御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※興福寺 南円堂ではいただけません

こうふくじ なんえんどう|法相宗

興福寺 南円堂

奈良県 近鉄奈良駅

投稿する
0742-22-7755

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印・御朱印帳

御朱印 (5種類)

興福寺 南円堂では5種類の御朱印がいただけます

  • 南円堂の御朱印
  • 南円堂御詠歌の御朱印
  • 令興福力の御朱印
  • 一言観音堂の御朱印
  • 一言観音堂御詠歌の御朱印

南円堂の御朱印

300円

真ん中に力強い筆で「南円堂」と墨書きされ、梵字印が重ねられています。
左下の「興福寺」の文字の下に「興福寺南円堂」の印が押されています。

南円堂御詠歌の御朱印

300円

梵字印が真ん中に押され、その上に
「春の日は 南円堂に かがやきて 三笠の山に 晴るるうす雲」
と御詠歌が柔らかい字で墨書きされています。
※暖かい春の日のような観音さまの心が、この南円堂には輝いています。三笠山にうすい雲がかかっているけれども、観音さまにおすがりすれば、やがて心の雲も晴れるでしょう

一言観音堂の御朱印

300円

右上の押された「大職冠持佛」の印は、興福寺を建てた中臣(藤原)鎌足が朝廷から賜った「大職冠」から。
真ん中に「一言観世音」と書かれた梵字印の上に「一言観音」と墨書きされています。
※一言観音は「お願いを一言だけ叶えてくださる」、という伝承があります

一言観音堂御詠歌の御朱印

300円

真ん中に真ん中に「一言観世音」と書かれた梵字印が押されています。
「たのもしく あゆみをはこべ そのこその ねがひもすてぬ ちかひりませは」
※真摯に祈りを捧げれば、たった1つだけだけど願いを必ず叶えてくださる頼もしい仏様

令興福力の御朱印

300円

右上の「参拝」の文字に「世界文化遺産」の印が重ねられ、真ん中に「令興福力」の墨書きの下に梵字印が押されています。
※令興福力(りょうこうふくりき)とは寺名のもとになったお経の言葉です

授与場所・時間

御朱印は南円堂納経所でいただけます。
受付時間は9時~17時(最終受付16時半)
※御朱印帳は興福寺勧進所でいただけます

詳細は公式サイトをご確認ください。

御朱印をもっと見る|
137
御朱印について
御朱印
あり

通常拝受できるのは、南円堂御本尊と御詠歌、一言観音堂御本尊と御詠歌、寺名の由来になったお経の言葉「令興福力」の5種類です。北円堂が開扉中のみ北円堂の御朱印がいただけます。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

普通車46台
バス16台

おすすめの投稿

nomuten
2021年11月24日(水)
454投稿

今回は奈良市内の寺院巡りです。秋の特別拝観が各寺院で行われていますので行きました。併せて、特別展(正倉院展)が終って空いているだろう奈良国立博物館の「なら仏像館」へも行きました。
先ず1寺目は言わずと知れた大寺院、あの阿修羅像を所蔵している興福寺です。
法相宗で、本尊は釈迦如来。
(ホトカミさんでは興福寺を選ぼうとする際に各お堂毎に選べるため、今回は頂いた御朱印に合わせて南円堂で入力しています。)

興福寺では今年10/9~11/23の期間に五重塔初層内陣特別拝観を行っています。来春も計画されていますが、このご時世では何が起こるかわからないので今年の内にと参拝しました。(来年2022年は3/1~3/31の予定)
五重塔初層内陣には心柱を中心に塔本四仏=東方の薬師如来、南方の釈迦如来、西方の阿弥陀如来、北方の弥勒如来と両脇侍の計12躯の仏像が祀られておりそれらの仏像と心基に立つ心柱の最下部分も観ることができて良かったです。拝観料は1000円ですが護符を頂きました。
それから南円堂で手を合わせて、南円堂前の納経所で西国三十三所観音霊場第9番の御朱印を頂きました。(ちなみに南円堂の開扉は毎年10/17の1日のみ)
また、久し振りに阿修羅、他の国宝仏に逢いたくなりましたので、国宝館も拝観しました。

