参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

ばんりゅうじ|曹洞宗

蟠龍寺岩手県 古館駅

ばんりゅうじ|曹洞宗

蟠龍寺岩手県 古館駅

岩手県 紫波郡紫波町高水寺向畑97

こちらのお寺で暮らしていたゴールデンレトリバーのもも子はごみ拾い犬として有名で、全国放送でも取り上げられました。
亡くなる前日までごみを拾い続けましたが、平成18年11月12日(13才5ヶ月)、その生涯を閉じました。

アクセス

住所紫波郡紫波町高水寺向畑97
Googleマップで地図を開く
エリア古館駅
駐車場あり
近くの駅

◼︎JR東北本線
古館駅から直線約1.27km
徒歩約30分
車で約6分
Googleマップで確認



◼︎JR東北本線
紫波中央駅から直線約2.55km
徒歩約1時間1分
車で約12分
Googleマップで確認



◼︎JR東北本線
日詰駅から直線約4.3km
徒歩約1時間43分
車で約21分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express

蟠龍寺について

基本情報

名称蟠龍寺
読み方ばんりゅうじ
トイレあり
電話番号019-676-2366
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.banryuji.com/

詳細情報

ご本尊南無釈迦牟尼仏
宗旨・宗派曹洞宗
札所など

当國三十三観音札所7番 十一面観音菩薩

ご由緒

承和元年(834)に、もと高水寺第五代の伝法子法宥阿闍梨が祝融山(後改めて和融山と称す)をこの地に創立、文治の頃(1185~1190)兵火に遭い荒廃しました。

承応3年(1654)川東の紫波町栃内の江岸寺第二世伝達和尚が北上川を渡船の折り、雪解けの大水で流されて、とどが淵といわれるところの渦に巻き込まれてしまいました。
このとどが淵というところは五内川等が北上川に注ぐところで、大水がでると龍が蜷局(とぐろ)を巻いたような渦巻きの淵となり、とどが淵といわれて恐れられていました。

一日半も木の葉のように回り流されて、誰も助けることが出来ません。
その夜中のこと、一人の老人が現れて「難渋してさぞや生きた心地がしなかたっでしょう」と、  藤蔓(ふじつる)をさしのべて「さあ、この蔓にしっかりとすがりなされ」というが早いか不思議にするすると蔓がのびて和尚に巻き付きました。

老人のさしのべてくれた蔓につかまって命拾いした和尚はお礼を申し上げようとすると、その老人はさっさと藪の中に入ってしまい、その後を追ったが見失ってしまいました。

心を落ち着け辺りを見回すと藤蔓に囲まれ朽ち果てた小さな社(やしろ)があり、その中に先ほどの老人に似た木像があり、額には「土倉稲荷明神」とありました。

伝達和尚は稲荷明神のご加護によって助けられたこの地に蟠龍寺を建立し、その守護神として社宇を築き祭祀をなしました。

なお、蟠龍というのはとぐろを巻いた龍を意味するところから、当寺の名は、とどが淵の渦巻きが龍がとぐろを巻いた如く見えたことに由来していると思われます。

ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば住職さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
住職さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
ログインすると情報を追加/編集できます。

最終更新: 2020年10月12日byフジクミ


アクセス

住所紫波郡紫波町高水寺向畑97
Googleマップで地図を開く
エリア古館駅
駐車場あり
近くの駅

◼︎JR東北本線
古館駅から直線約1.27km
徒歩約30分
車で約6分
Googleマップで確認



◼︎JR東北本線
紫波中央駅から直線約2.55km
徒歩約1時間1分
車で約12分
Googleマップで確認



◼︎JR東北本線
日詰駅から直線約4.3km
徒歩約1時間43分
車で約21分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express
何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る