御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

ぎおんどう|浄土真宗・単立

祇園堂からのお知らせ一覧

京都府 東山駅

終わりない道

中川です。

生と死とに向き合う、終わりなき道。

そこは仏道も、いけばなも同じです。

いけばなは、花器にいけてそれで終わりではありません。

その後見てくれる人のこと、そして花のことを思いながら、できる限り養うこともいけばなです。

それでもいつかは花は枯れます。
人それぞれに死に様があるように。

そのしかるべき時に、心を込めて葬ることもいけばななのです。

生かし、養い、葬る。

生と死とに向き合う、終わりない道です。

いけばなが、華道と呼ばれる所以でしょう。 

祇園堂の芸術

「さひわひひと」をたずねるテキスト

中川です。

祇園女御について言及されたテキストを引用・ご紹介します。

まず、このように900年以上もの時を経て、彼女について記述されたテキストを現代に読めることへの感動を禁じ得ません。先代の研究者の方々の多大なる努力に、敬意と感謝を表します。

祇園女御の「女御」は通称であり、
正式に女御の身位の宣旨は下っておりません。

それでも尚、下記のように「天下美麗過差」と人々の耳目を驚かす豪華絢爛な阿彌陀堂を建立できた彼女は、
美貌だけでなく、何か他にも強く人を惹きつける力があったと思わずにはいられません。
その力は何であったのか。
機会があれば私の作業仮説を述べたいと思います。

(引用開始)長治二年十月

廿六日、庚虎、天晴、今日尊勝寺阿彌陀堂御佛初安置云々、
今日、号院女御之人、於祇園南邊建立一堂展供養筵、天下美麗過差、人驚耳目云々、
後聞、件堂供養儀、眞言供養、以範俊法務爲讚廿人、公卿、右衛門督宗通卿・權中納言仲實卿・左大弁基綱卿・源宰相能俊卿・修理大夫顯季、已上直衣、院殿上人皆参、束帶、申剋許事了、公卿以下取布施、女房(以下脫)
件堂祇園巽角立一堂、安置丈六阿彌陀佛、堂莊嚴躰錺金銀滿珠玉、華麗之甚不能記盡云々… (引用終わり)

藤原宗忠『中右記』より引用しました。

南無阿弥陀仏
合掌

京都検定

祇園堂の寺務の中川です。
先日、京都検定3級に合格しました😊✨
神様の御加護と皆様のご指導のお陰様です。ありがとうございます🙏💕八坂神社と菅原院天満宮にお礼参りに行ってきました!⛩ そして、「合格出来なかったらどうしよう…」って思ったときも、「仏様は、そんな私でも救ってくださる」と思うと、楽になりました。仏様にも、ありがとうございます🙏✨南無阿弥陀仏

祇園堂(京都府)

にゃむあみだぶちゅ

にゃむあみだぶちゅ。
あみださまのまえでは、ねこもねずみもひともみなおなかまなのです。

一切衆生悉有仏性
山川草木悉皆成仏
南無阿弥陀仏

合掌

祇園堂(京都府)

祇園女御とは?

【祇園女御とは?】
生没年ともに未詳。
低い身分の生まれでありながらも白河法皇の寵愛を受け、 祇園に邸宅を賜り権勢を誇った 幸運の女性である。

1105年、祇園社の南東に阿弥陀堂を建立。 六丈阿弥陀仏を安置し金銀珠玉で飾り立てられた堂は、「天下美麗過差」として、人々の耳目を驚かせたという(『中右記』)。 自身の幸福のみに飽き足らず、阿弥陀如来を祀り、一切衆生の幸福を願われた、信心深き女性である。

また、7歳の時に実父藤原公実を失った 待賢門院等、不遇の子らを養子として育てた、慈悲深き女性である。
合掌

祇園堂の芸術

逞しく 美しく

祇園の花重様で購入した白菊。
崇徳院御廟(写真左)と祇園女御供養塔(写真右)にお供えしています。
お供えしたのは昨年なのに、昨日確認したところ、未だにどちらの菊も枯れず。
それどころか不思議なことに、祇園女御供養塔に供えた方の菊は、紅く色づいてきています。
合掌