興福寺をあとにして、奈良国立博物館へ。
興福寺の東側に奈良国立博物館があり、その中の「なら仏像館」には国宝仏を含め多数の仏像が展示されています。入場料を払おうと思ったら、なんと関西文化の日で常設展が無料に。めっちゃラッキー。(日頃の行いがいいから?)
金峯山寺 仁王門の高さ5mの金剛力士像も仁王門修理のため展示されており写真撮影可でした。

興福寺 南円堂の御朱印

御朱印(軸装納経帳)

興福寺 南円堂の建物その他興福寺 南円堂(奈良県)

頂いた護符

興福寺 南円堂の塔

五重塔(国宝)

興福寺 南円堂の建物その他

東金堂(国宝)

興福寺 南円堂(奈良県)

中金堂

興福寺 南円堂の建物その他

南円堂(重文)

興福寺 南円堂の本殿興福寺 南円堂(奈良県)

一言観音堂

興福寺 南円堂の建物その他

北円堂(国宝)

興福寺 南円堂の建物その他

三重塔(国宝)

興福寺 南円堂(奈良県)

手水

興福寺 南円堂の建物その他

不動堂

興福寺 南円堂の建物その他

国宝館

興福寺 南円堂の山門

本坊の門

興福寺 南円堂の周辺

奈良国立博物館

興福寺 南円堂(奈良県)興福寺 南円堂の像興福寺 南円堂の仏像
もっと読む
のぶさん
2022年08月30日(火)
1210投稿

南円堂は「西国三十三所」の第九番札所として人々の参拝が多い御堂です。この堂は弘仁4年(813)藤原冬嗣(ふゆつぐ)が父の内麻呂(うちまろ)追善のために建立しました。基壇築造の際には地神を鎮めるために、和同開珎や隆平永宝を撒きながら築き上げたことが発掘調査で明らかにされました。また鎮壇には弘法大師空海が大きく関わったことが伝えられています。当時の興福寺は藤原氏の氏寺でしたが、藤原氏の中でも摂関家となる北家の力が強くなり、北家の内麻呂・冬嗣親子ゆかりの南円堂は興福寺の中でも特殊な位置を占めました。本尊である不空羂索観音菩薩(ふくうけんさくかんのんぼさつ)が身にまとう鹿皮(ろくひ)は、神に仕える鹿への信仰、つまり氏神である春日社との関係により、藤原氏の強い信仰を集めました。現在の建物は創建以来4度目のもので、寛保元年(1741)に立柱、寛政元年(1789)に再建されました。再建には古代・中世の北円堂などの円堂を参考にしたと考えられていますが、正面(東)には間口1間・奥行2間の「拝所」があり、唐破風(からはふ)が付いているなど、江戸時代の細部様式もよく表しています。

 現在の内陣には本尊の不空羂索観音菩薩坐像を中心に、四天王立像、法相六祖坐像が安置され、これらは全て慶派仏師の康慶(こうけい)一門による制作とされています。

興福寺 南円堂の建物その他興福寺 南円堂(奈良県)
もっと読む
投稿をもっと見る(94件)

興福寺 南円堂の基本情報

住所奈良県奈良市登大路町48
行き方

近鉄奈良線近鉄奈良駅東口より徒歩5分
JR奈良線奈良駅東口より徒歩14分

アクセスを詳しく見る
名称興福寺 南円堂
読み方こうふくじ なんえんどう
参拝時間

9:00~17:00

御朱印あり

通常拝受できるのは、南円堂御本尊と御詠歌、一言観音堂御本尊と御詠歌、寺名の由来になったお経の言葉「令興福力」の5種類です。北円堂が開扉中のみ北円堂の御朱印がいただけます。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0742-22-7755
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.kohfukuji.com/
絵馬あり

詳細情報

ご本尊御本尊は不空羂索観音菩薩像、法相六祖坐像、四天王像(以上いずれも国宝)
宗旨・宗派法相宗
ご由緒

西国三十三所観音霊場の第九番札所です。
 弘仁4年(813)に藤原冬嗣(ふゆつぐ)が父内麻呂(うちまろ)の冥福を願って建てた八角円堂。創建以来4度目の建物で、寛政元年(1789)頃に再建。

体験世界遺産御朱印国宝札所・七福神巡り

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー