御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※生石神社ではいただけません

おうしこじんじゃ

生石神社

兵庫県 宝殿駅

投稿する
0794-47-1006

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
ありません
パーキング
駐車場
あり

あり

おすすめの投稿

四季
2022年05月24日(火)
202投稿

生石神社(おうしこ神社)

石之寶殿と竜山石採石遺跡

主祭神 大穴牟遅命
    少毘古那命
配祀神 大国主大神
    生石子大神
    粟嶋大神 
    高御位大神

社格等 県社
創建  崇神天皇治世
例祭  4月第2日曜日

生石(おうしこ)神社の御祭神は、大穴牟遅命と少毘古那命の二神。
社務所の奥、割拝殿に奉られてあります。
出雲国より播磨国を鎮めるため使わされた二神は、石造りの宮殿を建てようとしたものの土着神の反乱により未完成に終わります。
二神の霊はこの石に宿り「永劫に国土を鎮めん」と言明、以来「石宝殿(いしのほうでん)」「鎮の岩室(しずのいわや)」として信仰を集めてきました。
詳しくはこの地で『生石神社略記』にあります。
生石神社の創建は、社伝によれば「崇神天皇の御代に疫病流行を鎮めるため」とあり、古墳時代までさかのぼります。
奈良時代の書物『播磨国風土記』には聖徳太子の時代と記されており、いずれの時代においても採石が重要な産業であったことは間違いありません。

1579年(天正7年)、羽柴秀吉の指令で、織田信長の播磨侵攻軍による三木合戦の折、神吉城攻略のために当神社を陣所として貸与の申し出に、当時の宮司は神吉城主(神吉八幡神社)の弟にあたり拒否されたために焼き討ちにされました。

御神体「石の宝殿」の大きさは、横6.4メートル、高さ5.7メートル、奥行7.2メートル、重さ約500トン。
周囲3方を岩壁に囲まれ、掘り抜かれたものです。
背面には突起があり、正面に起こすことで巨岩の宮殿になるといわれ、その用途や目的はいまだ謎に包まれています。
まるで水面に浮かんでいるように見えることから「浮石」ともよばれています。

参拝の仕方は、割拝殿で少毘古那命(右)、大穴牟遅命(左)の順に参拝し、石の宝殿を左回りに巡ります。御神体ですので本来は触れるべきではありませんが、霊力にあやかりたい場合は、背面にある突起部分を通り過ぎた角の部分に触れるとよいそうです。
背面の突起物は石の宮殿の屋根に当たり、(頭にあたるため)、触れないようにして下さい。
御神体のパワーを頂きたい場合は、脇にある御神体の分岩「霊岩」へ。全身の力を込めて霊岩を押した手で、体の弱いところを撫でると、御利益があるといわれています。

生石神社には山上公園があり、
「大正天皇行幸之碑」のある山上からの
高砂市内の眺めは格別です。

また、江戸時代の絵図にも記され、参勤交代やお伊勢参りの途中に立ち寄る観光スポットだったそうです。

江戸時代後期の医師・橘南谿が著書の中で、
宮崎県霧島東神社の「天之逆鉾」
宮城県御釜神社の「四口の神竈(よんくのしんかま)」
「石の宝殿」を 3つの奇跡と称したことが
「日本三奇」の由来となりました。

他にもドイツ人医師のシーボルト博士が
3枚のスケッチを残されています。
お天気が良ければ姫路城や明石海峡大橋まで見渡すことができます。
かつては狼煙場として軍事的にも重要な地であったそうです。

毎年10月の3週目の土・日曜日に生石神社の秋季例祭が行われます。
播州の秋祭りは、4183「よーいやさー」というかけ声で、やっさ(太鼓が入っている神輿の大きな型)が入ってきて、竹割りや神輿の喧嘩などが行われます。
また、能楽堂では高砂市にある「島」という地区が獅子舞を披露されます。
他にも、能が披露されたり猿田彦が氏子を追いかけまわる神事も存在しています。
なお、岸の屋台は反り屋根型布団屋台で、こちらは 曽根天満宮の氏子である曽根北之町から譲り受けられたものだそうです。

