御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

さるたひこじんじゃ(どうそじんじゃ)

猿田彦神社 (道祖神社)

公式奈良県 近鉄奈良駅

御朱印について
御朱印
なし
パーキング
駐車場
-

ご利益

猿田彦神社 (道祖神社)について

往古より道祖神、賽神・妻神、開運の神として近在の信仰を集め、商売繁盛、開運招福、良縁・安産の神として名高い。
古歌に、本社に願をかけた『村のよめ 道祖神に 願をかけ』(明和年間)というものがある。

おすすめの投稿

投稿をもっと見る(14件)

歴史

平城天皇の御代に元興寺境内に創祀されたと伝わる。宝徳2年(1450年)元興寺の大火後、再々の火難に類焼し、現在の小祠となった。
一説には、橘奈良麻呂の乱で無実の罪で獄死した道祖王の怨霊を恐れ、祀られたのが始めともいう。

歴史をもっと見る|
4

猿田彦神社 (道祖神社)の基本情報

住所奈良県奈良市今御門町1
行き方
アクセスを詳しく見る
名称猿田彦神社 (道祖神社)
読み方さるたひこじんじゃ(どうそじんじゃ)

詳細情報

ご祭神猿田彦命,市寸島姫命
ご由緒

平城天皇の御代に元興寺境内に創祀されたと伝わる。宝徳2年(1450年)元興寺の大火後、再々の火難に類焼し、現在の小祠となった。
一説には、橘奈良麻呂の乱で無実の罪で獄死した道祖王の怨霊を恐れ、祀られたのが始めともいう。

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
慈眼寺リリー小バナー2