祇園堂の自然

御礼

【祇園堂のゆく年くる年 】
本日をもちましてお開きとさせていただきます。
期間中、皆様におかれましては、数ある寺社の中より弊寺にご参拝下さり、誠に有難うございました。また、ひとかたならぬご支援・御志納を賜り、厚く御礼申し上げます。
弊寺には秘宝も秘仏もございませんが、この初春に、幸い人の御座しました阿弥陀堂にて皆様と結ぶことのできました仏縁こそが弊寺の宝でございます。
また皆様とお会いできる日をたのしみにしております。

むつき立つ 春のはじめに かくしつつ
あひしゑみてば 時じけめやも
(大伴家持)

南無阿弥陀仏
合掌

祇園堂(京都府)祇園堂(京都府)祇園堂(京都府)

花手水

祇園女御供養塔前に手水鉢をお供えしました。

可憐でありながらも品格もある、蘭の花を浮かべてみました。

皆様のご供花もお待ちしております。

お立ち寄りの際は、この地に御座しました幸い人に思いを馳せながら、お愉しみいただけますと幸いです。
合掌

祇園堂の手水祇園堂の手水

死者は眠らない

墓地の惹句としてよく「安らかに眠る」とありますが、弊寺の教義とは異なります。弊寺の教義では、故人は皆、極楽浄土に往き生まれ変わる、つまり【往生】するのです。故人は眠るどころか、浄土から、この世に生きる私たちが救われ、しあわせになれるように、絶えず働きかけて下さるのです。

一人残らず一切衆生を救おうとする阿弥陀如来の働きによって、私たちは皆往生します。この世に生きる私たちはその働きにただ感謝し、ただ称えます。また、私たちが救われしあわせになれるように浄土から働きかけてくださる故人に感謝し、称えます。

弊寺が阿弥陀さまと故人の働きに感謝し称える場として、皆様とご縁がございましたら幸いです。
南無阿弥陀仏 合掌

祇園堂の仏像

弊寺 納骨堂の阿弥陀如来像です。

書き初め

弊寺では15日午前中まで無料で書き初めをご体験いただけます。
納得いくまで何度でも書いてください!
皆様のご奉書をお待ちしております。

祇園堂の建物その他

休館日

1月6,7,8日は休館させていただきます。
よろしくお願い申し上げます。

祇園堂(京都府)

年賀御朱印

今更のお知らせになりすみません。年賀御朱印は朱・白・金の三種の紙でご用意しております。朱・金は書き置きですが、白の紙のものは書き置きと御朱印帳への書き入れ、どちらも承れます。
よろしくお願い申し上げます。

祇園堂の御朱印

鏡餅と仏手柑

本尊に鏡餅と仏手柑を供えております。
仏手柑は仏様の手を思わせる形からその名が付けられたようです。
皆様の初詣をお待ちしております。

祇園堂の仏像祇園堂の授与品その他

謹賀新年

謹んで新春のお慶びを申し上げます。
可愛い繭のねずみさんは、ご参拝者様から賜りました。誠にありがとうございます。
本年も祇園堂を何卒よろしくお願い申し上げます。

祇園堂の建物その他

今年一年 有難うございました

拝啓
大晦日も残すところあと僅かな時間となって参りました。
門徒の皆様、御参拝の皆様におかれましては、本年も祇園堂へのひとかたならぬ御支援・ご愛顧を賜り、誠に有難うございました。
寺の主役は僧侶でも寺務でもなく、皆様であるといっても過言ではありません。
幸い人の御座しましたこの祇園の阿弥陀堂の下に、皆様と仏縁を結べましたこと、誠に有り難うございました。
来たる年も、皆様からのご指導ご鞭撻の程、何卒よろしくお願い申し上げます。
新しき年が皆様にとって幸多き年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

南無阿弥陀仏
合掌

令和元年 大晦日
祇園堂

祇園堂の授与品その他

注連縄

やっと飾れました。注連縄。
なかなかうまく飾れなくて苦戦しました。
でも扉の開閉時に引くべきところを押してまうとすぐ落ちます。

やれやれ。

笑う門には福来る。合掌

祇園堂の建物その他

祇園女御なお着物

蝶紋に八坂社、祇園祭。
祇園女御のために誂えてくれたのかと思うくらいの素敵なお着物です。
一目惚れして購入しました。びっくりするようなお値段です。
祇園堂は、大晦日午後6時より開館予定です。皆様のご参拝を心よりお待ちしております。

