御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

いちのみやじ|真言宗御室派神毫山(しんごうざん)

一宮寺

公式香川県 一宮駅

御朱印・納経:7:00~17:00
授与品:8:00~17:00
納骨堂参拝:9:00~16:30

投稿する
087-885-2301

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり

【通年授与】
本尊納経
大師納経
地獄の釜の御朱印

【季節限定御朱印】
春:桜
夏:きゅうり
秋:紅葉
冬:厄除

限定
あり
御朱印帳にお書き入れ
あり

■直書き対応
・通年頒布の『地獄の釜の御朱印』※郵送対応不可
・四国八十八ヶ所霊場の『納経』※郵送対応不可

■書置き対応
・春限定『桜の特別御朱印』
・夏限定『きゅうりの御朱印』
・秋限定『紅葉の御朱印』
・冬限定『厄除一宮不動の御朱印』
・四国八十八ヶ所霊場の『大師納経』※郵送対応不可

郵送対応
あり

通年頒布している御朱印は郵送対応しておりませんが、期間限定の御朱印は郵送対応いたしております。
ご希望の場合は、一宮寺公式Web内の『オンライン授与所』からお願いいたします。

御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

普通車40台・大型車10台(無料)

巡礼

四国八十八ヶ所霊場(お遍路)
四国八十八ヶ所霊場 第八十三番札所

ご利益

一宮寺について

四国八十八箇所霊場第八十三番札所

住職より

四国八十八ヶ所霊場 第八十三番札所
神毫山 一宮寺
写経体験、護摩祈祷、季節の御朱印など
年間を通じて様々な催しがございます

お問合せは、一宮寺公式HPかインスタグラムのDMよりお願いいたします

おすすめの投稿

Kazu
2022年10月30日(日)
1354投稿

香川県は高松の 一宮寺様 遥拝!!!
秋を感じる 紅葉の御朱印  頂きました^^

一宮寺の授与品その他一宮寺の御朱印

紅葉の黄色い御朱印^^

一宮寺の御朱印

紅葉の桃色の御朱印^^

一宮寺の建物その他

今回もお遍路の手引き書 入ってました^^

もっと読む
投稿をもっと見る(20件)

歴史

創建は、わが国に仏教が伝来して約160年後という歴史を誇ります。開基は、奈良仏教の興隆の礎を築いた義淵僧正で、当時は大宝院と呼ばれ、南都仏教の一つ法相宗の普及をはじめ、行基菩薩、良弁僧正らを輩出。和同年間、諸国に一宮寺が建立の際、行基菩薩が堂宇を修復し、神毫山一宮寺に改名されました。また大同年間、弘法大師が訪れ約106cmの”聖観音” 聖観世音菩薩を彫造し、伽藍の再興にあたり、この時に真言宗に改宗されました。
この寺も同じく、天正の兵火により灰燼に帰しましたが、中興の祖とされる宥勢大徳によって再興されました。また江戸時代に高松藩主により田村神社の別当を解かれました。神仏分離の200年も前の出来事です。
この寺の本堂左手には薬師如来が祀られる小さな祠があります。これは「地獄の釜」と呼ばれ、祠に頭を入れると境地が開けるという言い伝えがあります。一方、悪いことをしていると頭が抜けなくなると言われます。昔、近所で暮らす意地の悪いおタネばあさんは、「そんなことはない、試してみよう」を頭に入れると、扉が閉まり、ゴーという地獄の釜の音が聞こえ頭は抜けなくなりました。怖くなったおタネさんは、今までの悪事を謝りました。すると頭はすっと抜けました。それからおタネさんは心を入れ替え、親切になり、元気に長生きしたそうです。

歴史をもっと見る|
1

一宮寺の基本情報

住所香川県高松市一宮町607
行き方

琴平線一宮駅 (0.9km)
82【根香寺】より
(自家用車)約30分 約15km
(徒歩)約3時間20分 約13.3km
84【屋島寺】より
(自家用車)約40分 約17km
(徒歩)約3時間30分 約13.7km

アクセスを詳しく見る
名称一宮寺
読み方いちのみやじ
通称一宮さん
参拝時間

御朱印・納経:7:00~17:00
授与品:8:00~17:00
納骨堂参拝:9:00~16:30

参拝にかかる時間

約20分

参拝料

拝観料無料

トイレ駐車場にあり
御朱印あり

【通年授与】
本尊納経
大師納経
地獄の釜の御朱印

【季節限定御朱印】
春:桜
夏:きゅうり
秋:紅葉
冬:厄除

限定御朱印あり
御朱印帳に直書きあり

■直書き対応
・通年頒布の『地獄の釜の御朱印』※郵送対応不可
・四国八十八ヶ所霊場の『納経』※郵送対応不可

■書置き対応
・春限定『桜の特別御朱印』
・夏限定『きゅうりの御朱印』
・秋限定『紅葉の御朱印』
・冬限定『厄除一宮不動の御朱印』
・四国八十八ヶ所霊場の『大師納経』※郵送対応不可

御朱印の郵送対応あり

通年頒布している御朱印は郵送対応しておりませんが、期間限定の御朱印は郵送対応いたしております。
ご希望の場合は、一宮寺公式Web内の『オンライン授与所』からお願いいたします。

御朱印帳あり
電話番号087-885-2301
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
メールアドレスinfo@sanuki-ichinomiyaji.or.jp
ホームページhttps://www.sanuki-ichinomiyaji.or.jp/
SNS

詳細情報

ご本尊聖観世音菩薩
山号神毫山(しんごうざん)
院号大宝院(だいほういん)
宗旨・宗派真言宗御室派
創建時代大宝年間(701〜704)
開山・開基義淵僧正
札所など

四国八十八ヶ所霊場 第八十三番札所

ご由緒

創建は、わが国に仏教が伝来して約160年後という歴史を誇ります。開基は、奈良仏教の興隆の礎を築いた義淵僧正で、当時は大宝院と呼ばれ、南都仏教の一つ法相宗の普及をはじめ、行基菩薩、良弁僧正らを輩出。和同年間、諸国に一宮寺が建立の際、行基菩薩が堂宇を修復し、神毫山一宮寺に改名されました。また大同年間、弘法大師が訪れ約106cmの”聖観音” 聖観世音菩薩を彫造し、伽藍の再興にあたり、この時に真言宗に改宗されました。
この寺も同じく、天正の兵火により灰燼に帰しましたが、中興の祖とされる宥勢大徳によって再興されました。また江戸時代に高松藩主により田村神社の別当を解かれました。神仏分離の200年も前の出来事です。
この寺の本堂左手には薬師如来が祀られる小さな祠があります。これは「地獄の釜」と呼ばれ、祠に頭を入れると境地が開けるという言い伝えがあります。一方、悪いことをしていると頭が抜けなくなると言われます。昔、近所で暮らす意地の悪いおタネばあさんは、「そんなことはない、試してみよう」を頭に入れると、扉が閉まり、ゴーという地獄の釜の音が聞こえ頭は抜けなくなりました。怖くなったおタネさんは、今までの悪事を謝りました。すると頭はすっと抜けました。それからおタネさんは心を入れ替え、親切になり、元気に長生きしたそうです。

体験写経・写仏祈祷おみくじ絵馬御朱印お守り花の名所札所・七福神巡り除夜の鐘伝説
感染症対策内容

令和4年5月時点の情報です

納経所(納経・御朱印をする場所)や大師堂(授与品売り場)ではパーティションを設けております。
お堂で行う行事はどれも人数制限を設けております。

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中