御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年8月※采女神社ではいただけません

うねめじんじゃ

采女神社

奈良県 近鉄奈良駅

投稿する
采女祭保存会(奈良市観光協会内)0742-27-8866 ※平日のみ

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
なし
パーキング
駐車場
-

采女神社について

猿沢の池の傍にある采女祭で有名な小社

おすすめの投稿

投稿をもっと見る(6件)

歴史

猿沢池の西北の隅に鳥居を背にした珍しい後ろ向きの神社があります。 これが采女神社で『大和物語』によりますと「奈良時代に帝に仕えていた采女(後宮で帝の給仕をする女官の職名)が、帝のご寵愛が衰えたのを嘆いて猿沢池の池畔の柳に衣を掛け、入水したので、その霊を慰めるために社を建てた。しかし、采女は我が身を投じた池を見るにしのびないと一夜のうちに社を後ろ向きにした。」と伝えられています。

歴史をもっと見る|
7

采女神社の基本情報

住所奈良県奈良県奈良市樽井町1
行き方

(猿沢池)近鉄奈良駅から徒歩約5分、JR奈良駅から徒歩約15分。

アクセスを詳しく見る
名称采女神社
読み方うねめじんじゃ
電話番号采女祭保存会(奈良市観光協会内)0742-27-8866 ※平日のみ
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご由緒

猿沢池の西北の隅に鳥居を背にした珍しい後ろ向きの神社があります。 これが采女神社で『大和物語』によりますと「奈良時代に帝に仕えていた采女(後宮で帝の給仕をする女官の職名)が、帝のご寵愛が衰えたのを嘆いて猿沢池の池畔の柳に衣を掛け、入水したので、その霊を慰めるために社を建てた。しかし、采女は我が身を投じた池を見るにしのびないと一夜のうちに社を後ろ向きにした。」と伝えられています。

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
慈眼寺リリー小バナー2