御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

さかつらいそさきじんじゃ

酒列磯前神社の御由緒・歴史

公式茨城県 磯崎駅

投稿する
029-265-8220

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

ご祭神《主》少彦名命
《配》大己貴命
創建時代斉衡3年(西暦856年)
歴史
歴史[編集] 創建[編集] 『日本文徳天皇実録』によると、斉衡3年(856年)に常陸国鹿島郡の大洗磯前に神が現れたとされる。 常陸国上言。鹿嶋郡大洗磯前有神新降。初郡民有煮海為塩者。夜半望海。光耀属天。明日有両怪石。見在水次。高各尺許。体於神造。非人間石。塩翁私異之去。後一日。亦有廿餘小石。在向石左右。似若侍坐。彩色非常。或形像沙門。唯無耳目。時神憑人云。我是大奈母知少比古奈命也。昔造此国訖。去徃東海。今為済民。更亦来帰。 ある夜、製塩業の者が海に光るものを見た。次の日、海辺に二つの奇妙な石があった。両方とも一尺ほどだった。さらに次の日には20あまりの小石が怪石の周りに侍坐するよう...Wikipediaで続きを読む
引用元情報酒列磯前神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E9%85%92%E5%88%97%E7%A3%AF%E5%89%8D%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=92621481

歴史の写真一覧

行きたい
投稿する
お問い合わせ

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年12月