御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

ののみやじんじゃ

野宮神社の御由緒・歴史

京都府 トロッコ嵐山駅

投稿する
075-871-1972

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

ご祭神《主》野宮大神(天照皇大神)
ご由緒

伊勢の神宮に奉仕する内親王が潔斎のために居住された跡で、今三つの祠があり、中央に天照大神を祀り、左右に愛宕、弁財天神を祀っている。
歴代天皇は未婚の皇女を神宮に奉仕せしめられ、これを斎宮といった。斎宮に立たれる内親王は、まず皇居内の初斎院で一年余り潔斎の後、初めて伊勢に向かわれたが、その時の行列を斎宮群行といった。斎宮は垂仁天皇の時に皇女倭姫命をして奉仕せしめられたのが始まりで、その後北朝時代(14世紀後半)に廃絶した。
野宮は源氏物語にも現れ、謡曲、和歌などに詠われているが、黒木の鳥居や小柴垣は昔のままの遺風を伝えるものである。

歴史の写真一覧

行きたい
投稿する
お問い合わせ

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

めめ小バナー