参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

れいめいじんじゃ

霊明神社公式
祇園四条駅

霊明神社公式
祇園四条駅

れいめいじんじゃ

京都府 東山区清閑寺霊山町25
御朱印あり
氏子以外の参拝歓迎

霊明神社について

基本情報

名称霊明神社
読み方れいめいじんじゃ
氏子以外の参拝歓迎
御朱印あり
御朱印帳あり
電話番号075-525-0010
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
メールアドレスinfo@reimeijinja.org
ホームページhttps://www.reimeijinja.org/
SNS

詳細情報

ご祭神天之御中主命・熊野三柱大神
創建時代文化6年(1809年)
創始者村上都愷
ご由緒

 文化六年(一八〇九)八月三日主殿寮の史生徒六位上日向目村上都愷大人が門人および神道有志ののため、徳川幕府の施政下にありながら神道葬祭を断行し、神道信仰素志貫徹を図るため、正法寺の塔頭清林庵所有山林の一千坪を買い受けて霊山神葬地を創設し、同年十一月霊明神社を創建して神道葬祭を始める。
 三代の神主村上都平大人の時、文久二年(一八六二)十一月十八日竹御所(曇華院)に仕える勤王家吉田玄蕃の志により、長州清末藩国学者船越清蔵守愚の墓を建立し、長州藩主の使者と長州藩士の参列のもとに神道葬を営んだ。これが機縁になって長州藩をはじめ殉難志士を当霊山に埋葬祭祀することになった。文久二年(一八六二)十二月十四日神祇伯白川家の古川躬行や津和野藩の福羽美静らの発起により、安政の大獄以降の殉難志士の「報国忠死の霊魂祭」が営まれ、招魂社また靖国神社創建の起源をなすものとなった。
 「死して護国の神となる」「霊山の村上にて皇国の手振りにて葬らることを如何に楽しとせし事ぞ」と霊明神社に葬られ、神霊として祀られることを無上の名誉と思ったのである。明治政府が我が国最初の官祭招魂社の場所と定めた、霊明神社によって志士の神霊を鎮め、慰霊している聖地であったからである。招魂社創建に伴い、霊明神社の約一千八百坪の墓地・境内地が上知となった。

体験
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば神主さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
神主さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、お知らせを投稿しようという気持ちになりますし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。

この神社の情報は、神社の方から提供されている正確な情報です。
最終更新: 2019年11月09日神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!

アクセス

住所東山区清閑寺霊山町25
Googleマップで地図を開く
エリア祇園四条駅
行き方

京都市営バス清水道停留所より徒歩12分

京都府のオススメ

行きたい投稿する