B1%B1%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=72500023

歴史の写真一覧

何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る
神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!