参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

横山八幡宮岩手県 宮古駅

よこやまはちまんぐう

岩手県 宮古市宮町2-5-1
社務所 9:00~17:00 (お盆期間は社務所休業)

創建は白鳳9年(680年)と伝えられ、「宮古」地名発祥の地でもあります。
また、源義経公が平泉を逃れ当宮に参籠したとも伝えられております。

交通安全、旅行安全、厄祓、航海安全、大漁満足、無病息災など、特に霊験
あらたかで、地元の方はもとより、全国各地からも篤い信仰を受けています。

アクセス

住所宮古市宮町2-5-1
Googleマップで地図を開く
エリア宮古駅
行き方

JR 三陸鉄道宮古駅から徒歩5分

最寄り駅

◼︎三陸鉄道北リアス線
宮古駅から直線約340m
徒歩約8分
車で約1分
Googleマップで確認

◼︎JR山田線
宮古駅から直線約340m
徒歩約8分
車で約1分
Googleマップで確認

◼︎三陸鉄道北リアス線
山口団地駅から直線約1.48km
徒歩約35分
車で約7分
Googleマップで確認

◼︎JR山田線
磯鶏駅から直線約1.74km
徒歩約41分
車で約8分
Googleマップで確認

情報提供: HeartRails Express

横山八幡宮について

基本情報

名称横山八幡宮
読み方よこやまはちまんぐう
通称八幡様
拝観時間

社務所 9:00~17:00 (お盆期間は社務所休業)

電話番号0193-62-5072
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
メールアドレスnaho@rnac.ne.jp
ホームページhttp://y-hachimangu.com/index.html

詳細情報

ご祭神品牟陀和気命(ほんだわけのみこと 人皇十五代 応神天皇) 豊受姫命(とようけひめのみこと) 天照皇大神(あまてらすすめおおみかみ)
ご由緒

白鳳9年(680年)の創建とされるが火災で縁起などを喪失したため詳細は不明である。中世には豪族の城舘があったとされ、千徳氏により社殿の修築などの保護を受けたと伝わる。江戸時代中期の延享年間に再興運動が起こり、土地の人々が中心となり京都の吉田家に働きかけ社格向上を図った。第7代盛岡藩主の南部利視により祭礼の方式や日時が定められ、神輿が宮古湾を巡る海上渡御祭もこの時始まったとされる。その後の宝暦年間に江戸の学者であった井上蘭台の手により由来や縁起を記した『重修横山八幡宮記』が書かれ、これが義経北行伝説などの伝説の元となる。寛政9年(1797年)には領内巡視中の藩主の南部利敬が、浄土ヶ浜や黒森神社などと共に当宮を訪れている。

分類

横山八幡宮の情報を編集するログインすると情報を追加/編集できます。
最終更新:2018年08月20日
横山八幡宮の方へ

アクセス

住所宮古市宮町2-5-1
Googleマップで地図を開く
エリア宮古駅
行き方

JR 三陸鉄道宮古駅から徒歩5分

最寄り駅

◼︎三陸鉄道北リアス線
宮古駅から直線約340m
徒歩約8分
車で約1分
Googleマップで確認

◼︎JR山田線
宮古駅から直線約340m
徒歩約8分
車で約1分
Googleマップで確認

◼︎三陸鉄道北リアス線
山口団地駅から直線約1.48km
徒歩約35分
車で約7分
Googleマップで確認

◼︎JR山田線
磯鶏駅から直線約1.74km
徒歩約41分
車で約8分
Googleマップで確認

情報提供: HeartRails Express
行きたい投稿する

お参りの記録を投稿しよう!

ホトカミに登録すると、お参りの記録を投稿し、
思い出を整理することができます。

歴史に詳しい必要はありません。
個人の感想や思い出を投稿しましょう!

行きたい神社やお寺を
リストに残そう!

ホトカミに登録すると、
あなたが行きたい神社やお寺を忘れないように、
リストに残すことができます。

すてきを伝える

「ほっこりした。」「なるほど!」「行ってみたいなぁ」
という投稿に出会ったら、「すてき」をクリック!

コメントすることもできます。

楽しみ方をもっと詳しく

ホトカミに登録して、
お参りをもっと楽しみましょう!

初めての方

無料登録

アカウントをお持ちの方

ログイン