御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年12月※一心寺ではいただけません

いっしんじ

一心寺のお参りの記録(1回目)
大阪府恵美須町駅

投稿する
06-6771-0444

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

投稿日:2021年07月12日(月)
参拝:2021年6月吉日
一心寺(いっしんじ)は、大阪府大阪市天王寺区にある浄土宗の寺院。山号は坂松山(ばんしょうざん)、院号は高岳院。本尊は阿弥陀如来。骨仏の寺として知られる。

平安時代末期の1185年、四天王寺の別当であった慈円の要請により、法然が四天王寺の西門の坂のほとりに四間四面の草庵を結び「荒陵の新別所」「源空庵」と称して居住した。後白河法皇が四天王寺参拝の際に草庵を訪れ、法然とともに「日想観」を修した。一時廃れたが、安土桃山時代の1596年、本誉存牟上人が当地で一千日の念仏修法を行い、寿命山観称院一心寺として再興した。1600年に徳川家康の八男・仙千代が大阪で夭折し、葬儀を当寺で行ったが、家康が境内の松を讃え「坂松山」の寺額を贈り、仙千代の戒名から「高岳院」の院号を贈ったため、坂松山高岳院一心寺と改名した。1614年の大坂冬の陣では、家康の陣が茶臼山に隣接した当寺に置かれた。
江戸時代、当寺は寺社奉行直轄の檀家を持たない特別な寺院となったが衰微していたところ、天保年間(1831年~1845年)に真阿上人が庶民向けに宗派を問わず年中無休で無縁の霊を供養する施餓鬼会を始めるなどして再興した。これで評判となったが納骨が集中し、やがて限界を超えたため、1887年に納骨された遺骨を粉砕して粉にし、鋳型で固めて阿弥陀如来像を制作した。これが骨仏の始まりとなった。1945年の米軍による大阪大空襲でほとんどの伽藍や骨仏を焼失したが、戦後、伽藍は再建され、骨仏も1947年以降、10年ごとに制作されることになった。

当寺は、JR大阪環状線・天王寺駅の北西700mほどの位置にある。高台にある四天王寺の西側にあって、西に向かって徐々に下がって行く坂道の途中にある(地名は<逢坂>)。同一ブロックには動物園、美術館、庭園、古墳、学校などが混在しているが、もとは寺の境内なのかしら?伽藍はコンパクトにまとまっている。観光で行く寺院ではなく、実需があって参拝する寺院という印象。プログレッシブな構造物(仁王門・念仏堂・日想殿)と、古くからの伝統的伽藍(本堂・納骨堂)が混在した、人が絶えず、独特の雰囲気がある寺院。
今回は、大阪府で人気がある有名寺院として参拝することに。参拝時は平日の午後であったが、境内には多くの人がいた。
一心寺の建物その他
寺院入口。<お骨佛の寺>と書かれた塔と、後ろの鉄骨屋根は<仁王門>。
一心寺の像
斬新なデザインの<仁王門>と<仁王像>。
一心寺の手水
本堂手前右側にある<手水>。
一心寺の本殿
<本堂>全景。
一心寺の本殿
<本堂>正面。
一心寺の建物その他
本堂の左側(境内南西部)に向かう。
一心寺の建物その他
こちらが<お骨佛堂>。
一心寺の建物その他
<お骨佛堂>正面。
一心寺の建物その他
お骨佛堂の左側にある<納骨堂>。
一心寺の建物その他
境内南東部にある<開山堂>。
一心寺のお墓
開山堂の左(北)方向にある<酒封じ 本多出雲守墓>。
一心寺の建物その他
境内北東端にある<鐘楼>。
一心寺(大阪府)
仁王門をくぐってすぐ右手にある<念佛堂>。
一心寺の建物その他
念佛堂の横の緑地にある<おばけとうろう>。かなり大きい。
一心寺の建物その他
境内北西部にある<信徒会館「日想殿」>
一心寺の建物その他
本堂と日想殿の間を抜けると、本堂脇の半地下に<納経所>。御朱印はこちら。

すてき

御朱印

みんなのコメント(0件)

ログインしてください

ログイン無料登録すると、投稿へコメントできます。

投稿者のプロフィール

惣一郎さんのプロフィール画像

惣一郎1057投稿

2020年1月から寺社仏閣巡りを始めた初心者です。東京在住です。
クルマとバイク、旅行が趣味なので、近くから遠くまで、精力的にお参りしています~♪

■2020年は、寺院も神社もよく分からないので、分かりやすそうな神社を中心に回り始めました(366寺社)。

①関東圏の延喜式内社 + 坂東三十三観音。
②関東以外に旅行に行くときは一之宮。
③チャンスがあれば、憧れの伊勢や出雲。

■2021年は、寺院にも力を入れてみました(574寺社)。

①寺院は巡礼を中心に。西国三十三、江戸三十三、鎌倉三十三、秩父三十四、関東三十六、北関東三十六、関東八十八、東国花の寺百ヶ寺。
②神社は、引き続き延喜式内社、旧社格県社以上、総社、一国一社八幡宮、神社本庁の別表神社。
③関東なら鎌倉、やっぱり京都・奈良、チャンスがあれば憧れの熊野・四国・九州。

■2022年は、良かった寺社を再訪しながら、日本各地(目標:47都道府県)を廻ってみたいと思っています~♪ (^▽^)/

(1月)東京都、三重県、岐阜県、愛知県 
(2月)静岡県 
(3月)山梨県、沖縄県 
(4月)滋賀県、福岡県、長野県、兵庫県、岩手県
(5月)埼玉県
(6月)長野県、北海道
(7月)(東京都)
(8月)富山県、(岐阜県)
(9月)(東京都)、(岩手県)、青森県
(10月)福井県
(11月)(福岡県)

惣一郎さんの投稿をもっと見る

ホトカミ見ました! で広がるご縁

ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば住職さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
住職さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
一心寺の投稿をもっと見る55件
コメント
お問い合わせ