高砂市阿弥陀町生石171

生石神社(兵庫県)生石神社(兵庫県)生石神社(兵庫県)生石神社(兵庫県)生石神社(兵庫県)生石神社(兵庫県)

謡曲 二人静 奉納 能のひとつ
♪散り急ぐ花びらを 時間の背中に~♪
も良いですが、

播州高砂は 謡曲【高砂】祝詞
「高砂や、この浦舟に帆を上げて、この浦舟に帆を上げて、月もろともに出で潮の、波の淡路の島影や、遠く鳴尾の沖過ぎて、はや住吉(すみのえ)に着きにけり、はや住吉に着きにけり」 代表的で広く継承されています。

江戸時代、徳川将軍家では『老松』とともに『松』をテーマにした筆頭祝言曲二曲の一つでした。

生石神社の本殿生石神社の建物その他生石神社(兵庫県)生石神社の建物その他生石神社(兵庫県)生石神社(兵庫県)生石神社(兵庫県)生石神社(兵庫県)生石神社(兵庫県)生石神社(兵庫県)生石神社の建物その他生石神社の建物その他生石神社の建物その他生石神社の建物その他生石神社の本殿生石神社(兵庫県)生石神社(兵庫県)生石神社の建物その他生石神社(兵庫県)生石神社(兵庫県)生石神社(兵庫県)生石神社(兵庫県)

高砂市内が一望できます

生石神社(兵庫県)生石神社(兵庫県)生石神社(兵庫県)生石神社(兵庫県)生石神社の周辺生石神社の鳥居生石神社の山門生石神社(兵庫県)

南⛩️

生石神社(兵庫県)生石神社(兵庫県)生石神社の手水生石神社(兵庫県)生石神社(兵庫県)生石神社(兵庫県)

シーボルト博士のスケッチ画像

もっと読む
きどっち
2022年02月25日(金)
754投稿

昨年7月に初めて参拝させていただきましたが、今回急にお参りしたくなり到着したのが夕方4時前でした。

巨大な「石乃宝殿」と呼ばれる御神体は見るものを圧倒します。
この御神体の周りを回ることが出来、より身近にそのパワーを感じることができます。
触れようと思えば触れられるのですが、御神体なので私は畏れ多くて触れないようにしました。

創建年について、前回の投稿では「崇神天皇の時代(西暦97年頃)」と書きましたが、西暦では紀元前97~30年頃の間違いでした。
紀元前って・・・絶句です。

御神体の北側は宝殿山の山上公演につながっており、御神体と本殿を上から見渡すことができます。

******************************************
生石神社の御祭神について(生石神社HPより)

神代の昔、大穴牟遅(おおあなむち)と少毘古那(すくなひこな)の二神が、天津神の命を受けて出雲国より播磨国に来られた時に、二神が相談し国土を鎮めるに相応しい石造りの宮殿を建てようとしました。

一夜のうちに現在の形まで造ったが、工事半ばで阿賀の神(あがのかみ:播磨の土着の神)の反乱が起こり、宮殿造営を止めて現在の神爪地区に多数の神様を集めて反乱を鎮圧している間に夜が明けてしまい、宮殿は横倒しのまま起こすことができませんでした。

しかし二神は、宮殿が未完成でも二神の霊はこの石に籠り、永劫に国土を鎮めんと言明されました。以来この宮殿は石宝殿(いしのほうでん)、鎮の岩室(しずのいわや)と言われるようになりました。

