御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

たてりこうじんしゃ

立里荒神社のお参りの記録一覧

奈良県 大和二見駅

神祇伯
2020年05月30日(土)
1014投稿

京都の愛宕さんとともに台所、竈の神さまとして信仰されている荒神さん。全国に神社がありますが、その中でも日本三荒神として有名なのがここ、立里荒神社さんです。

立里荒神社の鳥居

《一の鳥居》
入り口前には駐車場と土産屋があります。

立里荒神社の景色

《奈良の山脈たち》
鎮座する荒神岳は標高1260mあり、紀伊半島のほぼ中心に位置するそうです。
山道を登ることになりますが、正直奈良より和歌山の高野山側から登った方が、気持ち道のくねりが少ないのでおすすめです。

立里荒神社の鳥居

《表参道①》
右手には食堂があります。

立里荒神社の本殿

《祈願殿》
こちらで祈祷、守札や御朱印を受けることができます。
優しい神主さんが応対してくださり、この神社までの道のりさえも修行であると仰ってました。
ほんとその通りです。

立里荒神社の手水

《手水舎》
コロナの影響かまだ使えませんでした。

立里荒神社の鳥居

《表参道②》
参道は社殿までずっと鳥居がずらっと並んでいます。
伏見稲荷大社と同じように奉納されたもののようですが、木の身木のままで神明鳥居です。

立里荒神社の末社

《末社・五社神社》

立里荒神社の歴史

《由緒書き》
荒神さまとは日本の民間信仰の一つで、神社、祠さえない道祖神や自然神などを個々に祀ったもので、後世の仏教の伝来で三宝荒神と習合して竈の神として信仰されるようになりました。

立里荒神社の本殿

《拝殿》
☆チェックポイント!!
当社は弘法大師空海さんが高野山を開山したとき伽藍繁昌密教守護として三宝荒神さまを祀ったのが始まりとされており、密教の隆盛とともに信仰が高まりました。高野山の奥社ともいわれています。

立里荒神社の授与品その他

《授与品》
御朱印と神札、厄除の御守りをうけてきました。
神札は御神宝の剣になぞらえて剣札というもので、荒神さまを頒布している諸神社でも同じ形式をとっていたりします。

もっと読む
行きたい
投稿する
お問い合わせ

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中