御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

じょうどじ|高野山真言宗極楽山

浄土寺

公式兵庫県 小野駅

9:00〜12:00 / 13:00~17:00 (10月〜3月は16:00)

投稿する
0794-62-4318(歓喜院)0794-62-2651(宝持院)

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

最新のお知らせ

5月 花御朱印

躑躅  [阿弥陀仏]
丁子草 [達観]

※塔頭歓喜院にて授与
※普通郵便にて遥拝授与可能

*花御朱印は書き置きです。
その他、直書きもございます。

お問い合わせ
歓喜院
0794-62-4318

浄土寺の御朱印

躑躅  [阿弥陀仏]
丁子草 [達観]

4月 花御朱印

桜   [阿弥陀仏]
菜の花 [春光]

※塔頭歓喜院にて授与
※普通郵便にて遥拝授与可能

*花御朱印は書き置きです。
その他、直書きもございます。

お問い合わせ
歓喜院
0794-62-4318

浄土寺の御朱印

桜   [阿弥陀仏]
菜の花 [春光]

お知らせをもっと見る(14件)
檀家以外の参拝
檀家以外の参拝
あり
歓迎
御朱印について
御朱印
あり
限定
あり
御朱印帳にお書き入れ
あり
郵送対応
あり
御朱印帳
-
ありません
パーキング
駐車場
あり

あり

巡礼

新西国三十三箇所客番札所

ご利益

浄土寺について

国宝


快慶作の弥陀三尊像・大仏様の浄土堂

新西国三十三箇所客番


加東四国八十八ヶ所61番札所

おすすめの投稿

惣一郎
2022年07月01日(金)
969投稿

【播磨國 古刹巡り】

浄土寺(じょうどじ)は、兵庫県小野市浄谷町にある高野山真言宗の寺院。山号は極楽山。本尊は薬師如来と阿弥陀三尊。浄土堂、木造阿弥陀如来及び両脇侍立像は国宝、薬師堂、木造阿弥陀如来立像、木造重源坐像、八幡神社本殿・拝殿等は国指定の重要文化財。

寺伝によると、奈良時代の僧・行基が当地近隣に当寺の前身である広渡寺を建立したのが始まりとされる。平安時代末期に僧・重源が荒廃していた広渡寺を浄土寺として復興させた。重源は1180年の平重衡による南都焼討で焼失した東大寺の大仏・大仏殿復興の大勧進で、復興事業の拠点として全国7カ所に東大寺の「別所」を創設したが、その一つ「播磨別所」として当寺を復興させている。1194年に現在地に移転し、寺名を浄土寺と改め、1197年に薬師堂(国重文)と浄土堂(国宝)を大仏様で建立した。薬師堂は戦国時代の1498年に焼失し、1517年に再建されている。

当寺は、JR加古川線・河合西駅の東南東4kmの田園地帯の平地にある。境内西端は大通り(県道75号線)に面していて、大きな駐車場があり、車でのアクセスなどは良い。大通りから少し奥まった位置にある境内は土地が少し高くなっていてフラット。中央に池と八幡神社、西側に浄土堂、東側に薬師堂(本堂)という構成。国宝の浄土堂内だけが有料拝観で、その他の重要文化財だけなら無料で拝観して廻ることができる。やはり、なんといっても強大な国宝・木造阿弥陀如来及び両脇侍立像と、これら仏像に合わせて建てられたという国宝・浄土堂が見どころ。浄土堂内にはこの3体の仏像が中央にあるのみなので、他の参拝者が多少多くても、あらゆる角度からゆっくり見ることができる。

今回は、浄土堂、木造阿弥陀如来及び両脇侍立像が国宝で、他にも国指定の重要文化財の建物が多数あることから参拝することに。参拝時は休日の午後で、自分以外にも家族連れなど多くの参拝者が訪れていた。

浄土寺の建物その他

境内西方入口。目立つ看板のおかげでスムーズに到着。手前は広い駐車場。伸びる参道は、普通の公道。

浄土寺の建物その他

参道の右手(南側)には、きれいな建物に洋食店が入っている。(関連施設?)

浄土寺の建物その他

参道の突き当りは入口ではなく、ここから道が右側(南側)に逸れる。

浄土寺(兵庫県)

境内は一段高くなっていて、こちらは境内に向かう階段。

浄土寺(兵庫県)

階段を登り切ったところ左側にある<水屋>。

浄土寺の建物その他

境内の西側にいきなり現れる、国宝<浄土堂>。鎌倉時代初期の1194年上棟。開基の重源上人が入宋して学んだ建築技法「天竺様(大仏様)」を用いた、日本で唯一のお堂。(「天竺様」の建物としては、他には東大寺南大門がある。)

浄土寺(兵庫県)

水屋の後ろにある<宝篋印塔>。

浄土寺の建物その他

<浄土堂>を南側から。建物側面。

浄土寺(兵庫県)

<浄土堂>を南東側から。有料拝観入口は北側にある。

浄土寺(兵庫県)

浄土堂内の国宝<阿弥陀如来及び両脇侍立像>。名仏師・快慶による丈六の巨大木像。阿弥陀如来は像高5.3m、両脇侍は像高3.7m。
浄土堂は、この像を納めるためだけに造られた専用設計だそうで、巨大な厨子とも言えそう。
(浄土堂内は写真撮影禁止のため、紹介看板を撮影...(^_^;))

浄土寺(兵庫県)

浄土堂の北側にある<鐘楼>。現在の建物は江戸時代初期1632年の建立。和様を基調とし部分的に唐様を用いた折衷様式。

浄土寺(兵庫県)

境内中央部は<八幡神社>のゾーンになっている。南側からの<八幡神社>全景。

浄土寺(兵庫県)

八幡神社の社号標。「郷社 八幡神社」とある。この後ろに大きな池がある。

浄土寺(兵庫県)

八幡神社の鳥居。

浄土寺(兵庫県)

拝殿前左側の<狛犬>。

浄土寺の狛犬

拝殿前右側の<狛犬>。

浄土寺(兵庫県)

拝殿内部は壁や仕切りがない形式。<拝殿>、<本殿>ともに国指定の重要文化財。

浄土寺の末社

八幡神社の本殿。

浄土寺(兵庫県)

東側から<八幡神社・社殿>全景。拝殿が大きい。

浄土寺の建物その他

八幡神社社殿の東側にある<収蔵庫>。

浄土寺(兵庫県)

収蔵庫の東側には、「浄土寺 裏山四国八十八カ所巡り」の入口がある。江戸時代後期文政年間に造られたとのこと。観音像が目印。紫陽花が名物みたい。

浄土寺の建物その他

境内東端のゾーンを見て廻る。まず北側にある<不動堂>。

浄土寺(兵庫県)

不動堂の右側(南側)には、<傷痍軍人菩提所>。

浄土寺(兵庫県)

つづいて境内東側のメインの建物<薬師堂(本堂)>。現在の建物は室町時代の1517年の再建。宝造形、本瓦葺。和様、唐様、天竺様の折衷形式。国指定の重要文化財。

浄土寺の建物その他

<薬師堂>正面。東に東方浄瑠璃世界の教主・薬師如来を配置し、西に西方極楽浄土の教主・阿弥陀如来を対応させた配置になっている。

浄土寺(兵庫県)

<薬師堂>を南側から。本尊は、もともと廣渡寺の本尊であった薬師如来を移して安置したとのこと。

浄土寺(兵庫県)

薬師堂の南側にある<開山堂>。開基である重源上人を祀る。木造重源坐像は国指定の重要文化財。現在の建物は、室町時代の1520年の再建。方三間、宝形造。

浄土寺(兵庫県)

開山堂の前、境内南端にある<経蔵>。

浄土寺(兵庫県)

<経蔵>内部には、いろんな像が安置されている。

浄土寺(兵庫県)

境内中央の池の南側にある<藤棚>。ちょうど見ごろ。

浄土寺(兵庫県)

すごくきれいで、良い香り。自分を含め皆さん写真を撮っているが、蜂がいっぱい...(^_^;)

浄土寺の建物その他

最後にもう一度、国宝<浄土堂>。端正で美しい建物。(^▽^)/

もっと読む
ツボウ
2019年01月28日(月)
10投稿

 高さ5・3㍍の阿弥陀如来像と3・7㍍の観音・勢至菩薩像はスケール雄大です。阿弥陀様は座像が多く、ふくよかなイメージがあったのですが、ここの立像はすらっとしていて、シュッとした感じでスタイリッシュ。円形の台の上に3像が立っていて、360度自由に見ることができました。前面はもちろんですが、阿弥陀様の背中を真後ろから見る機会はあまりなく、見とれていました。阿弥陀様の大きな背中が格好いい。「オレについてこい」という感じでお顔以上に頼りがいを感じます。
 浄土堂は3像が夕日で赤く染まる光の芸術で知られますが、訪れた日は残念ながら夕方までいることはできませんでした。お寺の女性の方にお聞きすると、冬はあまり染まらず、ベストシーズンは夏場の7月下旬からお盆のころだそうです。是非また来ます。
 また、女性の方が「南の格子戸から陽が入ってきたでしょ。北側から見ると阿弥陀様のお顔に陽が当たって高い鼻がはっきりみえ、いいお顔です」。なるほど、光の加減で顔立ちも微妙に変わってきます。
 京都、奈良の有名なお寺に比べて、交通の便が今ひとつで訪れる人も多くありませんでしたが、とびきりのお寺でした。  

浄土寺の授与品その他

浄土寺の阿弥陀如来像。高さ5・3㍍と迫力十分ですが、真後ろから見る阿弥陀様の背中も必見。格好いいです(小野市のパンフレットから)。

浄土寺の建物その他

国宝・浄土堂。外見は地味でしたが、中は驚くほど大きくお寺さんというより倉庫というか施設というか阿弥陀ロボを格納する秘密基地のようでした。

浄土寺の手水

境内は重文の薬師堂、八幡神社本殿など見所はたくさんありますが、無料で自由に拝観OKです。

浄土寺の末社

境内の裏山は一巡り30分の散策路があり、四国八十八箇所めぐりができる林道になっています。江戸時代に作られた八十八の祠(ほこら)があり、散策にはちょうどいい感じです。

浄土寺の建物その他

鐘楼です。

もっと読む
投稿をもっと見る(18件)

浄土寺の基本情報

住所兵庫県小野市浄谷町2094
行き方
アクセスを詳しく見る
名称浄土寺
読み方じょうどじ
参拝時間

9:00〜12:00 / 13:00~17:00 (10月〜3月は16:00)

参拝料

500円

トイレあり
御朱印あり

限定御朱印あり
御朱印帳に直書きあり

御朱印の郵送対応あり

御朱印帳なし
電話番号0794-62-4318(歓喜院)0794-62-2651(宝持院)
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
おみくじあり
SNS

詳細情報

ご本尊薬師堂(本堂):薬師如来/阿弥陀堂(浄土堂):弥陀三尊
山号極楽山
宗旨・宗派高野山真言宗
創建時代建久五年(1194)
開山・開基重源上人
本堂本堂:折衷様/浄土堂:大仏様
札所など

新西国三十三箇所客番札所

文化財

浄土堂、阿弥陀如来及び両脇侍像立像(国宝)

体験おみくじ仏像御朱印国宝重要文化財花の名所札所・七福神巡り除夜の鐘

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー