参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

あみじんじゃ

阿彌神社茨城県 荒川沖駅

あみじんじゃ

阿彌神社茨城県 荒川沖駅

茨城県 稲敷郡阿見町阿見2353

アクセス

住所稲敷郡阿見町阿見2353
Googleマップで地図を開く
エリア荒川沖駅
近くの駅

◼︎JR常磐線
荒川沖駅から直線約3.76km
徒歩約1時間30分
車で約18分
Googleマップで確認



◼︎JR常磐線
土浦駅から直線約4.83km
徒歩約1時間55分
車で約24分
Googleマップで確認



◼︎JR常磐線
ひたち野うしく駅から直線約5.34km
徒歩約2時間8分
車で約26分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ 等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express

阿彌神社について

基本情報

名称阿彌神社
読み方あみじんじゃ
電話番号

詳細情報

ご祭神《主》豊城入彦命

Wikipediaからの引用

概要
阿彌神社(あみじんじゃ、阿弥神社)は、茨城県稲敷郡阿見町中郷二丁目25番(旧信太郡阿見村)にある神社。古名は(鹿島)明神。式内社論社(常陸国信太郡、小社)。旧郷社。阿見町竹来にも同名の阿彌神社がある。
歴史
創建は和銅元年(708年)。 崇神天皇18年(紀元前80年)、豊城入彦命が崇神天皇の勅命による東国平定で当地に訪れた際、「皇祖の天下を経営せらるるや阿彌普都、実に能く天業を補弼せり、其神功成るに及びて天に還りしと、蓋し是地に於てするや」と常陸国風土記に記された普都大神の事蹟を偲ばれた。この御言葉が信太郡阿彌郷、ひいては阿見町の由来になったという。 別伝として、「式内社調査報告」には、元は海神を祀るもので、天平勝宝2年(750年)の神託により豊城入彦命を合祀したという伝承がある。曰く、持統天皇5年(691年)の夏、霞ヶ浦沖に光が出るので漁師が網を下ろすと、風雨とともに異人が現れた。異人は「...Wikipediaで続きを読む
引用元情報阿彌神社 (阿見町中郷)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL: https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E9%98%BF%E5%BD%8C%E7%A5%9E%E7%A4%BE%20(%E9%98%BF%E8%A6%8B%E7%94%BA%E4%B8%AD%E9%83%B7)&oldid=71826019
ログインすると情報を追加/編集できます。
最終更新: 2019年05月24日 by ホトカミ運営
作成者: ホトカミ運営

神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!

アクセス

住所稲敷郡阿見町阿見2353
Googleマップで地図を開く
エリア荒川沖駅
近くの駅

◼︎JR常磐線
荒川沖駅から直線約3.76km
徒歩約1時間30分
車で約18分
Googleマップで確認



◼︎JR常磐線
土浦駅から直線約4.83km
徒歩約1時間55分
車で約24分
Googleマップで確認



◼︎JR常磐線
ひたち野うしく駅から直線約5.34km
徒歩約2時間8分
車で約26分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ 等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express
行きたい投稿する

お参りの記録を投稿しよう!

ホトカミに登録すると、お参りの記録を投稿し、
思い出を整理することができます。

歴史に詳しい必要はありません。
個人の感想や思い出を投稿しましょう!

行きたい神社やお寺を
リストに残そう!

ホトカミに登録すると、
あなたが行きたい神社やお寺を忘れないように、
リストに残すことができます。

すてきを伝える

「ほっこりした。」「なるほど!」「行ってみたいなぁ」
という投稿に出会ったら、「すてき」をクリック!

コメントすることもできます。

楽しみ方をもっと詳しく

ホトカミに登録して、
お参りをもっと楽しみましょう!

初めての方

アカウントをお持ちの方