御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

ひろせたいしゃ

廣瀬大社の御由緒・歴史

奈良県 法隆寺駅

投稿する
0745-56-2065

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

ご祭神若宇加能売命(わかうかのめのみこと)
創建時代崇神天皇九年
創始者崇神天皇
ご由緒

崇神天皇9年(前89年)廣瀬の河合の里長に御信託があり、沼地が一夜で陸地に変化し、橘が数多く生えた。このことが天皇に伝わり、この地に社殿を建て祀られるようになる。

歴史
歴史[編集] 鎮座地は、高田川と一緒になった曽我川・大和川・飛鳥川など奈良盆地内を流れる河川のほとんどが合流する地点であり、このことから水神を祭る。社伝では、崇神天皇9年、広瀬の河合の里長の廣瀬臣藤時に託宣があり、水足池と呼ばれる沼地が一夜で陸地に変化し橘が数多く生えたことが天皇に伝わり、その地に大御膳神として社殿を建てて祀ったのに始まるとしている。龍田の風神・広瀬の水神として並び称された。『日本書紀』天武天皇4年(675年)4月10日条には風神を龍田立野に、大忌神を広瀬河曲に祀ったとの記述があり、これが4月・7月に行われる廣瀬大忌祭の起源とされている。 延長5年(927年)成立の『延喜...Wikipediaで続きを読む
引用元情報廣瀬大社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%BB%A3%E7%80%AC%E5%A4%A7%E7%A4%BE&oldid=90913076

歴史の写真一覧

行きたい
投稿する
お問い合わせ

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

めめ小バナー