御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年6月
武州柿生琴平神社ではいただけません
広告
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

よしよし
よしよし
2024年06月17日(月)
354投稿

参拝させて頂きました。立派な鳥居があってびっくり。柿生のこんぴらさん。また銭洗辨財天もありコインを洗ってみた。

武州柿生琴平神社(神奈川県)

赤い大鳥居から道を挟んで斜め向かいにあり。か

武州柿生琴平神社(神奈川県)

王禅寺村の名主志村文之丞が1826に讃岐の金刀比羅宮の分霊を勧請し神明社に合祀したとのこと。

武州柿生琴平神社(神奈川県)

結構急な階段

武州柿生琴平神社(神奈川県)

階段登ったところから本殿

武州柿生琴平神社(神奈川県)

手水舎、センサー式

武州柿生琴平神社(神奈川県)
武州柿生琴平神社(神奈川県)
武州柿生琴平神社(神奈川県)

本殿横から

武州柿生琴平神社(神奈川県)

階段上から見る景色

武州柿生琴平神社(神奈川県)

赤い大鳥居

武州柿生琴平神社(神奈川県)
武州柿生琴平神社(神奈川県)

由緒書

武州柿生琴平神社(神奈川県)

手水舎

武州柿生琴平神社(神奈川県)

銭洗辨財天

武州柿生琴平神社(神奈川県)

銭洗辨財天斜めから

武州柿生琴平神社(神奈川県)

銭洗の池

もっと読む
投稿をもっと見る(57件)

歴史

元亀元年(1570年)から祀られていると伝えられており、志村家に代々伝わる古文書によると、1711年以前に伊勢山の地に神明社があった事が記されています。
 その文によると「崇源院様(徳川第二代将軍秀忠の正室)ご繁栄の砌、祈祷所として当村鎮守大神宮を勧請致し、これまで年々伊勢踊、神事祭礼、湯立、神楽等仕え来たり当村の鎮守に御座候」と記されています。その後、文政九年(1826年)、伊勢山の地に志村文之丞によって四国金刀比羅宮の祭神をこの地に勧請し、神明社・琴平社の合社が再建されました。これが琴平神社の起こりであります。
 昭和55年、崇敬者による金刀比羅神の崇敬の思潮が強く打出され、社名を琴平神社と改称。神明社と琴平社の合社相殿のお宮であったため右側に天照皇大御神を左側に琴平大神をお祀り申し上げました。神座は別々の神座となった珍しいものです。
 本殿の境内の手水舎を担った山伏姿の石像は「がまんさん」と呼ばれ地域の人々の信仰をあつめています。 昭和47年以降、王禅寺東5丁目に参集殿、琴平社奥社、御札授与所、社務所、儀式殿、東屋等が次々に築かれ、大黒様戎様の石像物も建造され、 庭内は四季折々の花や樹木が配属されていて、参拝者の憩の場所ともなっています。また、境内には弁財天社(銭洗い弁天)、稲荷社がございます。
 しかしながら平成十九年六月二十六日、残念なことに放火により拝殿が焼失、本殿は蔵造りであったため御神体・御神宝は守られ、儀式殿に仮遷座いたしました。拝殿天井には渡辺崋山筆と伝えられる六十三枚の花鳥山水を描いた板絵がありましたが焼失してしまい、本殿再建に当たって宮司自ら筆をとり復元致しました。そして平成二十三年、皆様からの御奉賛、ご協力により本殿再建が進められ、完成の運びとなりました。六月十二日に本殿遷座祭、六月二十六日に本殿竣功奉告祭を斎行し、神様が再び元の地に戻られました。

歴史をもっと見る|
6
名称武州柿生琴平神社
読み方むしゅうかきおことひらじんじゃ
通称柿生のこんぴらさん
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
ホームページhttp://kotohirajinja.com/
絵馬あり

詳細情報

ご祭神《主》天照大神,《配》大物主神
創建時代元亀元年(1570)
ご由緒

元亀元年(1570年)から祀られていると伝えられており、志村家に代々伝わる古文書によると、1711年以前に伊勢山の地に神明社があった事が記されています。
 その文によると「崇源院様(徳川第二代将軍秀忠の正室)ご繁栄の砌、祈祷所として当村鎮守大神宮を勧請致し、これまで年々伊勢踊、神事祭礼、湯立、神楽等仕え来たり当村の鎮守に御座候」と記されています。その後、文政九年(1826年)、伊勢山の地に志村文之丞によって四国金刀比羅宮の祭神をこの地に勧請し、神明社・琴平社の合社が再建されました。これが琴平神社の起こりであります。
 昭和55年、崇敬者による金刀比羅神の崇敬の思潮が強く打出され、社名を琴平神社と改称。神明社と琴平社の合社相殿のお宮であったため右側に天照皇大御神を左側に琴平大神をお祀り申し上げました。神座は別々の神座となった珍しいものです。
 本殿の境内の手水舎を担った山伏姿の石像は「がまんさん」と呼ばれ地域の人々の信仰をあつめています。 昭和47年以降、王禅寺東5丁目に参集殿、琴平社奥社、御札授与所、社務所、儀式殿、東屋等が次々に築かれ、大黒様戎様の石像物も建造され、 庭内は四季折々の花や樹木が配属されていて、参拝者の憩の場所ともなっています。また、境内には弁財天社(銭洗い弁天)、稲荷社がございます。
 しかしながら平成十九年六月二十六日、残念なことに放火により拝殿が焼失、本殿は蔵造りであったため御神体・御神宝は守られ、儀式殿に仮遷座いたしました。拝殿天井には渡辺崋山筆と伝えられる六十三枚の花鳥山水を描いた板絵がありましたが焼失してしまい、本殿再建に当たって宮司自ら筆をとり復元致しました。そして平成二十三年、皆様からの御奉賛、ご協力により本殿再建が進められ、完成の運びとなりました。六月十二日に本殿遷座祭、六月二十六日に本殿竣功奉告祭を斎行し、神様が再び元の地に戻られました。

Wikipediaからの引用

概要
琴平神社(ことひらじんじゃ)は神奈川県川崎市麻生区にある神社である。
歴史
歴史[編集] [注釈 1] 元亀元年(1570年)から祀られていると伝えられ、古文書には、正徳元年(1711年)以前から伊勢山の地に神明社が鎮座していた事や「崇源院様(徳川秀忠の正室)ご繁栄の砌、祈祷所として当村鎮守大神宮を勧請致し、これまで年々伊勢踊、神事祭礼、湯立、神楽等仕え来たり当村の鎮守に御座候」といった話が記されている。 文政9年(1826年)、伊勢山の地に志村文之丞によって四国の金刀比羅宮の祭神をこの地に勧請し、神明社・琴平社の合社が創建された。 1980年(昭和55年)、崇敬者による金刀比羅神の崇敬の思潮が強く打出され、社名を琴平神社と改称。 2007年(平成19年)6月2...Wikipediaで続きを読む
行事
祭事[編集] [注釈 1] 歳旦祭 1月1日 どんど焼き 1月15日 節分祭 2月3日 初午祭 2月最初の午の日 人形和め祭 3月7日 みたま祭 夏越の大祓 6月30日 例大祭 体育の日 年越しの大祓 12月30日 ^ “年間儀式 武州柿生琴平神社”. 琴平神社. 2017年5月20日閲覧。 引用エラー: 「注釈」という名前のグループの タグがありますが、対応する タグが見つかりません
引用元情報琴平神社 (川崎市)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E7%90%B4%E5%B9%B3%E7%A5%9E%E7%A4%BE%20%28%E5%B7%9D%E5%B4%8E%E5%B8%82%29&oldid=98196273

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