参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

しょうまんいん

勝鬘院の歴史大阪府 四天王寺前夕陽ケ丘駅

勝鬘院の歴史情報

詳細情報

ご本尊愛染明王
創建時代推古天皇元年(593年)
開山・開基聖徳太子

Wikipediaからの引用

歴史
寺伝によれば、この寺は聖徳太子が開いた四天王寺にある敬田院、施薬院、療病院、悲田院のうちの施薬院に始まると伝えられる。この施薬院の本堂に勝鬘夫人の像が祀られており、また聖徳太子が勝鬘経を講ぜられていたことから施薬院は勝鬘院とも呼ばれるようになっていった。 平安時代以降は金堂の本尊として愛染明王が祀られるようになると、勝鬘院は愛染堂とも呼ばれるようになった。 鎌倉時代には鎌倉幕府5代執権北条時頼から寺領を寄進されたという。13世紀末には忍性によって真言院が創建されている。 元亀元年(1570年)から天正8年(1580年)まで戦われた織田信長と大坂本願寺による石山合戦によって伽藍が焼失するが...Wikipediaで続きを読む
引用元情報勝鬘院」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%8B%9D%E9%AC%98%E9%99%A2&oldid=82726813

歴史の写真一覧

何かお気づきの点はありますか?