御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
Amazonギフト券があたる!投稿キャンペーン開催中

さいにますおおみわあらみたまじんじゃ(さいじんじゃ)

狭井坐大神荒魂神社(狭井神社)の御由緒・歴史

奈良県 三輪駅

投稿する
0744-42-6633(大神神社)

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

ご祭神《主祭神》
大物主大神荒魂神(おおものぬしのおおかみのあらみたまのかみ)
《配祀神》
大物主神(おおものぬしのかみ)
媛蹈鞴五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめのみこと)
勢夜多々良媛命(せやたたらひめのみこと)
事代主神(ことしろぬしのかみ)
ご神体三輪山
創建時代垂仁天皇の御代
ご由緒

当神社は、第十一代垂仁天皇の御世(約2000年前)に創祠せられ、御本社大神神社で大物主神「和魂」をお祀りしているのに対して、「荒魂」をお祀りしています。
「荒魂」とは進取的で活動的なおはたらきの神霊で、災事などに顕著なおはたらきをされます。特に心身に関係する篤い祈りに霊験あらたかな御神威をくだされ、多くの人々から病気平癒の神様として崇められています。
今「くすり祭り」と知られる鎮花祭は、西暦834年の『令義解』に「春花飛散する時に在りて、疫神分散して癘を行ふ。その鎮遏の為必ず此の祭あり。故に鎮花といふ也。」と記され、万民の無病息災を祈る重要な国家の祭として定められています。予って、別名、華鎮社・しずめの宮と称されています。
又、御社名の「狭井」とは神聖な井戸・泉・水源を意味し、そこに湧き出る霊泉は太古より「くすりの水」として信仰の対象となっています。[狭井神社由緒書きより]

歴史の写真一覧

行きたい
投稿する
お問い合わせ

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

めめ小バナー