御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

ほうりゅうじ|聖徳宗

法隆寺の御由緒・歴史

奈良県 法隆寺駅

投稿する
0745-75-2555

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

ご由緒

その創建の由来は、「金堂」の東の間に安置されている「薬師如来像」の光背銘や『法隆寺伽藍縁起并流記資財帳』(747)の縁起文によって知ることができます。
それによりますと、用明天皇が自らのご病気の平癒を祈って寺と仏像を造ることを誓願されましたが、その実現をみないままに崩御されたといいます。そこで推古天皇と聖徳太子が用明天皇のご遺願を継いで、推古15年(607)に寺とその本尊「薬師如来」を造られたのがこの法隆寺(斑鳩寺とも呼ばれています)であると伝えています。

歴史
歴史[編集] 金堂と五重塔 西院回廊と大講堂 銅造薬師如来像(金堂) 銅造釈迦三尊像(金堂) 木造四天王像のうち増長天(金堂) 聖霊院 夢殿 (参考画像)東武ワールドスクウェアにある法隆寺西院伽藍の模型。回廊の南面に中門を配し、回廊内には東に金堂、西に五重塔を配す。これらの背後に見える入母屋屋根・単層の建物は大講堂、その手前左右にある切妻屋根・楼造の小建物は鐘楼(東)と経蔵(西)。 木造観音菩薩像(救世観世音菩薩、夢殿安置) 卍字崩し高欄と人字形割束(中門) 雲肘木(中門) 創建[編集] 法隆寺がある斑鳩の地は、生駒山地の南端近くに位置し、大...Wikipediaで続きを読む
引用元情報法隆寺」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E6%B3%95%E9%9A%86%E5%AF%BA&oldid=91601306

歴史の写真一覧

行きたい
投稿する
お問い合わせ

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中