祇園堂の芸術

お年玉

初詣の皆様にお年玉を用意しました。先に断っておくと、お金は入っておりません😇
お年玉袋は祇園商店街にございます、祇園のもりた様で購入しました。
南無阿弥陀仏、ひとつひとつ大事に書かせていただきました。
数に限りがございます。平にご容赦下さいませ。
祇園堂は大晦日18時から元旦17時まで開館予定です。皆様のご参拝をお待ちしております。

祇園堂の授与品その他祇園堂の授与品その他

虹 完璧なうつくしさ

今日の昼下がり、美しい虹が空に架かりました。祇園堂3階 法要室から写真を撮りました。 自然は完璧です。合掌

祇園堂の自然祇園堂の自然祇園堂の自然祇園堂の自然

お正月 初詣 限定御朱印

2020年01月01日(水) 00時00分〜

【祇園堂のゆく年くる年】松の内までの初詣限定御朱印のデザイン試案です。
生憎データではわかりかねますが「子」と「寿」の字は光沢のある墨液を使っています。
昨今直書を好まれる方が多いとお聞きしましたので、できる限り直書で対応できればと思いますが、まだ不慣れなのと、一人しかいないということで、参拝状況や時間帯によってはお受けできない場合もあるかと存じます。平にご容赦下さいませ。
他にもアイディアが沸いたらデザイン修正・追加していこうと思います。

引き続き何卒よろしくお願い申し上げます。

祇園堂の御朱印

♡大晦日もお正月も、祇園堂へおこしやす♡

♡大晦日もお正月も、祇園堂へおこしやす♡
おことうさんどす。
祇園堂は、本年の皆様からのひとかたならぬご愛顧への感謝と、新年の慶祝の誠を申し上げたく、本年大晦日から新年松の内まで、様々な催しにて皆様の御参拝をお待ち申し上げます。

【開館時間】
令和元年12月31日(大晦日) 午後6時〜令和2年1月1日(元旦) 午後5時

令和2年1月2日〜1月15日 :開館閉館時間は随時各種SNSにてお知らせします。

【行事】
イ. 大晦日〜元旦朝
1. 平成31年、令和元年を振り返る茶話会
(お茶とお菓子・軽食をお出しします)
2. 八坂神社 白朮(をけら)祭 の火で灯した蝋燭で照らす、本尊阿弥陀如来への初詣

ロ. 元旦以降
1. かるた(百人一首)大会
2. 各種お正月遊び
3. 書き初め大会
4. 桜の紙絵馬
5. 令和二年 新年慶祝 限定御朱印の授与
6. 花びら餅のふるまい(限定御朱印 志納者様向け※)
7. 新年の展望を語る茶話会(お茶とお菓子・軽食をお出しします)

ついで参りでも。家族連れでも。待ち合わせでも。
ご自由に、お気軽におこしやす。

何卒よろしくお願い申し上げます。

祇園堂(京都府)

寒桜

おはようございます。祇園堂玄関にいけましたカンザクラの花びらが開いて参りました。幹から手折られたその後も、厳しい寒さの中を水のみで育ち、可憐な花を開く。逞しくありながら、愛らしくもあるその姿は、人の私もこう在りたいと思わせてくれます。合掌

祇園堂の自然祇園堂の自然祇園堂の自然

夜泣きすとただもりたてよ 末の世に 清く盛ふることもこそあれ

灯篭の武勲により白河院から祇園女御を賜った平忠盛。すでに法皇との子を身籠っていた祇園女御から産まれたのは男子であった為、忠盛の子となりました。這うほどまで成長した男子ですが、あまりにも夜泣きをされるので、お聞きになられた白河院はこの歌をお詠みになりました。 「夜泣きをするとしても、忠盛、その子をただ守り育てなさい。後の世には清く盛えることもあるでしょう」

国立国会図書館蔵『平家物語』巻六 「祇園女御」より引用、書写しました。

祇園堂の建物その他

法要室からの眺望・秋

秋は夕暮れ。 祇園堂3階 法要室からの景色です。紅葉黄葉 うつくしく色づいています。

祇園堂の景色祇園堂の景色祇園堂の景色祇園堂の建物その他

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

めめ小バナー