参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

いちじょうじ

一乗寺の歴史大阪府 上牧駅

一乗寺の歴史情報

詳細情報

ご本尊題目宝塔,釈迦多宝二仏
創建時代創建不詳
ご由緒

一乗寺は、昌林山と号して日蓮宗に属し、題目宝塔と釈迦多宝二仏を本尊とする。
もとは、千観の草創にて金仙寺と称したが、応永34年(1427)、宇野・西村両氏が日親上人に帰依し建立、名を一乗寺と改めたという。
上人は、永享11年(1439)、法華教布教のため立正治国論を室町幕府に献上しようとして捕らえられ投獄。焼けた鉄鍋をかぶせられるなど様々な拷問を受けたが、信念を曲げず、のちに「鍋かむり日親」と呼んで崇められた。
寛永年間(17世紀前半)に堂宇が焼失したが、慶安三年(1650)、紀伊大納言徳川頼宣の生母養寿院の寄進により、本堂や庫裡、開山堂などの諸堂の寄進により、本堂や庫裡、開山堂などの諸堂を再建。また、頼宣の息女松姫の病気平癒祈願に、1万石の寺領を寄進させるなど、歴代紀州徳川家の崇敬が厚かった。
広い境内には、諸堂のほか日親上人の銅像、”弁慶の駒つなぎ"伝説のある樟(市指定保護樹木。樹高約30m)などがある。また寺宝としては、日蓮上人の真筆や聖歯、狩野探幽画の「日親上人法難絵図」などが伝わっている。

Wikipediaからの引用

歴史
詳しい創建年月は不詳だが、元々は千観が草創し、当初は金仙寺と称して真言宗に属する寺院であったが、その後は荒廃し、毘沙門天2体を残すだけの無住寺となっていた。応永34年(1427年)に宇野氏・西村氏という地元の住人が、京都の一条戻り橋の袂で辻説法をしていた日親上人の話を聞き感激し、日親上人に請い建立されたと伝えられている。そのときに寺名も一乗寺と改称したという。 寛永年間(16241643年)に堂宇を焼失したが、慶安3年(1650年)に徳川頼宣の生母・養珠院の寄進により、本堂・庫裏・開山堂などの諸堂が再建された。また、頼宣の息女松姫の病気平癒祈願に、1万石の寺領を寄進されるなど歴代紀州徳川...Wikipediaで続きを読む
引用元情報一乗寺 (高槻市)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E4%B8%80%E4%B9%97%E5%AF%BA%20(%E9%AB%98%E6%A7%BB%E5%B8%82)&oldid=77666258

歴史の写真一覧

何かお気づきの点はありますか?