御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※渋川神社ではいただけません
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

garu
2018年02月18日(日)
614投稿

丁度式年遷宮をされている時で、社殿は改築修繕に入ろうとしているところでした。
ですので拝む場所も手前に出張中(笑)
JR八尾駅傍にある大きな神社さんですが、中の楠は樹齢千年を超すと言われている大楠があります。
元々は旧大和川の傍にあったらしいのですが、この地は度々水害が起こっている地域なので、流されてしまったらしいんです。
で、物部氏・中臣氏・忌部氏の祖神が祀られているという事でこの一族が移転し社殿を立て直したという事です。
古神道の祖とされる物部・忌部の両氏が関わっているというだけでもこの地が古いというのが分かってしまいますよね。
元々八尾と言うのは物部氏の本拠地とされる地域で、この辺りから弥生時代の集落跡も発掘されている地域ですので、それも当然かと。

ちなみに、天忍穂耳尊(アメノオシホミミ)と言うのは『古事記』では天照大神とスサノウ尊との兄弟げんかの際、子供を産みまくったという話があるんですが、、スサノオがアマテラスの勾玉を譲り受けて生まれた五皇子の長男で、勾玉の持ち主であるアマテラスの子としている神様で農耕神とされています。
『日本書紀』ではちょっと情けない話が(笑)
ご祭神の一人、饒速日命(ニギハヤヒノミコト)の父親とされるんですが、天照大神から「中つ国」を平定しておいでと言われたのに、なんか怖いから嫌だと言って行かなかったらしいです(笑)その後国譲りが行われた時、もう一度行ってこいと言われたんですがやっぱり怖いからと息子の饒速日命を行かせましたと言う話が(笑)

渋川神社の鳥居渋川神社の本殿

本殿

渋川神社の本殿

出張(?)参拝所

渋川神社の末社

摂社(右から皇大神宮・春日社・浮島社・琴平社・厳島社)

渋川神社の末社

竜王大神

渋川神社の末社

正一位稲荷(玉姫稲荷・市川稲荷・栄多原龍王・依(佐かもしれません)代姫稲荷・姫老稲荷)

渋川神社の自然

大楠(天然記念物)

渋川神社の歴史渋川神社の歴史渋川神社の自然
もっと読む
投稿をもっと見る(3件)

歴史

創建の年月は不明。 かつて飛鳥時代に本地域を本拠地としていた物部守屋の渋河の家の跡ともいわれている。
もとは旧大和川の東側の字川向にあったが、天文3年(1533年)の大洪水で境内全域を流失。 この時、浮島神社は数kmほど北の茨田郡新田村に漂着した。その後元亀2年(1572年)、お旅所のあった現在地に再建された。

歴史をもっと見る|
2

渋川神社の基本情報

住所大阪府八尾市植松町3-3-6
行き方

JR大和路線 八尾駅から徒歩約5分。 駅のすぐ南に位置する。

アクセスを詳しく見る
名称渋川神社
読み方しぶかわじんじゃ
御朱印あり

限定御朱印なし
ホームページhttp://shibukawa-jinja.com
SNS

詳細情報

ご祭神《主》天忍穂耳尊,饒速日尊,国狭槌尊,日高大神,菅原大神
ご由緒

創建の年月は不明。 かつて飛鳥時代に本地域を本拠地としていた物部守屋の渋河の家の跡ともいわれている。
もとは旧大和川の東側の字川向にあったが、天文3年(1533年)の大洪水で境内全域を流失。 この時、浮島神社は数kmほど北の茨田郡新田村に漂着した。その後元亀2年(1572年)、お旅所のあった現在地に再建された。

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー