御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
Amazonギフト券があたる!投稿キャンペーン開催中
ネコ大バナー※走水神社ではいただけません

はしりみずじんじゃ

走水神社

神奈川県 浦賀駅

参拝は終日可能ですが、社務所は 9:00〜15:00 

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

あり。 5台ほど。
大通りから入った路地から駐車場までがクランク状なので、大型の乗用車は少し厳しいかもしれません。

おすすめの投稿

御朱印太郎
2020年12月30日(水)
33投稿

走水神社

以下コピペ
---

由 緒
 走水神社は、12代景行天皇の皇子、日本武尊(やまとたけるのみこと)と御后の弟橘媛命(おとたちばなひめのみこと)二柱をお祀りしております。
 景行天皇即位40年、東国の騒動を静めるため日本武尊にその鎮定を命じました。
勅命を奉じて日本武尊は、伊勢神宮に参詣され戦勝祈願をなし、神宮の斎宮であった叔母の倭姫命(やまとひめのみこと)より神宝の雨叢雲之剣(あめのむらくものつるぎ)と火打袋を授けられ、東国に東征の軍を起こされました。途中、静岡(焼津)において賊にだまされ火攻めの難に遭遇されましたが雨叢雲之剣で草を薙払い向火を放ち形勢を逆転させて賊を討伐したといわれ、これよりこの神宝を草薙之剣(くさなぎのつるぎ)とも呼ばれ、以来熱田神宮の御神宝となっております。
 日本武尊一行は、焼津、厚木、鎌倉、逗子、葉山を通り走水の地に到着されました。
 ここに、御所(御座所)を建てました。(現在の御所が崎といわれています)
 走水の地において、軍船等の準備をし上総に出発するときに村人が日本武尊と弟橘媛命を非常に慕いますので、日本武尊は自分の冠を村人に与えました。村人はこの冠を石櫃に納め土中に埋めその上に社を建てました。(走水神社の創建です)
 日本武尊は、上総国へ軍船でいっきに渡ろうと船出されましたが、突然強い風が吹き海は荒れ狂い軍船は波にもまれ進むことも戻ることもできず転覆するかの危機に、日本武尊に付き添ってこられた御后の弟橘媛命が「このように海が荒れ狂うのは、海の神の荒ぶる心のなせること、尊様のお命にかえて海に入らせて下さい。」と告げ、「さねさし さがむのおぬにもゆるひの ほなかにたちて とひしきみはも」と御歌を残し、海中に身を投じられました。たちどころに海は凪ぎ風は静まり日本武尊一行の軍船は水の上を走るように上総国に渡ることが出来ました。以来、水走る走水と言われております。
 上総、下総、常陸、日高見の国々の蝦夷を討ち平らげて大和に帰る途中、碓氷峠から遥か東方に光る走水の海の輝きを望み、その海に身を投じ武運を開いてくれた媛を偲び「あ~吾が妻よ」と嘆き呼びかけられたという、そしてこれをもって東国を東(吾妻)「アズマ」と呼ぶようになったといわれております。
 奈良時代の初期に編纂された『古事記』『日本書紀』にも記されております。
 また、弟橘媛命が御入水されてから数日して海岸に櫛が流れ着きました。村人たちはその櫛を日本武尊と弟橘媛命の御所があった御所が崎に社を建て、櫛を納め橘神社としましたが、明治18年に御所が崎が軍用地になったため、橘神社は走水神社の境内に移され、明治42年に走水神社に合祀されました。
---

走水神社の御朱印走水神社の末社走水神社の本殿走水神社の自然走水神社の建物その他走水神社の景色走水神社の建物その他走水神社の鳥居
もっと読む
こばけん
2021年07月01日(木)
712投稿

 21.06.22。京浜急行線馬堀海岸駅より観音崎行きバスで10分、「走水神社」下車2分。横須賀市走水(はしりみず)の漁港近くに鎮座。
御祭神:日本武尊、弟橘媛命。

 創建は不詳。伝説では景行天皇の即位40年(110年)、東夷征伐の命を受けた日本武尊が、この走水から上総へ渡られるにあたり、村民に「冠」を賜り、これを石櫃に納めて、その上に社殿を建て、尊を祭ったことに始まると伝えています。武尊が渡海の際、海上が荒れ、舟が沈みそうになり、海神の怒りと考えた、弟橘媛命は尊に代わって海に身を投じ、風波を鎮めました。
(後略)→横須賀市観光情報より!

 上記の伝説等から、女子力アップのパワースポットとして知られている。
本日は走水〜鴨居〜浦賀と一方の三浦半島の突端(自分の故郷でもある地域)を巡る次第です、、

 

走水神社の御朱印走水神社の景色

走水港。

走水神社の鳥居

入り口!

走水神社の狛犬

狛犬。

走水神社の狛犬走水神社の建物その他

参道。

走水神社の手水

手水舎。

走水神社の手水走水神社の歴史走水神社の鳥居走水神社の建物その他走水神社の本殿

拝殿。

走水神社の本殿走水神社の建物その他

拝殿より振り返り!

