御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年3月
千石稲荷大明神ではいただけません
広告

せんごくいなりだいみょうじん

千石稲荷大明神
長野県 長野(JR)駅

パーキング
駐車場
なし

なし

御朱印について
御朱印
なし
ありません

歴史

古くは善光寺平に農耕が始まったときに遡り、その名も知れぬままこの地域の農耕の神として広く信仰されていたもので、昭和十五年、駅前土地区画整理組合から、敷地の提供を受けて現代の地に定着しました。
千石の名は、古くから善光寺領の石高を千石と言われ、またこの稲荷神社の地が千歳町、石堂町、末広町に挟まれた位置にふさわしい縁起の良い名で知られております。戦国稲荷は農耕、商いの神として有名な伏見稲荷の御分身として、地名の千歳(長寿、病気平癒)石堂(家内安全、身体健全)末広(家運隆盛、商売繁昌)の名に稲荷(実る)の願望が叶うという意味が千石稲荷の名に織り込んだものです。昔より、千石とは収穫の多きを意味し、千石船など豊かな感じを表現する名として使われております。

歴史をもっと見る|
1

千石稲荷大明神の基本情報

住所長野県長野市大字南長野南石堂町
行き方

JR長野駅より徒歩

アクセスを詳しく見る
名称千石稲荷大明神
読み方せんごくいなりだいみょうじん
参拝料

なし

トイレなし
御朱印なし

詳細情報

ご祭神稲荷神
創建時代昭和十五年
ご由緒

古くは善光寺平に農耕が始まったときに遡り、その名も知れぬままこの地域の農耕の神として広く信仰されていたもので、昭和十五年、駅前土地区画整理組合から、敷地の提供を受けて現代の地に定着しました。
千石の名は、古くから善光寺領の石高を千石と言われ、またこの稲荷神社の地が千歳町、石堂町、末広町に挟まれた位置にふさわしい縁起の良い名で知られております。戦国稲荷は農耕、商いの神として有名な伏見稲荷の御分身として、地名の千歳(長寿、病気平癒)石堂(家内安全、身体健全)末広(家運隆盛、商売繁昌)の名に稲荷(実る)の願望が叶うという意味が千石稲荷の名に織り込んだものです。昔より、千石とは収穫の多きを意味し、千石船など豊かな感じを表現する名として使われております。

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