御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年3月
藤原比古神社ではいただけません
広告
御朱印について
御朱印
なし
パーキング
駐車場
あり

鳥居前に2台くらい

藤原比古神社について

建久元年(1190)、宮古地方の統治者となった鎮西八郎為朝三男、閉伊頼基の妻は近江の国の豪族佐々木四郎高綱の娘、音羽姫であったとされる。音羽姫は、藤畑から一株の藤を住まいの地に移し植えたところ、繁って大きく育っち、藤原という地名が生まれた。藤原比古神社は、元は藤明神といい、藤を愛した音羽姫を祀っている。かつては藤原の町なかにあったが、戦災と洪水に見舞われ、現在地の小高い丘に遷座した。音羽姫の愛した藤の木は、大津波にあって枯れ死んでしまったという。

歴史

藤原地区の西側の山の中腹にあるのが藤原比古神社だ。この神社は中世の時代、閉伊地方を統治していた閉伊氏の初代とされる閉伊頼基の妻、音羽御前を奉る神社だ。以前は社が藤原町内にあり生前音羽御前が愛した藤の巨木があったがたび重なる災害により昭和36年(1961)現在の場所に遷宮した。神社としての発生は天保2年(1832)藤原の大井家で京都から勧請しその折り藤原比古神社の社号を賜った。また、比古神社の「比古」は「彦」という意味もあり黒森神社の伝説(三上文書)にある宮古湾に身を投げた是津親王の遺骸を火葬した跡に塚を作って手厚く弔った場所という言い伝えにも通じる。
比古神社の縁日は宵宮に夜神楽、地区の子供たちによる藤原若潮太鼓奉納が行われる。

歴史をもっと見る|
1

藤原比古神社の基本情報

住所岩手県宮古市藤原3丁目8−38
行き方
アクセスを詳しく見る
名称藤原比古神社
読み方ふじはらひこじんじゃ
参拝料

なし

トイレなし

詳細情報

ご祭神音羽姫霊オトワヒメノレイ
ご由緒

藤原地区の西側の山の中腹にあるのが藤原比古神社だ。この神社は中世の時代、閉伊地方を統治していた閉伊氏の初代とされる閉伊頼基の妻、音羽御前を奉る神社だ。以前は社が藤原町内にあり生前音羽御前が愛した藤の巨木があったがたび重なる災害により昭和36年(1961)現在の場所に遷宮した。神社としての発生は天保2年(1832)藤原の大井家で京都から勧請しその折り藤原比古神社の社号を賜った。また、比古神社の「比古」は「彦」という意味もあり黒森神社の伝説(三上文書)にある宮古湾に身を投げた是津親王の遺骸を火葬した跡に塚を作って手厚く弔った場所という言い伝えにも通じる。
比古神社の縁日は宵宮に夜神楽、地区の子供たちによる藤原若潮太鼓奉納が行われる。

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