参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

相模原氷川神社の歴史神奈川県 南橋本駅

相模原氷川神社の歴史情報

詳細情報

ご祭神《主》素盞嗚尊

Wikipediaからの引用

歴史
氷川神社は、代官江川太郎左衛門から開発許可を得た小山村豪農の原清兵衛光保が開墾をするにあたり、入植者の士気を高めるために、1843年(天保14年)6月17日、村の鎮守の神として、武蔵国南多摩郡上檪田村の村社氷川神社より神霊を分霊して創建した。 明治22年4月施行の市制町村制により、相原、橋本、小山、清兵衛新田の4村が合併し「相原村」が誕生。明治39年8月の「一村一社を基準とする神社合併」の勅令により、合併後の新村にも適用され、清兵衛新田村の氷川神社に地域にあった飯縄神社が合祀された。 また、1919年(大正8年)には橋本の神明大神宮の地に合祀し、新社名を「旭神社」として県知事に出願。大正...Wikipediaで続きを読む
引用元情報氷川神社 (相模原市)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E6%B0%B7%E5%B7%9D%E7%A5%9E%E7%A4%BE%20(%E7%9B%B8%E6%A8%A1%E5%8E%9F%E5%B8%82)&oldid=77633503

歴史の写真一覧

何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る