参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

みずまでら

水間寺の歴史大阪府 水間観音駅

水間寺の歴史情報

詳細情報

ご本尊聖観世音菩薩
ご由緒

寺伝によれば、天平年間(729年-749年)に聖武天皇の勅願により行基が開創したものという。
中世より武家による手厚い保護を受けていたが、紀州征伐の際に紀州勢に与したため、1585年(天正13年)に堀秀政の軍勢に攻められて焼失した。一時衰退したものの、岸和田藩主岡部氏 の帰依を受け、元禄年間には堂宇も再建された。その後、1784年(天明4年)の火災で再び焼失。1811年(文化8年)に本堂が再建され、1827年(文政10年)には他の堂宇も再建された。
井原西鶴の『日本永代蔵』の第1話「初午は乗て来る仕合」に「泉州水間寺利生の銭」と記されたことで全国的に知られるようになった。1925年(大正14年)には参拝客を運ぶための水間鉄道が開通している。

歴史の写真一覧

何かお気づきの点はありますか?