御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年6月
西光寺ではいただけません
広告

さいこうじ|真言宗豊山派無量山

西光寺
埼玉県 秩父駅

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
ありません
パーキング
駐車場
あり

あり

巡礼

その他の巡礼の情報

秩父三十四観音霊場
第十六番札所

おすすめの投稿

惣一郎
2022年10月03日(月)
1269投稿

【秩父三十四所観音霊場巡り】(過去の参拝記録)

西光寺(さいこうじ)は、埼玉県秩父市中村町にある真言宗豊山派の寺院。山号は無量山。本尊は千手観世音菩薩。関東八十八カ所・特別霊場、秩父三十四所観音霊場第16番。

創建は不詳。寺伝によると、開山は僧・賢秀で、僧・寛明が中興したと伝わる。江戸時代中期の1783年に浅間山が噴火し、秩父地方でも10㎝に及ぶ降灰で農産物等に大被害があり、天明の大飢饉となったが、僧・法淳が死者の供養と天下泰平を祈願して本四国本尊を勧請して回廊堂を建立して、八十八の尊像を奉安した。

当寺は、秩父鉄道・秩父駅の西北西1kmの市街地の平地にある。白塀に囲まれた境内はある程度広さがあり、緑が多く、山門くぐって正面には江戸時代中期1710年建立の本堂があり、参道右側には回廊堂、札堂、金比羅大権現、参道左側には酒樽大黒、庫裏があって、なかなか見どころが多い。

今回は、秩父三十四所観音霊場札所ということで参拝することに。参拝時は休日の午後で、自分以外は誰も参拝者を見掛けなかった。

西光寺の建物その他

境内の南側にある参道入口の<寺号標>。

西光寺の山門

境内南端入口の<山門>。軒下には「無量山」の扁額。

西光寺(埼玉県)

山門をくぐってすぐ左側にある<水屋>。

西光寺(埼玉県)

とっても綺麗な花をあしらった<手水盤>。

西光寺(埼玉県)

<本堂>全景。江戸時代中期の1710年建立。

西光寺の本殿

<本堂>正面。控え目に華やかな雰囲気が良い。

西光寺の建物その他

本堂に向かって左手の眺め。緑が多い印象。

西光寺(埼玉県)

かなり古そうな<秩父夜祭りの山車の車輪>。

西光寺(埼玉県)

こちらの面白い形の祠は<招福・酒樽大福>。酒樽に茅葺屋根が付いている。

西光寺の建物その他

<酒樽大福>のアップ。中に何があるのかな?(。´・ω・)?

西光寺の像

中にあるのは、木彫の<大黒像>。たくさんの奉納酒が置いてある。

西光寺(埼玉県)

本堂の左隣にある<納経所>。御朱印はこちら。

西光寺(埼玉県)

本堂のすぐ右側に<回廊堂>の入口がある。

西光寺(埼玉県)

<回廊堂>の内部。四国八十八箇所霊場の本尊模刻が並んでいる。

西光寺(埼玉県)

<回廊堂>をぐるっと廻ると、山門前に出てくる。山門近くには<六地蔵>がある。

西光寺の建物その他

本堂に向かって右手にある、手前の<弘法大師像>と奥の<札堂>。
<札堂>は、秩父札所開創(鎌倉時代の1234年)当時から現存する最古の遺構と推定されている。(;゚Д゚)

西光寺(埼玉県)

札堂の右隣に建っている<金毘羅大権現>。

西光寺の仏像

水屋の近くに立っている、立ち姿が美しい<観音像>。

西光寺の本殿

最後に<本堂>全景。秩父札所の中では、最も古い本堂なのかな。(^▽^)/

もっと読む
投稿をもっと見る(39件)

歴史

昔々、円比丘という僧がいた。ある夜、月を眺めていると老婆が現れ、「観音様をまねくからどうか私の菩堤を弔ってほしい」と言って姿を消した。円比丘がさっそく霊を供養すると、約束どおり観音像を授かり御堂を造って納めた。それが西光寺の「千手観世音菩薩」といわれている。
西光寺は、最古の観音堂と思われる。堂内に残る種々の造作の跡から元来のすがたと種々の変遷を経たことが想像される。
また、札堂より元禄、享保等の紀年を有する多くの納札が発見され、その納札(木札)を打ち付けた柱の無数の釘跡が歴史を感じさせる。

歴史をもっと見る|
3
名称西光寺
読み方さいこうじ
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳なし
電話番号0494-22-4444
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
絵馬あり

巡礼の詳細情報

関東八十八箇所

特別霊場

御本尊:千手観世音菩薩

御真言:

おんばざらたらまきりく

御詠歌:

西光寺 誓いを人に 尋ぬれば 終の住処は 西とこそ聞け

秩父三十四所観音

詳細情報

ご本尊千手観世音菩薩
山号無量山
宗旨・宗派真言宗豊山派
ご由緒

昔々、円比丘という僧がいた。ある夜、月を眺めていると老婆が現れ、「観音様をまねくからどうか私の菩堤を弔ってほしい」と言って姿を消した。円比丘がさっそく霊を供養すると、約束どおり観音像を授かり御堂を造って納めた。それが西光寺の「千手観世音菩薩」といわれている。
西光寺は、最古の観音堂と思われる。堂内に残る種々の造作の跡から元来のすがたと種々の変遷を経たことが想像される。
また、札堂より元禄、享保等の紀年を有する多くの納札が発見され、その納札(木札)を打ち付けた柱の無数の釘跡が歴史を感じさせる。

体験御朱印札所・七福神巡り

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