走水神社の建物その他

拝殿右手に!

走水神社の末社

同上、境内社 稲荷神社!

走水神社の動物

お稲荷さん前にニャンコ!

走水神社の末社

拝殿右奥に水神社。

走水神社の狛犬走水神社の狛犬走水神社の建物その他走水神社(神奈川県)走水神社の末社

拝殿左手に別宮→弟橘媛命に殉じた侍女をお祀りしている。

走水神社の歴史走水神社の建物その他

弟橘媛命の記念碑。

走水神社の鳥居

裏山の三社入り口!

走水神社の歴史

途中に!

走水神社の建物その他走水神社の鳥居

境内社の三社。→左から、諏訪社・神明社・須賀社。

走水神社の建物その他

境内に戻り、神輿庫。

走水神社の建物その他走水神社の建物その他

包丁塚。

走水神社の建物その他

宝物殿。

走水神社の自然

御神木。→クスノキ!

走水神社の建物その他

弟橘媛命「舵の碑」→弟橘媛命の顕彰と海の安全と平和を祈る!

走水神社の建物その他

針の碑。

走水神社の歴史走水神社の狛犬走水神社の建物その他

社務所。→こちらで直書きの御朱印を拝受しました。

もっと読む
投稿をもっと見る(44件)

歴史

< 公式HPから引用させていただきます:
     http://www12.plala.or.jp/hasirimizujinjya/yuisyo/index.html >
.
走水神社は、12代景行天皇の皇子、日本武尊(やまとたけるのみこと)と
御后の弟橘媛命(おとたちばなひめのみこと)二柱をお祀りしております。

 景行天皇即位40年、
東国の騒動を静めるため日本武尊にその鎮定を命じました。
勅命を奉じて日本武尊は伊勢神宮に参詣され戦勝祈願をなし
神宮の斎宮であった叔母の倭姫命(やまとひめのみこと)より
神宝の雨叢雲之剣(あめのむらくものつるぎ)と火打袋を授けられ、
東国に東征の軍を起こされました。

途中、静岡(焼津)において賊にだまされ火攻めの難に遭遇されましたが
雨叢雲之剣で草を薙払い向火を放ち形勢を逆転させて賊を討伐したといわれ、
これよりこの神宝を草薙之剣(くさなぎのつるぎ)とも呼ばれ
以来熱田神宮の御神宝となっております。

日本武尊一行は、焼津、厚木、鎌倉、逗子、葉山を通り走水の地に到着されました。
ここに、御所(御座所)を建てました。(現在の御所が崎といわれています)

 走水の地において、
軍船等の準備をし上総に出発するときに
村人が日本武尊と弟橘媛命を非常に慕いますので、
日本武尊は自分の冠を村人に与えました。
村人はこの冠を石櫃に納め土中に埋めその上に社を建てました。
(走水神社の創建です)
 
日本武尊は、上総国へ軍船でいっきに渡ろうと船出されましたが
突然強い風が吹き海は荒れ狂い
軍船は波にもまれ進むことも戻ることもできず転覆するかの危機に、
日本武尊に付き添ってこられた御后の弟橘媛命が
「このように海が荒れ狂うのは、海の神の荒ぶる心のなせること、
尊様のお命にかえて海に入らせて下さい。」と告げ、
「さねさし さがむのおぬにもゆるひの ほなかにたちて とひしきみはも」と
御歌を残し海中に身を投じられました。
たちどころに海は凪ぎ風は静まり
日本武尊一行の軍船は水の上を走るように上総国に渡ることが出来ました。
以来、水走る走水と言われております。

 上総、下総、常陸、日高見の国々の蝦夷を討ち平らげて大和に帰る途中
碓氷峠から遥か東方に光る走水の海の輝きを望み、
その海に身を投じ武運を開いてくれた媛を偲び
「あ~吾が妻よ」と嘆き呼びかけられたという。
そしてこれをもって
東国を東(吾妻)「アズマ」と呼ぶようになったといわれております。
奈良時代の初期に編纂された『古事記』『日本書紀』にも記されております。

 また、弟橘媛命が御入水されてから数日して海岸に櫛が流れ着きました。
村人たちはその櫛を日本武尊と弟橘媛命の御所があった御所が崎に
社を建て櫛を納め橘神社としましたが、
明治18年に御所が崎が軍用地になったため 橘神社は走水神社の境内に移され、
明治42年に走水神社に合祀されました。

歴史をもっと見る|
19

走水神社の基本情報

住所神奈川県横須賀市走水2-12-5
行き方

電車とバス: 京浜急行電鉄「馬堀海岸駅」から ’ 観音崎行き ’ バスに乗り「走水神社」下車。徒歩2分。

アクセスを詳しく見る
名称走水神社
読み方はしりみずじんじゃ
参拝時間

参拝は終日可能ですが、社務所は 9:00〜15:00 

参拝にかかる時間

20分

参拝料

なし(志納)

