参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

わかみやはちまんぐう

若宮八幡宮の歴史高知県 桟橋通五丁目駅

若宮八幡宮の歴史情報

詳細情報

ご祭神誉田別命 息長帯比売命 宗像三女神
ご由緒

文治元年3月、平氏を檀ノ浦に滅ぼした源頼朝公は、全国に守護・地頭を置き鎌倉幕府の基礎を固めました。同時に、祖父源為義公の冥福を祈り、源家の家運長久を願って京都六條の為義邸跡にあった六條左女牛若宮(ろくじょうさめうしのわかみや 六條左女牛八幡宮)に石清水八幡宮の御神霊を御勧請し、ここに新たに六條若宮八幡宮を御創建されました。
その際、土佐国吾川郡の南部一円を六條若宮の神領地として奉納せられ、神地鎮護の神として現在の地に御創建されたのが若宮八幡宮です。時に文治元年(1185年)12月30日のことでした。

歴史の写真一覧

何かお気づきの点はありますか?