生石神社では、大穴牟遅命と少毘古那命の二神を御祭神としています。
******************************************

生石神社の建物その他生石神社の絵馬

とても躍動感のある虎でした

生石神社の建物その他

御神体「石乃宝殿」

生石神社の建物その他

御神体の後ろ側
この突起が石乃宝殿の屋根の部分にあたるらしいです

生石神社の末社

御神体後方にある祠

生石神社の末社生石神社の建物その他

御神体の下には石の蛙
前回はもう少し水かさがあって気付きませんでした

生石神社の鳥居

南鳥居

生石神社の建物その他

南鳥居の横にも蛙さん

生石神社の手水

手水舎

生石神社の本殿

御神体と拝殿を後方斜め上から

生石神社の景色

竜山石採石遺跡方向

生石神社の芸術

拝殿の彫刻

生石神社の芸術生石神社の建物その他

霊岩
石乃宝殿の分岩といわれています。
全力でこの霊岩を押した手で体の悪いところを摩ると神様の力を授かりよくなるとのこと

生石神社の建物その他

本来はこの階段の下に鳥居があります。
下からの眺めは前回の投稿にて写真をアップしてます。

生石神社の建物その他生石神社の御朱印
もっと読む
投稿をもっと見る(25件)

生石神社の基本情報

住所兵庫県高砂市阿弥陀町生石171
行き方

JR山陽本線「宝殿駅」南口より歩いて25分(駅からは南西に約1.5km)。
宝殿駅南口から、じょうとんバス(高砂市コミュニティバス)ふれあいの郷生石下車5分。

アクセスを詳しく見る
名称生石神社
読み方おうしこじんじゃ
通称石乃寳殿、宝殿さん、生石さん
参拝料

なし

御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳なし
電話番号0794-47-1006
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.ishinohouden.jp
絵馬あり

詳細情報

ご祭神《主》大穴牟遅命,少毘古那命,《配》大国主大神,生石子大神,粟島大神,高御位大神
創建時代伝・崇神天皇時代
文化財

石の宝殿(国史跡)

体験祈祷御朱印伝説

Wikipediaからの引用

概要
生石神社(おうしこじんじゃ)は、兵庫県高砂市・宝殿山山腹にある神社である。石の宝殿と呼ばれる巨大な石造物を神体としており、宮城県鹽竈神社の塩竈、宮崎県霧島東神社の飛地境内の天逆鉾とともに「日本三奇」の一つとされている。 石の宝殿は、国の史跡で横6.4m、高さ5.7m、奥行7.2mの巨大な石造物。水面に浮かんでいるように見えることから「浮石」とも呼ばれる。誰が何の目的でどのように作ったかはわかっていない。 山形県にも同名の「生石神社」があり、当社の分社と伝えられている。 「生石」の読みは本来「おうしこ」であるが、「おおしこ」・「おいしこ」と誤表記・誤読されている場合もある。
歴史
歴史[編集] 社伝では、崇神天皇の時代、国内に疫病が流行していたとき、石の宝殿に鎮まる二神が崇神天皇の夢に表れ、「吾らを祀れば天下は泰平になる」と告げたことから、現在地に生石神社が創建されたとしている。 石の宝殿について『播磨国風土記』の大国里の条には「原の南に作り石がある。家のような形をし、長さ二丈、広さ一丈五尺、高さも同様で、名前を大石と言う。伝承では、聖徳太子の時代に物部守屋が作った石とされている。」という意味の記述がある。聖徳太子が摂政であった時代には物部守屋はすでに死亡しており、矛盾をはらむ記述ではあるが、8世紀初期には6~7世紀頃に人の手で造られたと考えられていたことになる。...Wikipediaで続きを読む
アクセス
交通アクセス[編集] 山陽本線(JR神戸線)宝殿駅南口より歩いて25分(駅からは南西に約1.5km)。 宝殿駅南口から、じょうとんバス(高砂市コミュニティバス)ふれあいの郷生石下車5分。 神社入り口付近に駐車場あり。
引用元情報生石神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E7%94%9F%E7%9F%B3%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=90721736

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー