御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
Amazonギフト券があたる!投稿キャンペーン開催中
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2023年2月※母智丘神社ではいただけません

もちおじんじゃ

母智丘神社

宮崎県 五十市駅

投稿する
0986-22-2133

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
ありません
パーキング
駐車場
あり

有ります。

おすすめの投稿

akipy-vst
2021年05月10日(月)
344投稿

母智丘神社(もちおじんじゃ)

旧社格:縣社
御祭神:豊受昆売神、大年神、石峯稲荷明神、稚産霊神

御朱印はありますが、
どうやら平日は無人のようなので土日に行かれた方が良いかと・・・

今回御朱印帳を忘れたので頂けませんでした。

こちらは以前来たことがあるのですが、
その時は花見(桜)がメインだったので再度参拝。

母智丘神社(宮崎県)

二の鳥居。

一の鳥居はここから1.5kmほど離れています。
その間は桜並木が続きます。

母智丘神社の周辺

こちらはその時の写真です。
宮崎県では唯一「日本さくら名所100選」に選定されています。

母智丘神社の建物その他

参道階段。
二の鳥居右側から狭いながらも道がありますので
神社近くまで車で行くことも可能です。

母智丘神社の建物その他母智丘神社の手水母智丘神社の本殿

御社殿

母智丘神社の本殿母智丘神社の建物その他

本で裏手に稲荷神社があるので周ってみます。

母智丘神社の建物その他

陽石

母智丘神社の末社

割石

母智丘神社の建物その他

陰石

母智丘神社の建物その他

ワニ石

母智丘神社(宮崎県)母智丘神社の鳥居母智丘神社の狛犬母智丘神社の末社

石峯稲荷

母智丘神社(宮崎県)母智丘神社の建物その他

さらに展望台へと周ります。

母智丘神社(宮崎県)母智丘神社の景色

展望台からの眺め。

この日宮崎は30℃越えで、暑くてTシャツ1枚でバイクに乗ってました。

もっと読む
裕遊抄uusho
2020年03月10日(火)
1351投稿

旧県社です。
創祀は詳らかではなく、古くは石岑稲荷明神と称されていたとのことです。
その名称どおり、小高い丘の上に鎮座されており、特別視されている大岩がごろごろとしています。
拝しどころ、見どころ満載です。
感謝です!!拝。

母智丘神社の鳥居母智丘神社の建物その他母智丘神社の建物その他母智丘神社の建物その他母智丘神社の鳥居母智丘神社の建物その他母智丘神社の本殿母智丘神社の本殿母智丘神社の本殿母智丘神社の末社母智丘神社の建物その他

陽石-安産と縁結びの神石とされているそうです

母智丘神社の末社母智丘神社の末社

陰石-安産と縁結びの神石とされているそうです。祈願水をかけると願い事がかのうとされているとのことです。

母智丘神社の建物その他母智丘神社の建物その他

割裂神石-割石とも称し、その割れた一部は、延喜式内社とされている東霧島神社にある神石であると言われているとのことです。タカオカミノカミを祀った神石で昔からこの付近を掘り荒らすと大雨が降ると言い伝えられているとのことです。

母智丘神社の末社

石岑稲荷大明神-稲荷大石の佐雄に出入口の穴があり、その奥には昔、崇敬者を教え導いたという白狐の巣であり、その白狐を祀ったとのことです。

母智丘神社の末社母智丘神社の末社母智丘神社の末社
もっと読む
投稿をもっと見る(9件)

歴史

祭神と由緒
 このお社はもと石峰稲荷明神といって、丘の頂きに大きな神石があり、巌の下には洞穴もあって白狐が住むといわれ、牛馬の加護はもとより、万能の神様として霊験あらたかなお社でありました。
 たまたま明治三年上荘内郷の地頭となった三島通庸が一大修理を加えて社殿を改築し、祭神も豊受姫神、大年神と定め、また四方からの参道を便利にして庄内郷の総鎮守としました。
その後参道には町の篤志家によってよしの桜が植えられ、花どきにもなれば一大花のトンネルとなり、西日本一を誇るさくらの名所と呼ばれるようになりました。お社の例祭や花どきには祭神の御神徳と花の美しさに魅せられれた善男善女が踵を接して足の踏み場もないほどにぎわいを呈します。
 ところが年を経て鳥居や付属の建物も古くなり、改築の要に迫られていましたが、氏子はもとよりみなさまのご芳志によって神域がみちがえるようにきれいに整い、神の威光がいやましに高まりました。これからいよいよ神様のご加護を期待する善男善女が日増しにふえることでしょう。

歴史をもっと見る|
2

母智丘神社の基本情報

住所宮崎県都城市横市町6691
行き方
アクセスを詳しく見る
名称母智丘神社
読み方もちおじんじゃ
トイレあり
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳なし
電話番号0986-22-2133
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
お守りあり

詳細情報

ご祭神豐受毘賣神
ご由緒

祭神と由緒
 このお社はもと石峰稲荷明神といって、丘の頂きに大きな神石があり、巌の下には洞穴もあって白狐が住むといわれ、牛馬の加護はもとより、万能の神様として霊験あらたかなお社でありました。
 たまたま明治三年上荘内郷の地頭となった三島通庸が一大修理を加えて社殿を改築し、祭神も豊受姫神、大年神と定め、また四方からの参道を便利にして庄内郷の総鎮守としました。
その後参道には町の篤志家によってよしの桜が植えられ、花どきにもなれば一大花のトンネルとなり、西日本一を誇るさくらの名所と呼ばれるようになりました。お社の例祭や花どきには祭神の御神徳と花の美しさに魅せられれた善男善女が踵を接して足の踏み場もないほどにぎわいを呈します。
 ところが年を経て鳥居や付属の建物も古くなり、改築の要に迫られていましたが、氏子はもとよりみなさまのご芳志によって神域がみちがえるようにきれいに整い、神の威光がいやましに高まりました。これからいよいよ神様のご加護を期待する善男善女が日増しにふえることでしょう。

体験おみくじ絵馬御朱印お守り

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー