参拝者と神社お寺でつくる参拝記録共有サイト楽しみ方

橘樹神社の歴史神奈川県 武蔵中原駅

橘樹神社の歴史情報

詳細情報

ご祭神《主》倭建命,《配》弟橘比売命

Wikipediaからの引用

歴史
古くからの子母口村の鎮守で、日本武尊と弟橘媛の男女2躯の神体を祀り、かつては立花社ともいわれていた。 社伝によると「日本武尊東征の際海が荒れ、弟橘媛はその身を投じ海を鎮た。やがて入水した媛の御衣・御冠の具だけがこの地に漂着した。」とある。また古事記でも「かれ七日ありて後に、其の后の御櫛海辺によりたりき。すなわち、その櫛を取りて御陵を作りて治め置きき」と伝えられている。 この社伝と古事記の記述とが結びつき、近くの子母口富士見台の高台にある「富士見台古墳」は、一説には弟橘媛の「御陵」であるとも伝えられているが、史料がなく具体的なことは分かっていない。 富士見台古墳 橘樹神社の裏手の丘にあり、...Wikipediaで続きを読む
引用元情報橘樹神社 (川崎市)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E6%A9%98%E6%A8%B9%E7%A5%9E%E7%A4%BE%20(%E5%B7%9D%E5%B4%8E%E5%B8%82)&oldid=79153170

歴史の写真一覧

ホトカミを応援してくださっている皆様

特別スポンサー

何かお気づきの点はありますか?
東京メトロ御朱印めぐり2021小バナー