御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

きりしまじんぐう

霧島神宮の御由緒・歴史

鹿児島県 霧島神宮駅

投稿する
0995-57-0001

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

ご祭神《主》天孫瓊瓊杵尊,《配》木花咲耶姫尊,彦火火出見尊,豊玉姫尊,鵜萱葺不合尊,玉依姫尊,神日本磐余彦尊
ご由緒

当神宮は天祖天照大神の御神勅を畏み戴き、高千穂峯に天降りまして皇基を建て給ひ国土を開拓し産業を振興遊ばされた肇国の祖神をお祀りしております。

歴史
歴史[編集] 古宮址この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: "霧島神宮" – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2022年2月) 欽明天皇の御代(6世紀)、慶胤(けいいん)上人という僧侶が高千穂峰と火常峰(御鉢)の間の「瀬多尾(せたお)(背門丘・瀬戸尾)」に社殿を造られたのが始まりとされる[1]。一説に欽明天皇元年(540年)の創建ともいわれている[2][要出典]。 高千穂峰が日本神話の天孫降臨の...Wikipediaで続きを読む
引用元情報霧島神宮」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E9%9C%A7%E5%B3%B6%E7%A5%9E%E5%AE%AE&oldid=93686161

歴史の写真一覧

行きたい
投稿する
お問い合わせ

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.