トイレなし
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
ホームページhttp://www12.plala.or.jp/hasirimizujinjya/
おみくじあり

詳細情報

ご祭神日本武尊(やまとたけるのみこと)
弟橘媛命(おとたちばなひめのみこと)
ご由緒

< 公式HPから引用させていただきます:
     http://www12.plala.or.jp/hasirimizujinjya/yuisyo/index.html >
.
走水神社は、12代景行天皇の皇子、日本武尊(やまとたけるのみこと)と
御后の弟橘媛命(おとたちばなひめのみこと)二柱をお祀りしております。

 景行天皇即位40年、
東国の騒動を静めるため日本武尊にその鎮定を命じました。
勅命を奉じて日本武尊は伊勢神宮に参詣され戦勝祈願をなし
神宮の斎宮であった叔母の倭姫命(やまとひめのみこと)より
神宝の雨叢雲之剣(あめのむらくものつるぎ)と火打袋を授けられ、
東国に東征の軍を起こされました。

途中、静岡(焼津)において賊にだまされ火攻めの難に遭遇されましたが
雨叢雲之剣で草を薙払い向火を放ち形勢を逆転させて賊を討伐したといわれ、
これよりこの神宝を草薙之剣(くさなぎのつるぎ)とも呼ばれ
以来熱田神宮の御神宝となっております。

日本武尊一行は、焼津、厚木、鎌倉、逗子、葉山を通り走水の地に到着されました。
ここに、御所(御座所)を建てました。(現在の御所が崎といわれています)

 走水の地において、
軍船等の準備をし上総に出発するときに
村人が日本武尊と弟橘媛命を非常に慕いますので、
日本武尊は自分の冠を村人に与えました。
村人はこの冠を石櫃に納め土中に埋めその上に社を建てました。
(走水神社の創建です)
 
日本武尊は、上総国へ軍船でいっきに渡ろうと船出されましたが
突然強い風が吹き海は荒れ狂い
軍船は波にもまれ進むことも戻ることもできず転覆するかの危機に、
日本武尊に付き添ってこられた御后の弟橘媛命が
「このように海が荒れ狂うのは、海の神の荒ぶる心のなせること、
尊様のお命にかえて海に入らせて下さい。」と告げ、
「さねさし さがむのおぬにもゆるひの ほなかにたちて とひしきみはも」と
御歌を残し海中に身を投じられました。
たちどころに海は凪ぎ風は静まり
日本武尊一行の軍船は水の上を走るように上総国に渡ることが出来ました。
以来、水走る走水と言われております。

 上総、下総、常陸、日高見の国々の蝦夷を討ち平らげて大和に帰る途中
碓氷峠から遥か東方に光る走水の海の輝きを望み、
その海に身を投じ武運を開いてくれた媛を偲び
「あ~吾が妻よ」と嘆き呼びかけられたという。
そしてこれをもって
東国を東(吾妻)「アズマ」と呼ぶようになったといわれております。
奈良時代の初期に編纂された『古事記』『日本書紀』にも記されております。

 また、弟橘媛命が御入水されてから数日して海岸に櫛が流れ着きました。
村人たちはその櫛を日本武尊と弟橘媛命の御所があった御所が崎に
社を建て櫛を納め橘神社としましたが、
明治18年に御所が崎が軍用地になったため 橘神社は走水神社の境内に移され、
明治42年に走水神社に合祀されました。

体験御朱印武将・サムライ伝説

Wikipediaからの引用

概要
走水神社(はしりみずじんじゃ)は、神奈川県横須賀市走水にある神社である。三浦半島の東端近く、東京湾にほど近い場所に位置する。
歴史
歴史[編集] 当社の創建年代等については火災などにより明らかでないが、言い伝えでは日本武尊が東征の途上に当地から浦賀水道を渡る際、自分の冠を村人に与え、村人がこの冠を石櫃へ納め土中に埋めて社を建てたのが始まりという。 『古事記』『日本書紀』では、日本武尊が相模から上総に向かった際にどこを通ったか具体的な地名についての言及はないが[1][2]、『日本書紀』は、景行天皇53年10月条に景行天皇東国巡狩のことを載せ、海路より淡水門に渡ったと記されている[3]。この際も地名は記されてはいないが、律令制の東海道は当地から浦賀水道を渡って上総国に入ることから[4]、景行天皇は当地から淡水門に向かった...Wikipediaで続きを読む
行事
祭事[編集] 祈年祭:3月上旬の日曜日 夏季例祭(天王祭):7月第二土曜日 例祭(秋季例大祭):10月15日
引用元情報走水神社 (横須賀市)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E8%B5%B0%E6%B0%B4%E7%A5%9E%E7%A4%BE%20%28%E6%A8%AA%E9%A0%88%E8%B3%80%E5%B8%82%29&oldid=89781343

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2023年2月