参拝者と神社お寺でつくる参拝記録共有サイト楽しみ方

だいほうじ

国宝霊場 大法寺の歴史長野県 別所温泉駅

「見返りの塔」で有名な国宝三重塔

大法寺は今から約1300年前の奈良時代に建てられた長い歴史のあるお寺です。長野県の奥地にありながら、お寺が建てられた当時から奈良や京都との交流がありました。

そのため「見返りの塔」の名で親しまれている国宝三重塔や国内最初期のしゃちほこ、「真田幸村愛用の茶釜」など、貴重な文化財が多く残っています。

奈良時代に建てられた長い歴史のあるお寺

大法寺は、今から1300年前の奈良時代に、大化の改新で有名な中臣鎌足(藤原鎌足)の長男・定恵によって建てられた、とても長い歴史のあるお寺です。
大法寺の近くを通る東山道という古い街道の駅寺として建てられました。

それから約100年後、坂上田村麻呂の祈願をきっかけに、当時の天台宗のトップが再び大法寺を盛り上げました。
室町時代から江戸時代までは、戸隠山観修院の末寺となっていました。

奈良時代から仏教の信仰が根付く土地

大法寺がある長野県青木村は『日本霊異記』という平安時代の仏教説話集にも登場するなど、奈良時代から仏教の信仰が根付いていた土地です。

また『政治要略』や『延喜式』では塩原牧、『吾妻鏡』では浦野庄と記されており、古くから周辺の有力者たちの信仰を集めていました。

京都や奈良にも並ぶ文化財

国宝に指定されている三重塔をはじめ、十一面観音像などの国指定重要文化財3点、長野県宝1点など、大法寺にはたくさんの文化財が残っています。

長野県の奥地にありながら、東山道を通じて伝わった奈良や京都にも並ぶ歴史を感じることができます。

国宝霊場 大法寺の歴史情報

詳細情報

ご本尊釈迦如来(本堂)、十一面観音(観音堂)、大日如来(三重塔)
創建時代大宝年間(701-704年)
開山・開基藤原定恵(中臣鎌足の息子)
ご由緒

大法寺が近くに存在した東山道の浦野駅に関係する寺として創建された信州でも有数の古刹であります。
平安時代に周辺地域が牧場として栄えたことから、大法寺は牧場関係者による崇敬を受け、重要文化財に指定されている十一面観音菩薩立像、普賢菩薩立像などはこの間に造られました。
鎌倉時代に入いると大法寺は、周辺に住んだ有力地頭による崇敬を受け、国宝に指定されている三重塔や、重要文化財に指定されている厨子、須弥壇などが寄進されました。

歴史の写真一覧

ホトカミを応援してくださっている皆様

特別スポンサー

何かお気づきの点はありますか?
東京メトロ御朱印めぐり2021小バナー